【コイケノミクス…】希望の党が選挙公約を発表!消費増税凍結、2030年までの原発ゼロ、ベーシックインカムに一院制の導入!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年10月4日、小池都知事率いる希望の党の選挙公約が判明した。

・報道によると、すでに主張している憲法改正や一院制導入、消費増税凍結や2030年までの原発ゼロに加えて、(全国民に一定額の金額を毎月支給する)ベーシックインカム導入までが記されており、金融緩和や財政出動に過度に依存しないことをベースにした「コイケノミクス」を提唱している。

スポンサーリンク

希望、消費増税「反対」…「30年に原発ゼロ」

希望の党(代表・小池百合子東京都知事)の衆院選公約の原案が4日、判明した。

2019年10月に予定されている消費税率10%への引き上げに関しては、これまで「凍結」としていた表現を強め、「反対」とする方向で最終調整している。「2030年までの原発ゼロ」も明記した。憲法では、地方自治部分の改正を明記し、9条についても「自衛隊の存在を含め、現実に即したあり方を議論する」と検討する考えを示した。

安全保障では現実的な政策を打ち出す一方、社会保障政策では民進党に近い所得再分配型の政策を盛り込んだ。

公約を巡っては、小池氏や細野豪志前衆院議員、希望への合流を決めた民進党の玄葉光一郎総合選対本部長代行らが最終調整を行っている。希望は公約を週内に発表する予定だ。

【読売新聞 2017.10.4.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

究極のポピュリストの本領発揮か!?ネットでは「コイケノミクス」とベーシックインカムが話題沸騰に!

小池さんの希望の党が選挙公約を表に出してきましたが、ネット上ではその内容に話題が集まっています。

まさか「コイケノミクス」とは、こりゃまいったね~!
まさに、話題性や人気取りのためなら何でもするような、「究極のポピュリスト」とも言われる小池氏らしい手法だ。

異次元の金融緩和にストップをかけていくような動きそのものについてはいいことかと思うし、法人減税に歯止めをかけつつ、大きく儲けている大企業から多く税金を取り、貧困層からはなるべく税金を取らない方向性もいいのではと思うけど、あまりに全体がざっくりとしすぎており、具体的な景気浮揚策がほとんど示されていないので、これだけではコメントのしようがないし、実際にこれを実現する気があるのかどうかも(今までの振る舞いを見てきても)現時点ではかなり疑わしいね。
(そして、一院制の導入は前にも書いたようにかなり危険な方向性かと思う。)

ただ、ベーシックインカムに多くの有権者が惹かれる可能性はありそうで、一気に小池人気が下降線をたどり始めた中で、「起死回生の策」としてこれを大々的にぶち上げた可能性がありそうだ。

一見すると、富の再分配を促し、貧困層を減らすことに効果がありそうなベーシックインカムだけど、世界を見ると、主にグローバリスト勢力がこれを推進しているように見られることや、「庶民が権力者に強く依存する体制を作り出し、結果的に権力に徹底管理・監視される”奴隷市民”を作り出すことに繋がる」との指摘もあるので、現在の所、ボク個人はこの制度についてはやや慎重に様子を見ている状況だ。

なるほどです。
この公約によって、希望の党の人気が再び大きく上昇する可能性はありそうでしょうか?

最近の世論は、ほんの小さなきっかけで非常に大きなうねりを生み出してしまう傾向が散見されるので、これを機に再び息を吹き返す可能性もあるかもしれないね。
とにかく、この公約を見る限り、希望の党は本気で多くの議席を取ろうとしている様子がうかがえるので、小池氏自身の出馬の是非も含めて慎重に状況を見守っていくとしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket