【神秘的】関東や東北各地で「環水平アーク」が相次いで目撃される!ネットでは「地震の前兆では?」との声も…

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年5月4日や5日に関東や東北各地で「環水平アーク」という珍しい気象現象が目撃された。

・環水平アークは大気中の氷の結晶に太陽の光が屈折することが起こる気象現象で、以前より地震との関連性が噂されてきただけに、ネット上では不安の声も出てきている。

スポンサーリンク

まるで逆向きの虹 「環水平アーク」連休の空に 栃木

通常の虹とは逆向きの弧を描く光が4日午前、栃木県大田原市の上空で見られた。気象庁によると「環水平アーク」と呼ばれる気象現象で、薄い氷の雲で太陽光が屈折し虹のように輝く。光が太陽より高い位置に出る場合は「環天頂アーク」と呼ばれる。

川崎市在住の会社員、来見田恒昭さん(54)が家族と行楽中に気付き、撮影した。30分ほど出ていたという。

「太陽と同じ方角に出ていて、しかも両端が上がっているのは珍しいと思い、急いで撮りました」と話していた。

【朝日新聞 2017.5.4.】

↓ウィキペディアより。

出典:ウィキペディア(環水平アーク)
スポンサーリンク

スポンサーリンク

おおーっ!!これはとってもキレイだにゃ~っ!!
環水平アークだなんて、初めて聞いたにゃ♪

ほんとですぅ~!
私もこんな不思議でキレイな自然現象、一度生で目撃してみたいですぅ!

環水平アークは、虹と違って太陽と同じ方向に出るのが大きな特徴で、水平の帯状や虹を逆さまにしたような弧を描く形状が見られる。
長さも様々で、虹のように長いものから短めのものまで、その場の条件によって色々な形が見られるようだね。

ちなみに、雲が緑や赤に彩られる「彩雲」という気象現象もあるんだけど、こちらは環水平アークと異なり光の帯がはっきりしておらず、ややありふれた気象現象とのことだ。

↓環水平アークとは異なる大気光学現象「彩雲」。

出典:ウィキペディア

なんだか、ネット上でこの環水平アークが「地震の前触れなのでは?」みたいな噂もあるみたいですけど…実際のところはどうなのでしょうかぁ?

地震の前兆現象として言われている、地中から噴出したガスや電磁波が、環水平アークの発生に関係しているのではとの意見や情報も見かけるけど、環水平アークが発生するメカニズムが「大気中の氷の結晶と太陽光の屈折が関係している」と言われている以上、この因果関係は科学的に立証されているわけではなさそうだ。

もっと環水平アークが出現するメカニズムや詳しい研究・分析を期待したいところだけど、なかなか珍しい気象現象であることは確かなので、ボクも一度くらいは見てみたいものだね。

ほんとに神秘的で、滅多に見れない光景だにゃ!
彩雲もキレイにゃけど、世の中にはまだまだ知らない不思議現象があるもんだにゃ~♪

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket