人気上昇中の木村草太氏が報ステに出演し、鋭い正論を披露!「共謀罪の論点は『政府のテロ対策という”嘘”を国民が許すかどうか』だった」

Pocket

どんなにゅーす?

・昨今の日本の言論界で数少ない「知性派言論人」として注目を浴びている、憲法学者の木村草太氏が報道ステーションに出演共謀罪の強行成立の重大な問題点や総括を的確に突き、論理的に安倍政権を強く批判した。

・木村氏は、共謀罪の論点として、「テロの危険と監視社会のどちらを選ぶか?ではなく、政府のテロ対策という”嘘”を国民が見抜き、それを許すかどうかだった」と発言し、その嘘を国民にきちんと伝えなかったマスメディアにも問題があることを訴えた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

木村草太氏が持ち前の論理的な語り口で、安倍政権の欺瞞と嘘を鋭く批判!

出典:Twitter(@CybershotTad)

すご~い!!
さすが木村草太さん、「立て板に水」の滑らかな語り口で、安倍政権のインチキとペテンを簡潔にまとめて指摘した「絶品コメント」を繰り出してくれたわね!

にゃあ!!
前川しゃんもとってもかっちょいい知性派だけど、木村草太しゃんもまた違ったタイプでとっても頭が切れるイケメン知性派だにゃあ!

その両者とも、頭はクール心は熱い腐敗した権力に屈しないサムライ魂の日本男児と言った感じだね!

毎度、木村草太氏の話は聞いていてとても気持ちがいいけど、今回のコメントもズバリ正論だね。
美しい日本語を使いながら、その内容は厳しく権力の腐敗をピンポイントで突いており、さりげなく昨今のマスメディア批判まで入れてくるところもさすがだ。

今回の共謀罪の一件はまさしく、木村氏の「共謀罪の論点は、テロ対策という政府の”嘘”を国民が見抜き、それを許すかどうかだった」という言葉に凝縮されているし、「テレビのコメンテーターには、政府の嘘を見抜ける、もっと高い知識を持つプロフェッショナルを呼ぶべき」という意見も激しく同意だ。

事実、テレビのコメンテーターには、主に国民を騙すミスリード目的「エセ専門家」や「インチキコメンテーター」がとりわけ安倍政権以降になって登場して来る頻度が高くなっているし、木村氏のような、国民に有益な情報を届ける目的で言論活動しているプロフェッショナルたちが多くテレビに出るようになれば、間違いなく日本も変わると思うんだけどね。

それ(インチキコメンテーター)って、特に、アイツとか(蒸発中の)アイツとか、さらにはアイツとかよね。
他にもミ●ネ屋とか、そこまで●って委員会とか、ニュース●子とか、まさしく詐欺師みたいなコメンテーターが大集結してるわ!

こういう悪質な「洗脳番組」が、私たち日本人を権力のウソに騙される「おバカな奴隷」に作りかえる目的で、日夜劣悪な情報を発信し続けているってことね。

にゃこはこのサイトですでにたくさん勉強してきたから、もうそんなおバカな番組の洗脳工作には引っ掛からないんだにゃ!

かつてのテレビには、今よりは幾分良識派の知性派言論人が出てきたものだけど、その多くがテレビ界から駆逐されてしまって久しいからね。
ますますトルーマンらが提唱した3S(愚民化)政策が、近年のメディア界(テレビ・ネット)で加速しているのを感じてしまうし、二人もどうか普段より謙虚な気持ちを忘れずに、この先の殺伐とした情報化社会を強く生き抜き、その感性をより研ぎ澄ましていってもらいたいと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket