北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発表との報道が駆け巡る!安倍政権は大喜びか!いつになく舌も滑らかに生き生きと話す菅長官!

Pocket

どんなにゅーす?

北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功したと国営放送で報じており、この情報が盛んに各メディアで報道されている。

・報道によると、ICBMの可能性があるミサイルは2017年7月4日午前9時40分ごろ、西部の平安北道バンヒョン付近から日本海に向け発射され、日本の排他的経済水域に落下したという。

スポンサーリンク

北朝鮮 大陸間弾道ミサイル実験成功を発表

北朝鮮の国営テレビは4日午後3時半から特別重大報道を行い、「大陸間弾道ミサイル 火星14型の発射実験に成功した」と発表した。

北朝鮮はこれまでアメリカ本土を射程におくICBM(=大陸間弾道ミサイル)の完成を目指しミサイルの発射実験を繰り返してきたが、それが完成したと主張したことになる。

日本や韓国の当局によると北朝鮮は4日午前9時40分頃、西部の平安北道バンヒョン付近から日本海に向け弾道ミサイルを1発発射した。韓国軍は飛距離約930キロと発表。日本政府によると40分間にわたり飛行して日本の排他的経済水域に落下したということだが、高度は2500キロを大きく超えたという。

【日テレNEWS24 2017.7.4.】

スポンサーリンク

↓久々に舌も滑らかに、生き生きした表情でこれを伝える菅官房長官。

 

北朝鮮のミサイルで一番喜ぶのは「安倍政権」なのは、すでにネットの共通認識に!笑いを抑えながら深刻な表情を必死に作る安倍総理と菅長官!

ま~たまた、北朝鮮が安倍政権に見事な「助け舟」を出した形ね。
ミサイル発射によって支持率が上がるのが「従来の法則」だから、安倍総理も菅長官も笑いを抑えて深刻な表情を作りだすのに必死ね。

今回は、アメリカのワシントンDCまでをも射程に入れたICBMの発射実験に成功したということで、安倍官邸が各メディアにこのニュースを盛大に、これ以上ないほどに恐怖を煽るような放送を行なうように指示を出したことは想像に難くない。

この北朝鮮のニュースを繰り返し流させることで、政権批判の報道の割合を一気に減らすことが出来るし、国民の意識を国内の政治腐敗から海の向こうに向けさせることが出来る意味で、数々の不祥事と疑獄まみれで「火だるま状態」の安倍政権にとっては、北のミサイルはまさに「いいこと尽くめ」なんだよ。

菅長官の生き生きした会見がすべてを物語っているけど、この件がきっかけで支持率が再び上昇に転じるのかどうかが一つのチェックポイントね。

そうだね。
安倍政権は、ここまで国民からの強い非難を受けてもなお、強引に政権をずっと続けようとしている様子なので、今後どんな手段や国民騙しの工作を繰り出してくるのか、かなり警戒していくのが良さそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket