【日米首脳会談中に】北朝鮮が弾道ミサイル発射!500キロメートル先の日本海上に落下したとのこと!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年2月12日の朝、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射し、およそ500キロ飛んだ後に日本海上に落下したと、韓国国防省が発表した。

・発射されたミサイルはノドンかムスダンか、それらの改良型と見られているという。

・トランプ大統領と会談を行なっている安倍総理は、共同会見で北朝鮮のミサイル発射を強く非難。緊急の電話会談を通じて日米韓で北朝鮮の脅威に団結していくことを確認しあったとのこと。

スポンサーリンク

北朝鮮が弾道ミサイル発射、日本海に落下

北朝鮮が12日朝、日本海に向けて弾道ミサイルを発射し、およそ500キロ飛んで海上に落下しました。
「北朝鮮はきょう午前、平安北道(ピョンアンプクト)パンヒョン付近から不詳の弾道ミサイル1発を東海(=日本海)に発射する挑発を行った」(韓国国防省の会見)
韓国の国防省によりますと、発射されたのは中距離弾道ミサイルの「ノドン」か「ムスダン」、もしくはその改良型と推定され、高さ550キロほど、水平距離で500キロあまり飛んで、日本海に落ちたということです。
金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は今年1月の新年の辞で、「ICBM=大陸間弾道ミサイルの発射準備が最終段階に至った」と発言。今月16日の故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日を前に、韓国軍は「国威発揚のための挑発がある」とみて監視を強めていました。

~省略~

発射の意図については、「北朝鮮に強硬な姿勢をとるアメリカのトランプ政権に対抗するための戦力アピールだ」と分析しています。
また、北朝鮮の核問題を話し合う6者協議の日本とアメリカ、韓国の首席代表は、緊急の電話会談を行い、「強力な対応が必要」との認識で一致したということです。

1

2

【TBS Newsi 2017.2.12.】

安倍首相、北朝鮮ミサイル発射「断じて容認できない」

アメリカを訪れている安倍総理は、トランプ大統領とそろって記者会見し、北朝鮮による弾道ミサイルの発射について、安倍総理は「断じて容認できない」と強く非難しました。
「今般の北朝鮮のミサイル発射は断じて容認できません。米国は常に100パーセント、日本とともにあるということを明言されました。そして、その意思を示すために、今、私の隣に立っておられます」(安倍首相)
「アメリカは同盟国である日本と100パーセントともにあります」(アメリカ トランプ大統領)

1

3

【TBS Newsi 2017.2.12.】

スポンサーリンク

アジアはもとより世界中が注目している日米首脳会談の途中で北朝鮮が「祝砲」

せなちゃん素ssaa今後の日米関係を占うとっても重要な日米首脳会談のこのタイミングで、しばらく大人しくなっていた北朝鮮が久々に弾道ミサイルを発射したわね。

管理人ボクも、「北朝鮮の脅威に対応していく」との思惑の一致で、一気に融和路線が進んでいた韓国と、にわかに靖国参拝少女像関連で大喧嘩が再開された途端に、やけに北朝鮮が大人しくなっているなあと思ってたんだけど、このタイミングでミサイルを発射してきたか。

北は、以前にもこうした日米のイベントの際にミサイルを発射したりしてきたので、これ自体はそこまで驚くことではないけど、この北の脅しが単発なのか、それとも継続的にしばらくミサイル発射や核実験などを次々と出してくるのかについて、しばし注視しておくことが重要だと言えるだろう。

日韓関係は、駐韓大使の引き上げが長期化してきており、事態を収束するきっかけがなかなかなく、完全にこう着状態になりかけてきていたので、この北朝鮮のミサイルを”理由”に双方で協力関係を確認し合い、こう着が解消されていく可能性があるし、もし継続的に北が再び示威行動を強めてきたとすれば、また日韓関係は「北対策」を理由に融和路線に向かっていくだろう。

ちなみにボクは、北朝鮮は米・イスラエルネオコンのコントロール下にある(敵役)傀儡国家だと見ていて、だからこそアメリカは敵対視しつつも、(カダフィやフセインなどと違って)キム政権を一向に打倒してこなかったものと見ているけど、(ネオコンと敵対しているように見える)トランプが果たしてキム政権を本気で倒そうとしているのか、その真意はまだ分からない

ただ、見たところ、安倍政権とトランプ政権は、中国を敵視してこれを弱体化させようとしている点で(その「目的や到達点」は違うものの)方向性が一致しており、安倍総理の際限のないばら撒き朝貢外交や「ポチ宣言」以外でも、こうした理由でトランプは日本との関係を重要視しているものと見ている。

ただしトランプは、ボクが見たところかなりの役者で、いまだに表向きに話しているリップサービスの裏にどういう思惑や目的をもっているのか、まだまだ読みづらい部分があるのも確かだ。
事実、トランプの今までのブラフにかなり日本政府がビビッてしまい、安倍総理も最上級のポチ宣言と公的年金を含む究極のばら撒きを用意してしまったところ、こうしてトランプが急に柔和な姿勢を見せて日本政府を褒め称えているのを見ると、やはり相当一筋縄では行かない人物であることがよく分かる。

そういう意味で、トランプはまだまだ予想がつかない謎を秘めているとも言え、彼のアジア外交や戦略についても注意深く見ていく必要がありそうだ。

せなちゃん素ssaaあとは、全世界から大バッシングを受けているトランプさんから最大級の賛辞を受けて、本人もトランプさんにこれ以上ないほどの忠誠を誓っている安倍さんが世界からどう見られて、日本でもどういう報道がなされていくのかってことが注目よね。

これは、数ヶ月単位で見ていかないとなかなか表に出てこないかと思うし、俯瞰的かつ多角的に内外の動きをウォッチしていく必要がありそうだわ。

管理人そうだな。
早速アメリカのメディアは、安倍総理をトランプと一緒に叩き始めてきているけど、もうしばらく様子を見ていくこととしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

2 Comments on 【日米首脳会談中に】北朝鮮が弾道ミサイル発射!500キロメートル先の日本海上に落下したとのこと!

  1. いつも貴重な情報、ありがとうございます。
    さて突然ですが、異論を唱えさせていただきます。
    ゆるねとさんは心の広い方だし、私のいつもの立場も理解していただいていると思うので、、、これがいわゆる絡んだり反対の為の反対出ないことは理解していただけると思うのですが。
    >見たところ、安倍政権とトランプ政権は、中国を敵視してこれを弱体化させようとしている点で(その「目的や到達点」は違うものの)方向性が一致しており、
    これはそうでしょうか?  私は適当に安倍が弄ばれたと思っているのです。  ゆるねとさんが、おとりあげにならないので何故かな?とおもってましたが。 トランプは安倍が来る直前、中国に電話して手打ちしています。
    中国包囲網で躍起になってる安倍の出鼻を見事に折ったのです。
    中国と仲良くしろとまで・・・・
    だから、トランプの真意が見えません。
    日本にも中国にも叩いてるかと思えば和解したり、歓迎する。  食えない人です。
    私が、ここで詳しく書くとまた長くなるので此処をごらんください
    http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52166420.html
    私もこの意見に全面賛成です。

    それと幸福の科学、大昔 ちょっとハマりかけたけど今は大川なんて胡散臭い男だと思ってます。
    だから幸福の科学自体には何の気持ちもないし、心の純真な人ほどああいう綺麗ごとに誤魔化されるんだろうとも思ってます。
    ただ・・・・与国 秀行さんを御存知ですか?
    元暴走族だったらしいのだけど、宗教にあい人間が変わり・・・という人で幸福の科学の信者です。  選挙にも出たらしいです。
    この人の動画だとか見てると良いこと言ってるな!と思うし、安倍政権も批判してる、、、この世界の闇も良く御存知です。
    https://www.youtube.com/user/Hyokuni/videos
    私の好きなフルフォードさんともよく対談してるし・・・
    https://www.youtube.com/watch?v=ZTzTPKBJN0M
    だから、そうなると幸福の科学って、、、本当にグローバリズムの手先なのかな?と思っているのです。  少なくとも与国さんの主張を見る限り・・・・

    • 京一郎さん

      こんばんは!(^^)
      おお、今回は初めて(?)の異論ですかね。
      一つずつお返事させていただきますね。

      >これはそうでしょうか?  私は適当に安倍が弄ばれたと思っているのです。  ゆるねとさんが、おとりあげにならないので何故かな?とおもってましたが。 トランプは安倍が来る直前、中国に電話して手打ちしています。

      すみません。意図的に取り上げていなかったわけではないのですが、報道の内容がどこまで精度の高いものなのかが分からなかったのと、おっしゃるとおり、中国と調整をし始めているトランプの真意が良く(かなり)分からなかったので、当サイトは従来のトランプの発言や方向性(中国を封じ込める方向)をベースに記事を書かせていただきました。

      トランプがなぜ、中国と手打ちの方向に向かい始めているように見えるのか?
      それは、対中国や対台湾の関係性やこれらと米軍との係わり合いが当初の予想と違っていたこと、さらには米中の軍事関係があまりに密接だったため、ないしは米中との軍事的な衝突を恐れて、急に中国包囲外交から手を引き始めた可能性もあります。

      ではなぜ、トランプは当初は中国を包囲しようとしていたのか?
      これは、習政権がロスチャイルドと結びつき、新世界秩序の要衝にしようとしていた(と見ていた)ことと関係があるのではと考えています。

      ですので、本音では、トランプは今でも中国を変えたい(習政権を終わらせて、反グローバリズムの要衝に変えたい)と考えているものと考えています。
      しかし、そう簡単に事が進まないことを徐々に理解し始め、一旦ここから手を引いたのかなあ…と思うのですが、まあまだその本音は分かりません(台湾は、お陰で完全に梯子を外された形に…)。

      ちなみに、ではどうして安倍政権は中国包囲外交を展開しているのか…といいますと、これは割と簡単で、「中国に楯突くことで日本を世界から孤立させ、弱体化させること」や「(場合によって)中国と戦争をして日本を敗戦に導くこと」であり、これもグローバリストの一つの新世界秩序のプロセスの一つということかと思います。

      ・・・というわけで、安倍政権とトランプは、中国を包囲したい理由が「全く違う」ということがお分かりになるのではないでしょうか。

      >それと幸福の科学、大昔 ちょっとハマりかけたけど今は大川なんて胡散臭い男だと思ってます。

      そうだったのですね。いやあ、深くはまらないで本当に良かったです。
      こうした新興宗教は99%インチキなのが現実です。
      さらに、二重三重にも巧みで複雑なマインドコントロールにかけて、利益誘導やおかしな方向に導こうとするので、十分に注意をしていく必要があります。

      >与国 秀行さんを御存知ですか?

      少なくとも、様々な形で政治に関与し、その姿を隠しつつ沖縄問題や福島原発問題で安倍政権をサポートしている動きを見せている時点で、幸福の科学は一切信用してはならないと思います。(もちろん、政権と密着している他の新興宗教も)
      与国秀行さんという方は存じ上げませんでしたが、幸福実現党から立候補した経験がある方のようですね。
      http://kojima-ichiro.net/tag/%E4%B8%8E%E5%9B%BD%E7%A7%80%E8%A1%8C

      安倍政権を批判するのであれば、少なくともこの政党から立候補せずに、幸福の科学から脱会した上で行なうべきではとも思いますし、(自民党を出ようとせずに自民党と対決している小池知事と同じで)ボクは少なくとも脱会し「自分自身が洗脳されていた」と幸福の科学批判をするようになった後でない限り、いくら安倍政権批判をしていたとしても信用はしてはならないと思います。

      もっと言いますと、実は、ボクはベンジャミン・フルフォード氏も以前よりあまり信用していないのです。

      昔に言及したことがあるかもしれませんが、安倍政権批判をしている人、「陰謀論」と言われるものなどに光を当て、世界の闇を暴き、「これこそが真実」と訴えている人の中でも、実は「逆側のエージェント」のような人物が一定程度存在しており、いわゆる「マスコミが伝えない真実」に気づき始めた人たちをまたおかしな方向に誘導しようとしている人たちは確かに存在しているものと考えています。(ベンジャミン氏がこれに当たるかどうかは分かりませんが…どうも、陰謀論全体をより怪しいものにしてしまっているというか、何となく宗教の匂いを感じてしまうと言えばいいのでしょうか…)
      そして、そこにもまた、信じた人を洗脳したり、おかしな方向に誘導する目的で、色々な新興宗教が介在したりしているのです。
      (レプティリアンやら、UFOやら、宇宙人やらを主張している人は結構分かりやすいですが…^^;)

      人それぞれ、色々な考えがあるかと思いますし、ボクは宗教そのものの存在は否定するつもりはないのですが、ボク個人は宗教は基本的に、(自我を失い、他への依存心が増してしまう危険性を秘めているだけに)どんなものでも信じるべきではないと考えています。
      それだけ、キリスト教の総本山ですらも、今や深く汚染されているのが現状であり、多くの人々がこれらに深くのめりこむことによって、異教徒同士などで大きな溝やあつれきを生み、巧みな洗脳によって、歴史的に何度も戦争が引き起こされて来たのです。

      ・・・
      長くなってしまいましたが、政治ともほとんど関係を持っていない穏やかな新興宗教も色々とあるかと思いますが、少なくとも国家や政治に絡んでいる宗教やその信者は信用せず、距離感を持って見ておくことが重要だとボクは考えます。
      (そして、せっかく日本には「政教分離の原則」という素晴らしいものがありますので、とにかく宗教は政治とは引き離すべきです。)

Comments are closed.