【これは…】北朝鮮からの核ミサイル攻撃に備えての日本の訓練の様子が英BBCで放送される!シュールな光景に世界からは冷笑も…

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権の主導により北朝鮮からの核ミサイル攻撃に備えた訓練を行なう自治体が増えていることを受け、英国BBCが山形県酒田市での訓練の様子をレポート

・地面に寝そべったり、草むらにうずくまっている人々に対し、「シュールだ」「70年前の訓練みたい」との声が相次ぎ、世界では苦笑する声も出ているという。

スポンサーリンク

ミサイル攻撃に備える日本 山形県酒田市

今年に入って北朝鮮がミサイル発射実験を活発化させ、実施された14回すべてが日本海に向けた発射だったことを受けて、日本では沿岸の各地で攻撃に備えた避難訓練が実施されている。
このような避難訓練が行われるのは、70年以上前の第2次世界大戦時以来のことだ。
BBCのルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ記者が山形県酒田市で実施された避難訓練を取材した。

【BBC 2017.8.7.】

Japanese people practising nuclear attack drills

So far this year North Korea has carried out 14 missile tests, all of them fired towards the coast of Japan.
Now for the first time in more than 70 years villagers along the north-west coast of Japan are being ordered to take part in air raid drills.
The BBC’s Rupert Wingfield-Hayes took part in one in the little town of Sakata.

【BBC 2017.8.7.】

スポンサーリンク

 

日本で行なわれている北朝鮮からの核ミサイルに備えた訓練が、世界で冷笑されちゃってるみたいです~!!
私もこれを見てちょっと思ってしまいましたが、特にこの草むらで頭をかがめているのって、あんまり意味ないんじゃないでしょうかぁ!?

さすがにこれは…世界の人たちが笑ってしまうのも仕方ないような気がするね…。

やはり、核ミサイル攻撃を受けた場合は、せめて頑丈な室内や核シェルターなどに避難する他ない状況で、もし本気で北朝鮮の核ミサイルに危機感を持つなら、政府が日本各地に核シェルターを造る以外にないんじゃないだろうか。
海外では自宅にシェルターを備えているケースも多いけど、日本の場合、地震などの天災も含めて、日頃からの備えをしっかりしている人はまだまだ少ないように感じるね。

日本には大量に原発が存在している状況だし、この国の政府が原発政策をやめない以上、どちらにしても放射性物質を遮断するシェルターは必要だと思うし、こんな70年以上前のような訓練を行なう前に、もっと現実的な対策を行なったほうがいいような感じがするよ。
まあ個人的には、北朝鮮から核ミサイルが飛んでくる前に、大地震などによって国内の原発が深刻事故を引き起こす確率の方が高い気がしているし、あらゆるケースを考えて、日頃からの備えを現実的なレベルで行なうことが大事なんじゃないかな。
(これでまた日本のイメージが落ちてしまう恐れが…^^;)

この訓練も、本気で身を守るっていうよりも、北朝鮮からのミサイルの危険性を私たちに強く認識させるのが目的みたいな感じがしますねぇ…。
本気で身を守るとしたら、もっと根本から本格的な対策と備えが必要な気がしますですぅ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket