【ほんとそう】憲法学者の木村草太氏「教育無償化は改憲なしで可能、国民投票は850億かかるから、それを奨学金に回したほうがいい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年5月3日、憲法学者の木村草太氏がTBSラジオ「荻上チキsession22」に出演し、安倍政権が血道を上げている憲法改正に強い疑問を唱えた。

・木村氏は「教育無償化は憲法改正せずとも可能」と話した上で「国民投票をやるには850億かかる、それならそのお金をそのまま奨学金に回したほうがいい」と発言。これが多くのネットユーザーの共感を呼んでいる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「施行時期を明言。安倍総理のメッセージから、憲法改正の今後を読み解く」木村草太×荻上チキ【音声配信】5月3日(水)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」)

出典:YouTube

憲法学者の木村草太さんが、TBSラジオでこのような発言をされました。
この発言はまさしく正論かと思いますし、無駄なく真に教育にお金を回したければ、木村さんがおっしゃるようにすればいいわけですね!

ボクもかつて報道ステーションでコメンテーターを務めていた時から、彼のことはかなり好意的に見ていたんだけど、さすが、彼は安倍政権のペテン手法を論理的に鋭く見破っているね。
これはぐうの音も出ないほどの正論で、このサイトでも書いてきたように、もし「教育無償化」を掲げるのなら、憲法改正に組み込む必要性はどこにもないんだよ。

つまりはこれも、改憲に不安を感じる国民を何とか賛成に向かわせるべく、「教育無償化」という”エサ”を利用して、国民をまんまと釣ろうとしている”詐欺的手法”と考えるべきだろう。

本気で教育を無償化しようとしているのなら、憲法改正なんか関係なく、今からでも行なうべきだし、言い換えれば、安倍政権はこれを”エサ”として利用しようとしているくらいに、教育無償化を国民のために導入しようとは露ほどにも思っていないということだ。

みんなも、こうした安っぽいペテンの手口に引っ掛からないでほしいし、どうか木村草太氏は、その甘いマスクと聞き易い語り口、そして高い倫理観と明晰な頭脳を武器に、今後も自由な言論や意見を発信していってほしいものだ。
(この他にもいろいろと参考になることを話しているので、興味がある人は上のリンクから音声を聴くのをおススメするよ。)

本当に木村さんは、今の日本では貴重なほどの「知性派言論人」ですよね。
もっと国内にこうした方々目立つ場所に登場して、今の日本社会に蔓延しつつある「反知性主義」にくさびを打ってほしいと思います

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket