宮内庁の風岡典之長官が事実上の更迭!天皇陛下のお気持ち表明に安倍政権が怒り心頭か!?「陛下を思いとどまらせるべきだった」


反天皇の安倍政権が、天皇家に対して本格的に圧力と攻撃を強める

スポンサーリンク

官邸、宮内庁にてこ入れ=お気持ち表明で不満

宮内庁長官の風岡典之氏が26日付で退任し、山本信一郎次長が長官に昇格、後任の次長には西村泰彦内閣危機管理監が就任する。天皇陛下のお気持ち表明に至る過程で、宮内庁の対応に不満を持った首相官邸が、人事でてこ入れを図ったようだ。

宮内庁幹部の異動は春が通例で、風岡氏も当初は来年3月末まで務めるとみられていた。政府関係者は、退任が早まった理由について「お気持ち表明に関し、誰かが落とし前をつけないと駄目だ」と語った。

陛下の生前退位のご意向が官邸に伝えられて以降、杉田和博官房副長官らは、退位の自由は憲法上認められていないと判断し、負担軽減策の検討を進めていた。そうした中で陛下のお気持ち表明の動きが表面化した。官邸は宮内庁に対し、「陛下が思いとどまるよう動くべきだった」(関係者)と辛口評価だ。

【msn(時事通信)2016.9.25.】

管理人当サイトでは、天皇陛下が生前退位の意向を表明して以降、その背後に憲法改正を阻止しようとする天皇家と、天皇家を実質完全に掌握した上で、天皇を神に祀り上げて大日本帝国の復興を企む安倍政権との激しい対立があるものと見てきたけど、いよいよ安倍政権側が天皇家に対する圧力と攻勢を強め始めてきたようだ。

時事通信によると、安倍政権は、天皇陛下の生前退位の「お気持ち表明」をサポートしたと見られる、風岡宮内庁長官を事実上の更迭
後任として、山本信一郎次長を長官に昇格させたとのこと。
そして、新たに次長に就任することになった西村泰彦内閣危機管理監は警察庁の出身で、これも宮内庁内に安倍政権の権力をより浸透させていく狙いが強く表れた人事だといえるだろう。

この記事を読むと、「陛下を何とか思いとどまらせるように説得すべきだった」なんていう政府関係者の言葉までもが飛び出しており、マスメディアの動きを見ても、安倍政権の意向に沿う形で、メディア全体が”反天皇”の論調を平気で流すようになり始めてきたようだ。

こんなことは戦後長らくの日本でもほとんど例がなく、安倍政権も「天皇陛下万歳!!」などと称えるフリをする一方で、いよいよその”本性”を隠すことなく表に出すようになってきたといえるだろう。

りのちゃん怒りssaこの時事通信の記事は、中々強烈ですね…。

私も今までメディアをよく見てきましたが、ここまで天皇陛下に対して暗に批判し、蔑むような論調は初めて見ました。

それだけ、あの「お気持ち表明」は安倍総理にとっても怒り心頭に発しており、徹底的に、天皇陛下の生前退位の流れを作った人たちを粛清する方向で動き出したと見るのが良さそうです。

スポンサーリンク

このままメディアは、安倍政権の意向どおりに徹底的に反天皇に向かうのか?

管理人今まで安倍政権の支持者たちも、例えば山本太郎議員が天皇陛下に直接手紙を渡した際には「尊い陛下に対しての無礼、万死に値する!」なんて徹底的に糾弾するなど、一貫して天皇陛下を敬い称える姿勢を見せてきたけど、今まさに、その「化けの皮」がはがれる寸前になってきたといえるだろう。

前からこのサイトでも一貫して書いてきたとおり、安倍政権は、天皇を単なる権力強化の”道具”にしか捉えておらず、現状の象徴天皇の立場を堅持した上で、憲法改正にも反対している天皇家と真っ向から対立している状態だ。

その証拠に、天皇陛下は皇室典範の改正も含めた生前退位の制度を希望しているのに対し、安倍政権は、憲法改正に支障が出る皇室典範の改正に反対している上に、あくまで「天皇の神格化」にこだわり、当時の帝国憲法と同じく、”神”として死ぬまで天皇の座に就かせる狙いがあることから、特別法の制定により、一代限りの退位でなんとかあしらおうと企んでいる状況だ。

世間でも、(天皇陛下の意向どおりに)永代的に生前退位の制度を作ることを希望する国民の声が圧倒的に多い状況に、安倍政権はかなり危機感を持っているようで、それが(他の政府内の親天皇勢力に圧力を掛ける狙いも含め)今回の宮内庁長官の粛清に繋がった見るのが良さそうだ。

りのちゃん困り2ssaついにメディアもここまで来たかという感じですが、この先メディアはますます反天皇のスタンスを露わにしてくるんでしょうか?

管理人週刊新潮も「暴走」という言葉を使って、天皇陛下の行動を強く批判している記事を掲載したようだし、一部ではかなり天皇陛下を堂々と批判するメディアも出てきている状況のようだ。

今現在でも、天皇家に深い敬意や愛着を寄せる国民は多いし、天皇陛下の「お気持ち表明」にも共感を感じている国民は多いけど、今後どのように安倍政権は、(改憲の野望を達成させるために)メディアを使って天皇家の抵抗を潰していく世論誘導を行なっていくのか

今後も、これらのメディアの動きと、天皇家と安倍政権との戦いも注意深く見ていく必要がありそうだ。

りのちゃん困り2ssaなるほど…。
このような安倍政権の強い姿勢での反撃も、もちろん天皇陛下は分かっているでしょうし、今度天皇家がどのように出るのかも気をつけてみておいたほうが良さそうですね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA