片山さつき議員お気に入りの人気ユーチューバーKAZUYA氏が日本会議のイベントに出席!みんな一つに繋がってる!?

Pocket

片山さつき氏はKAZUYA氏のツイートを引き合いに出して「貧困女子高生」叩きに参加!

スポンサーリンク

 

そのKAZUYA氏は日本会議のイベントに参加した模様

管理人人気ユーチューバーのKAZUYA氏が、日本会議のイベントに出ていたことがネット上で話題になっているようだ。
ボクは全く興味が無かったので彼のチャンネルの動画を観たこともなかったんだけど、彼には熱狂的なファンが結構いるみたいだね。

ちなみに、彼のプロフィールはこんな感じだ。

京本 和也(きょうもと かずや、1988年〈昭和63年〉3月2日 – )は、日本のYouTuber[1]、保守活動家。北海道帯広市出身・在住。主にKAZUYAの名義で活動している。

1988年(昭和63年)、北海道生まれ[2]。最終学歴は高卒[3]。卒業後は会社員やアルバイトをしていた[4]

高校時代に小林よしのりの「戦争論」に出会ったことを機に、ネットで自分と似た考えの人たちのブログを読み漁るようになる[5]

2012年(平成24年)から、YouTube、および、ニコニコ動画に『KAZUYA CHANNEL』を開設[2]。以後、主に政治関連の時事問題などを語る動画を投稿している。

【ウィキペディア】

せなちゃん素ssaaあらあら。KAZUYAくんも堂々と日本会議の集会に参加しちゃったのね。
一体彼の正体はなんなのかしら?もしかして、元々ご両親や何かが日本会議系の宗教の信者だったとか?

管理人その可能性もあるかもしれないけど、本当のところは分からないね。
まあ、「卵が先かニワトリが先か?」じゃないけど、元々そっち系の信者だったか、あるいは、ネットを通じておかしな世界に洗脳されて、最後にとうとう日本会議に取り込まれたか、このどちらかだろう。

スポンサーリンク

純粋無垢な若者たちをおかしな道に引き込む、危険な”カルト”たち

管理人まあ、こういったことは大して重要な話ではない。

最も問題なのは、KAZUYA氏が配信しているコンテンツのように、純粋無垢な若者たちを、「(歪んだ)愛国心」や「他国に対する敵意」などの感情をひたすら煽り、”権力の奴隷”に巧みに仕立ててしていこうとする連中が、ネット上のそこらにウヨウヨはびこっていることだろう。

こうした活動を行っているのは、2ちゃんねる系のまとめブログなんかも含まれる
ボクが見る限り、これらまとめサイトは、モロに自民党や日本会議、それらを支援している宗教がバックにいる「本家サイト」と、これに洗脳されてしまった若者を相手に金儲けをしている「便乗サイト」の二つで成り立っていると見ている。

結局こういったサイトは、ネットメディアの本来あるべき役割である「読者の人たちに有益な情報を配信する」といったものとはかけ離れた、”1%の権力層”に従順な人間を生産していく目的で運営されている”悪徳サイト”と言ってしまってもいい。

つまり、アプローチこそ違えど、こうしたまとめサイトやKAZUYA氏がやっていることは、テレビ新聞などの大手のマスメディアがやっていることとほとんど一緒なんだよ。

せなちゃん素ssaaつまり、どっちもCIA筆頭のアメリカの軍際複合体配下の電通や、その子会社が行なっている「愚民化洗脳」ってことね。
そして、私が見る限り、インターネットで行なわれている洗脳手法に、最近テレビ・新聞が統合しつつあるように感じるわ。

管理人確かに、インターネットでは、一足早くに「隣国への敵意の育成」「国威発揚」「独裁主義思想の植え付け」などを強固に行なってきていたけど、最近、テレビ新聞も同じようなことをやり始めてきた感じはするね。

この前のNHKのおはよう日本の一件や、東京五輪協賛宝くじの一件など、こうした派手な”洗脳”を表でも堂々とやり始めてきた気もするのが、なんとも不気味な感じだ。

つまり、近年日本会議筆頭のカルト勢力がますます日本で力を増してきていることが考えられ、フィフィやKAZUYA氏が堂々と日本会議のイベントに出たのも、それを端的に表わしているのではないだろうか。

せなちゃん素ssaa片山さつきさんもそうだけど、今や安倍政権と自民党の主要政治家も、ほとんどがカルト系ばっかりになっちゃったものね。
KAZUYAくんといい、まとめブログといい、日本の政治とネット情報社会はカルトばかりで、すべては強大なネットワークで一つに繋がっているってことね。

・・・本当に日本も恐ろしいことになってきちゃったわね。これじゃあ、ますます先が思いやられるわ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 
Pocket

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA