【NHKスクープ】近畿財務局と森友学園との価格交渉の詳細が判明!国側が売却額を1億3200万円以上に要望!背任の疑いがさらに濃厚に!

Pocket

どんなにゅーす?

・森友学園疑獄について、NHKが、近畿財務局と森友学園との国有地売却についての交渉に関する詳細な内容をスクープした。

・NHKによると、国有地の売買について、2016年3月に近畿財務局と籠池氏が依頼していた弁護士を通じて交渉を行なっており、このやり取りの中で、国側は森友側に「どこまで出せるのか?」の希望を聞き森友側は1億6000万円を上限として提示。これに対し、国側は土壌改良工事で1億3200万円かかることを理由に、この額以上の金額を希望。その後、ゴミ撤去の見積もりを同じ国側の大阪航空局に依頼する異例の対応を行ない、その結果、8億2000万円の値引き額が決定

・このプロセスを経て、1億3400万円の売買価格が決定したことが判明。国側が自ら指値で取引を行なった実態が明らかになったとともに、国側による不可解な大幅割引を含んだ背任の疑いが一層濃厚になっている。

スポンサーリンク

近畿財務局と森友学園 売却価格めぐる協議内容判明

関係者によりますと、3月24日、籠池前理事長から交渉を一任された学園の当時の弁護士が財務局に対して土地の買い取りを初めて打診し、この日のうちに双方が具体的な金額を出して協議していたことがわかりました。

この場で財務局の担当者はいくらまでなら支払えるのか購入できる金額の上限を尋ね、学園の弁護士は当時の財務状況を基におよそ1億6000万円と答えたということです。

一方、財務局の担当者は国有地の土壌改良工事で国がおよそ1億3200万円を負担する予定であることを理由にこれを上回る価格でなければ売れないなどと事情を説明したということです。

この協議の6日後の3月30日、財務局はゴミの撤去費用の見積もりを民間業者ではなく国有地を管理している大阪航空局に依頼するという異例の対応を取り、値引き額はおよそ8億2000万円と決まりました。
この結果、学園側への売却価格は1億3400万円となり、3月24日の協議で財務局と学園の双方が示した金額の範囲内に収まる形となりました。

この問題をめぐって、大阪地検特捜部は、近畿財務局が大幅な値引きによって国に損害を与えたとする市民グループからの背任容疑での告発を受理しています。

~省略~

国有地の売却をめぐる森友学園との協議について、財務省は、売却価格を決める前に具体的な金額を出しての交渉はしていないと強調してきました。

国有財産の売却手続きでは、相手の意向や経済的な事情に沿って価格が設定されたという疑念を持たれないよう、価格が決まる前に国有財産の購入希望者との間で金額交渉が行われることは通常ありません。

財務省の佐川前理財局長は、5月18日の参議院財政金融委員会で、野党の議員から事前に金額交渉があったのではないかと質問された際、「先方に、あらかじめ価格について申し上げることはございませんとずっと答弁してきているところです」と答えるなど、国会では具体的な金額を出しての学園との協議を一貫して否定していました。

【NHK NEWS WEB 2017.7.26.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKが近畿財務局の背任を強く決定付ける重大スクープ!佐川氏の答弁もことごとく虚偽だったことが明らかに!

出典:Twitter(@tohohodan)

こ、これはスゴイわっ!!
森友学園と近畿財務局との国有地取引のとっても詳しい内情がNHKでスクープされたのね!!

これで、疑惑の中心部分の”霧”がかなり晴れてきた感じがするわね!

財務省のPC一式が6月に全て処分&入れ替えされてしまったので、もう疑惑の核心部分が出ることはないのではと思っていたけど、ここまで具体的な新情報が出てきたことはまさに驚きだ。

多くのネットユーザーも言っている通り、かねてより、文科省防衛省に続いて、近々財務省からのリークがあるとの噂が出ていたけど、確かにこれは相当な事情を知る内部関係者でなければ分からない情報なので、その可能性は十分にあるね。

何より、国有地の取引で国側が相手の経済事情などを考慮し、指値を出した上で、金額をすり合わせるなんていうことは、普通じゃ全く有り得ない話であり、これは国有財産を不当な安値で横流しした背任の疑いが濃厚な一件だ。
しかも、ゴミ撤去の見積もりも、同じ国側の大阪航空局にやらせている上に、(維新と繋がる)ゴミの撤去を担当した藤原工業の書類で実際のゴミの量は見積り額の100分1程度だったことも分かっている。
さらに、籠池氏が依頼していた交渉役の弁護士は、維新や藤原工業とも深く繋がる酒井康生弁護士だ。(この疑獄が表に出た途端、一方的な契約解除で表から姿を消した人物。)

つまり、籠池氏が一切何も知らずに「神風が吹いた」と喜んでいる間に、国側(近畿財務局・大阪航空局・プラス大物政治家?)と酒井弁護士、藤原工業らとの間で、8億2000万の値引き額(藤原工業が国に請求した架空のゴミ撤去費用)が山分けされた疑いがあり、さらに、この中に維新が絡んでいることも大いに疑われる状況にあるということじゃないかな。

これらは今まで、一部のネットメディアや情報探求者たちの間で推測されてきたことだけど、いよいよこうした実態が今回のNHKの報道によってはっきりと見えてきたということかと思うよ。

うわわ~~っ!
やっぱり森友疑獄も、相当とんでもない巨大疑獄事件だった輪郭がついにはっきり見えてきたわねっ!

こうしたスゴイ内部情報が暴露されたのも、財務省内きってのパワハラ&嘘つき官僚である佐川氏国税庁長官の大出世を遂げたことに対し、相当頭にきている官僚がいることが予想される。
今まで「国側から売却価格を提示することは有り得ない」などとずっと主張し続けてきた佐川氏は、今すぐにでも虚偽答弁の責任を取って国税庁長官を辞任すべきだろうし、彼を栄転させた内閣人事局や安倍総理の責任も相当重大なのは確かだ。

今回のスクープはかなり大きなものだけど、まだまだ究明すべき部分が多くあるのは確かだ。
どちらにしても、いよいよ特捜は籠池氏の補助金の件以上に、もっと率先して調査をするべき案件が出てきた状況だし、加計疑獄と並行して、こちらも同じく徹底的な真相究明に引き続き努めていく必要がありそうだ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket