北朝鮮とアメリカとの緊張状態が再び高まる!北はグアムまでのミサイル発射計画を発表し、米はミサイル発射基地への先制攻撃の準備!

Pocket

どんなにゅーす?

北朝鮮とアメリカとの軍事的緊張が再び高まってきている

・北朝鮮は、グアムまでのミサイル発射計画を近日中に策定することを発表し、これを受けてアメリカのトランプ政権も北朝鮮のミサイル基地を先制攻撃する準備を整えたことを発表過激な挑発の応酬になってきており、米朝がかつてなかったほどの緊迫した局面になっている。

スポンサーリンク

北朝鮮、グアム攻撃計画を8月中旬までに策定へ=KCNA

[ソウル 10日 ロイター] – 北朝鮮は、中距離弾道ミサイル4発を米領グアムに向けて発射する計画を8月中旬までにまとめた上で金正恩朝鮮労働党委員長に提示し、実行に移すかどうか委員長の判断を待つ方針だ。国営の朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

KCNAは「グアムに置かれた主要軍事基地の敵軍を阻止し、米国に重大な警告を送る」ための計画を北朝鮮軍が策定していると伝えた。

KCNAによると、朝鮮人民軍の金絡謙戦略軍司令官は「朝鮮人民軍が発射する『火星12』は日本の島根県、広島県、高知県の上空を通過する」と述べた。

【ロイター 2017.8.10.】

北のミサイル発射施設へ米軍が先制攻撃検討

核・ミサイル開発を続ける北朝鮮についてアメリカ軍が、戦略爆撃機で北朝鮮内のミサイル発射施設への先制攻撃を検討、訓練を行っていると報じられた。

アメリカのNBCテレビは9日、国防総省が、北朝鮮への攻撃を指示された場合に向け準備している計画の内容を入手したと報じた。それによると、アメリカ軍が先制攻撃する場合、北朝鮮から約3400キロ離れたグアムの米軍基地に6機配備された戦略爆撃機が展開し、24か所のミサイル発射施設を攻撃することが検討されているという。

【日テレNEWS24 2017.8.10.】

スポンサーリンク

なんだかここに来て、またまた北朝鮮とアメリカの軍事情勢が緊迫してきたわね。
以前(クリントンやブッシュ政権時)にもアメリカと北朝鮮がピリピリしたこともあったけど、今回はその比じゃないような雰囲気になってきている感じがするわ。

なんせ、キムジョンウンもトランプもある意味「似たもの同士」というか、どっちも”恫喝外交”を売りにしている右翼系の政治家だからね。
しかしながら恫喝外交のぶつかり合いの「先の展開」が読みづらく、識者の間でも様々な見立てが出ているのが現状だ。

どちらにしても、本当にガチの殴り合いになった場合、一方的に北朝鮮がコテンパンにやられることになるのは、ジョンウンを含めてみんなが分かっているし、さらに全面戦争となると、北朝鮮に程近いソウルが火の海になる可能性が高く、在韓米軍も被害をこうむることから、やはり最悪の事態になる可能性はあまり高くないのではとボクは見ている。

北としては、強い軍事力をちらつかせながら金王朝を維持し、さらに各国から手厚い経済支援を受けつつ、THAAD配備計画の撤回などを含めた在韓米軍の撤退を望んでいて、アメリカとしては、北の軍事力を削ぎながら核実験などを辞めさせ、アメリカに対する脅威を取り除こうとしている思惑が見られるけど、米国内ではトランプを始めとする在日在韓米軍の撤退を望む勢力と、北朝鮮の脅威を利用しながら在日在韓米軍を駐留させ、アジアでの米軍の軍事力維持を望む勢力とで、思想や意見が対立している様子が見られるね。

つまり、北の脅威を維持させつつ、今後もある程度脅威を煽りたがっている勢力もアメリカの中に存在していて、これが北朝鮮の問題をよりややこしくさせているってことね。

そして、北朝鮮は中国やロシアからは全面的な経済支援を受けており、これらのお陰で国家が維持できている点も見逃すことが出来ない。
つまり北朝鮮は、中露に加えて、アメリカの「在日在韓米軍駐留派」からも何らかの支援を受けている可能性があり、このそれぞれの「思惑の一致」から金王朝が長らく維持され、核開発やミサイル開発を(圧力を受けながら)許されてきた面がある。

これらの複雑な各国や軍事勢力の利害関係と北朝鮮との繋がりが見られることから、北情勢は非常に読むのが難しく、どのような展開をしていくのかが予測しづらい部分がある
どちらにしても、金王朝が壊滅させられる可能性は現時点では低そうな感じがするし、最悪の展開になっていく可能性はそこまで高くないように感じるものの、確たる方向性まだ見えない分、あらゆる可能性を想定した上で、緊張した面持ちで見守っていくのがいいかもしれないね。

方向性しては一切血が流れずに、在韓在日米軍が撤退していく流れになっていくのが一番いいように思えるけど、アメリカの軍産も一枚岩ではないだけにまだまだ先が読めないわ。
この米朝の恫喝合戦がどこに向かっていくか、注意してみていく必要がありそうね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket