【森友】片山善博元総務相が佐川理財局長の答弁に強い疑問!「財務省がこの種の記録を作らないはずはないし、捨てることもしない」

Pocket

どんなにゅーす?

・国有地がタダ同然で売却された森友疑獄について、民主党政権時代に総務大臣を担当していた片山善博氏が、TBSの「時事放談」内で佐川理財局長の国会答弁に強い疑問を示した。

・佐川理財局長が森友関連の契約書類を「全て消去した」と繰り返していることに対し、片山氏は「役所でこの種の案件を処理する時に、記録を作らないはずはない。そんなに簡単に無くしてしまう、捨ててしまうということはない」と発言。安倍政権は籠池氏への悪いイメージを振りまくことだけにまい進していて、疑惑にきちんと反論できていないことを指摘した。

スポンサーリンク

片山元総務相「財務省が記録を捨てることはない」

「役所でこの種の案件を処理する時に、記録を作らないはずはない。そんなに簡単に無くしてしまう、捨ててしまうということはない」(片山善博元総務相)
片山氏は財務省の説明に疑問を呈した上で、「政権は籠池前理事長がいい加減な人だとのメッセージは出すが、疑惑に反論できていない」として、週明けからの集中審議できちんと説明すべきだとの考えを示しました。

【TBS News 2017.5.6.】

スポンサーリンク

 

片山元総務大臣が、森友学園と土地取引をした際の重要書類が実際には財務省内に残っていることを断言したわ。
普通に考えれば誰でもそう思うけど、実際に大臣を経験した人からこの発言が出てきたのは重いわよね。

このサイトでも何度か紹介してきたけど、すでに佐川理財局長の答弁に重要なウソが大量に含まれていることはすでに実証されている状態だ。
そして、先日に籠池氏が公開した音声データにより、財務省側も森友学園との土地取引は「特例」であることを自ら認めた発言をしていたことも分かっている。

こうなると、8億円もの割引という「特例中の特例」の対応に辿り着くまでのプロセスを含めて、数多くの記録が存在していることが考えられるし、もしこれを破棄していたのだとしたら、よほど都合の悪い事柄が含まれていたということになるね。

片山さんの「安倍政権は籠池さんの悪いイメージ操作ばかりに躍起になって、疑惑にきちんと反論できていない」という指摘もその通りよね。
ネット上でも工作員みたいな連中が籠池さんの誹謗中傷ばかり躍起になって、肝心の安倍政権は何にも説得力ある説明もしないで、ひたすらこれを隠そうとする動きしか見られないもの!

あおいちゃんの言う通りだね。
安倍政権や財務省は、本当にやましいことが何も無いのなら、積極的に当時の資料を公開して、自らのクリーンさを大々的にアピールすればいいはずだ。
実際にはそれをやるどころか、逆に書類の隠蔽や北朝鮮の脅威のアピールなどのスピンに走っている状況で、これは自らにやましいものがあるのを暗に示しているのも同然だし、こうした不誠実な対応を安倍政権が続けている限り、引き続き森友問題についても、繊細な調査と真相究明を続けていく必要があるね。

籠池さんの財務省の会合の音声データの「完全文字起こし」が公開されたし、今後も重要資料の暴露に期待したいところね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket