週刊文春による香取慎吾の「隠し子」報道にネットでは様々な声!ジャニーズ事務所による「仕返し」との推測も!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月6日発売の週刊文春が報じた、香取慎吾が密かに付き合ってきた20年来の恋人と、彼と仲睦まじく遊ぶ一人の少年に関する報道について、ネット上では様々な声や意見が飛び交っていている。

スポンサーリンク

香取慎吾、隠し子疑惑で「開き直り」…ジャニーズの「梯子外し」でマスコミの餌食に

「週刊文春」(文藝春秋/4月13日号)は、昨年末に解散したSMAP元メンバー、香取慎吾と少年が2人きりで都内の遊園地で仲睦まじく遊ぶ様子を報じている。記事によれば、香取と交際中の女性、そしてこの少年は3人でハワイ旅行などにも行っているという。週刊誌記者は言う。

「香取は20年以上にわたりこの女性と同棲していることは、ファンの間でも有名で、いわば“ファン公認の仲”です。香取がその女性と少年と3人だけで海外旅行にいくのみならず、少年と2人きりで遊園地で戯れているということで、今回の“隠し子疑惑”が浮上したわけです。実は香取はまだ20代の頃、この女性とのツーショットが週刊誌に撮られたこともありましたが、2000年代に入った頃から、どのマスコミもキャッチすることができず追うのをやめていました。それほど香取のガードが堅かったということですが、ここにきてそのガードを外し、人目をはばからずに都内で少年と外出するというのは、“もう逃げも隠れもしない”という香取のサインのようにも思えます。『文春』の写真を見ても、香取は顔丸出しで、隠れる素振りは微塵も見受けられません」

いったい何が、香取に心境の変化をもたらせたのだろうか。

【livedoorNEWS(ビジネスジャーナル) 2017.4.7.】

香取慎吾“隠し子”報道でわかったジャニーズ「結婚させない」圧力の非人道性! 裏切り者へのリーク攻撃も

記事から類推すると、この少年はおそらく10歳を超えているだろう。そして、もしこの少年がほんとうに香取の子どもだったとすれば、ジャニーズ事務所側がその事実を知らなかったなどということはあり得ない。つまり、10年もの長きにわたって香取に子どもの存在を隠し通させてきたことになる。いや、香取だけではない。子どもにもそのような歪な状況を強いてきたといえるだろう。

無論、そのような歪な状況を生んだ元凶は、ジャニーズ事務所による「所属タレントを結婚させない」という方針だ。

いまでこそジャニーズ事務所は結婚させない方針を否定するが、現実には近藤真彦や少年隊メンバーといったアイドルとしての旬を過ぎた年長者、イレギュラーだった木村拓哉を除くと、V6の井ノ原快彦が結婚したのが07年、TOKIOの山口達也が08年である。記事中で香取に子どもができたとされている05年当時は、ジャニーズにとって結婚は絶対的なタブーだったのだ。

しかも、それはいまも変わらない。たとえば、TOKIOの国分太一が結婚した際に『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)に出演した「週刊女性」(主婦と生活社)記者の荒木田範文氏は、ジャニーズの結婚事情をこう語っていた。
「僕が聞いたところによると、ジャニーズ事務所としては(所属タレントの)結婚を一度も反対をしたことはない。『ただ、いま結婚すると、例えばファンこれくらいが減りますよ、グッズの売り上げが減りますよ』とデータを全部見せるんですって。『それでも結婚しますか?』と。そこで結婚する人もいるし、臆してしまう人もいる。市場調査というんですかね」

ようするに、ジャニーズ事務所では結婚に対して数字をちらつかせて脅すような「圧力」が実質的に存在しているのだ。

【リテラ 2017.4.7.】

↓香取慎吾にとって「特別な存在」である一人の女性と少年の存在を報じた週刊文春。

出典:NEWSまとめもりー
スポンサーリンク

スポンサーリンク

メリー喜多川による「飯島女史潰し」に強く反発し、SMAP解散を「牽引」した香取慎吾に対するジャニーズ事務所側の意趣返しか?

この、文春さんがスクープした慎吾くんに関する報道について、ネットでも色々な見立てや意見が飛び交っているみたいですねぇ。

私には事の真相や裏事情なんかはよく分かりませんけどぉ、なんていうか、慎吾くんがなんだか可哀想ですぅ

報道によると、香取慎吾がこの女性と出会ったのが2000年前後、子供が出来たとすれば2005年頃とされているので、10年をゆうに超えるくらいにまで一切メディアのスクープ記事に載ることすら無かったのに、こうしてSMAPを解散した途端にすぐに記事にされてしまった時点で、やはりジャニーズ事務所による何らかの意向や思惑が働いていることを疑ってしまうのは自然な流れかと思う。

なんせ香取慎吾は、メリー喜多川にとっての目の上のたんこぶだった飯島マネのことを誰よりも慕っており、芸能活動における精神の拠り所にしていたとの話だし、そもそもSMAPが解散に至ったのも、メリーの「飯島潰し」にメンバーの誰よりも強く反発し、彼の意志の強さに(キムタクをのぞく)他のメンバーが引っ張られていった経緯があったみたいだからね。

香取慎吾がメリーを筆頭とする事務所側から恨まれるのも自然な流れだし、そうなるとやはり、ジャニーズ事務所側からの意趣返しとして、香取慎吾のマイナスイメージを植え付けるような報道を文春にさせたと見るのが自然のような気がするし、もしかするとSMAP以外の他のグループのメンバーに対する見せしめの意味合いもあったのかもしれないね。

や、やっぱりジャニーズ事務所はとっても怖いところですぅ…。
そもそも、慎吾くんも、こういう形でずっと結婚も出来ずに子供の存在も全て隠し続けていなきゃいけなかったのも、きっとジャニーズ事務所からの圧力があったからなんじゃないでしょうかぁ?

そうだね。
これはボクの推測だけど、恐らく、香取本人もこういう形で大切な人たちの存在を隠し続けなければいけない現実に、何らかの「思うところ」があったはずだし、ジャニーズにある程度の「貸し」を作っていた感覚もあったのかもしれない。

こういう風に見えない部分で、彼自身がかなり以前よりジャニーズ事務所に対する不満やストレスを抱えていたはずだし、それを幾分紛らわす上でも飯島女史の存在が大きかったのかもしれない。

おまけに、キムタクの場合は、例外的に結婚を表立って宣言(強行)し、堂々と表に出ながら家族と一緒に過ごしてきたので、このような彼との「扱いや身分の違い」に対しても、以前より様々なわだかまりがあったことは十分に考えられる。

だから、今回のメリーの対応に、彼がついに溜まりに溜まったストレスが爆発してしまったことで、「SMAPの解散」にエネルギーが働いていったことが考えられるし、やはり、こういう話を聞いても、ジャニーズやバーニングなど、日本の芸能界の人権無視の陰湿で恐ろしい実態を感じずにはいられないね。

ほ、ほんとにそう思いますですぅ。
キムタク以外のほかのメンバーも、今後次々とネガティブなスキャンダルが報じられてしまいそうですし、私もこうしたマスコミのネガティブキャンペーンに惑わされずに、一定の距離を置いて状況を見守りたいと思いますですぅ。

そうだね。
とにかく彼のことも、ファンであれば静かに見守っておくのがいいんじゃないかと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket