「GPS令状なし裁判」で警察を敗訴させた亀石倫子弁護士が、共謀罪の疑問に答える!「法案が通ってしまったらどんなことに気をつければ?」

Pocket

あおいちゃん普通ssaどんなにゅーす?

警察が令状無しにGPSシステムを対象者の車に設置させた捜査手法について、最高裁が「違法」と認定した裁判を手がけた亀石倫子弁護士が、安倍政権が強行採決しようとしている共謀罪の問題点や疑問について答えている

スポンサーリンク

「恣意的な運用は日常茶飯事」 亀石弁護士が語る共謀罪

「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法の改正案が成立した場合、捜査権限の拡大に歯止めは効くのか。警察が令状なく対象者の車両にGPS(全地球測位システム)端末を付ける捜査手法について「違法」とする最高裁判決を勝ち取った亀石倫子(みちこ)弁護士(42)に聞いた。

――法案をどうみるか。

犯罪が行われる前の段階を処罰するものだから、その動きを証拠化するには当然に監視が必要になります。警察は集会にスパイを潜入させて録音させるかもしれないし、密室での会話を盗聴するかもしれない。行動を把握するためにGPS(全地球測位システム)を使うかもしれません。

そんな監視社会に突き進んではいけないと思い、GPS裁判の最高裁では「子孫が振り返ったときに感謝してくれるような判断を」と訴えた。判決は「住居に準ずる私的領域」への侵入もプライバシーの侵害で、令状が必要だと、一定の歯止めをかけてくれました。

でも国会答弁を見ると、政府はこの判決などなかったかのように、準備前でも犯罪の嫌疑があれば令状のいらない一定の任意捜査ができると説明している。できるだけ令状なしで監視したいという考え方は変わっておらず、司法が軽んじられていると感じます。

~省略~

――そうした懸念があっても、世論調査で賛成する人が多いのはなぜでしょう。

「自分たちは犯罪とは関係ない」と思い込み、捜査機関はいつも正しいことをすると信じている人が多いのでしょう。治安だ、テロ防止だといわれれば、それならやってくれと簡単に考えてしまう。でも私が接したクラブの経営者もタトゥーの彫り師も、善良な「普通」の市民です。捜査の暴走を知っている身としては、世の中の反応にものすごいギャップを感じます。

【ハフィントンポスト(朝日新聞) 2017.5.7.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

GPS令状なし裁判で画期的判決を勝ち取った亀石倫子弁護士、「法案が通ったらどんなことに気をつければ?」「何も気をつけなくていい!」

↓亀石弁護士のHPより。

出典:法律事務所エクラうめだ

 つい先日、出演するテレビ番組の打ち合わせで男性プロデューサーが発した質問が印象的でした。「法案が通ったら、私たち一般市民はどんなことに気を付ければいいんでしょうか」と。思わず「気を付けなくていい!」と返しました。

【ハフィントンポスト(朝日新聞) 2017.5.7.】

ええ~!
共謀罪が万一、安倍政権によって強行採決されちゃっても、「私たちは何も気をつけなくっていい」って、これってホントなの!?

ああ。これは本当だよ。
このサイトでも、今まで散々、共謀罪の問題点や危険さを「平成の治安維持法」と例えつつ、繰り返し警告してきたけど…そもそも、警察や安倍政権にとっては、これを強行的に通してしまうことで、ボクたち市民が逮捕されるのを怖がって「表現や言論の自由」を自ら制限し、自分から萎縮するようになってしまうのが、実は”最もオイシイ事態”だったりするんだ。

こうやって、メディアともども「批判できない国民=本物の奴隷」を作り出すことで、わざわざ面倒な手段を取らずとも、安倍政権と警察の権力を自動的に強化させることができるし、国民による「権力を厳しくチェックする」姿勢をどんどん奪っていくことによって、権力側はさらなる政治腐敗や汚職などの不法行為に手を染めやすくすることが出来る。
(つまり、国民自らがますます安倍政権の暴走を許してしまうことで、森友や加計疑獄みたいなこともどんどんやりたい放題になってしまうってことだ。)

かつて秘密保護法が強行採決された時にも、逮捕されたり監視されるのを怖がって自らブログを閉鎖した人もいたみたいだけど、これは、みすみす安倍政権が仕掛けた”罠”にはまってしまったようなものなんだよ。

 

共謀罪が強行採決しようとも、現行憲法で「言論・表現・集会・結社の自由」が保障されている限り、政権批判やデモだけで逮捕されるのは「違法行為」

で…でも、そうは言っても、不法行為を繰り返している安倍政権だから、実際に政権批判をしただけで本当に逮捕されちゃうかもしれないし、それで仕事や将来の生活がメチャクチャになっちゃったら…って思うと、ちょっと気が引けちゃう気分もしてきちゃうわ…。

確かに、あおいちゃんの言うように不安になってくる気持ちも分からないでもない。
だけど、ボクたちの日本には、今現在「言論や表現、さらには集会や結社の自由」が保障された日本国憲法があるんだ。
この日本国憲法は、日本の法体系の頂点に立つ「最高法規」だし、全てにおいて、この憲法が優先されるのが今の日本社会だ。

亀石弁護士も言っているけど、もし、この状況下で本当に政権批判やただのデモだけで逮捕されてしまったとしたら、「不当逮捕」として、亀石さんのような弁護士をつけて堂々と戦えばいいはずだ。
そして、そのような立憲主義の原則を国民が理解しており、多くの国民がこれに則った行動を取って堂々としていれば、万一共謀罪が強行採決したとしても、恣意的な運用が減り、そう易々と安倍政権が権力を増大させることもできなくなるはずなんだよ。

なっ、なるほど!
私たち自らが萎縮して、政権を批判することも怖がってしまうからこそ、共謀罪の威力がどんどん増すことになって、逆に憲法を盾にして私たちが堂々としていれば、安倍政権も警察も共謀罪そのものも、異常に力が増していって、暴走することが難しくなるってことね!

だからこそ、現行憲法の「言論や表現の自由」はとても価値のあるものであり、これが定められている現行憲法をボクたちはひときわ大事にしていかなきゃいけないんだ。

逆に言えば、安倍政権はだからこそ、この憲法をどうしても変えたがっているわけで、この「言論・表現の自由(第21条)」にも手を加えようとしている安倍政権の企みをなんとしてでも阻止していく必要があるんだよ。

安倍政権が企んでいる憲法改正(改悪)によって、共謀罪もより威力を増して、私たちの自由な活動を制限していくことに繋がるってことね。

ってことは…つまりは、共謀罪も憲法改正も(さらには秘密保護法も安保法も)、全ては一つの線で繋がっているってことなのね!

その通りだ。
亀石弁護士も、上の記事内で「みんなが『気を付けて』暮らす社会なんて、私は絶対に嫌です。」と語っているけど、少なくとも、共謀罪が万一強行採決されてしまったとしても、このサイトでは今までどおり、何ら変わりなく言論活動を続けていくつもりだ。

もちろん、このサイトもすでに政府各所の監視下に置かれている状況だけど、憲法で保障されている限り、自由な言論はまだまだ存分に認められている状況だからね。
是非とも一人でも多くの国民が、こうした立憲主義を理解し、現行憲法の重要さを改めて認識した上で、より健全で価値のある生活や人生を創り出していって欲しいと思っているよ。

(この亀石弁護士の記事は中々興味深い内容なので、全文読むことをおススメするよ。)

そ、そうね!
今回は亀石弁護士と管理人さんにいいことを教えてもらったわ!

私も、今一度現行憲法のありがたみを理解して、万一共謀罪が強行採決されたとしても、決して物怖じしないで、憲法で保障された中で自由な言論活動を続けていこうと思うわ!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket