【腰抜けマスコミ】加計学園の設計図流出の決定的スクープが大手局で放送中止に!田中龍作氏「『部長のクビが飛ぶ』と言って放映が流れた」

Pocket

どんなにゅーす?

巨額補助金詐欺事件に発展する様相を見せてきた、今治の加計学園の獣医学部の設計図流出について、テレビ局がこれを元にスクープ特集を準備していたものの、安倍政権からの圧力によって放送中止になっていた内情をジャーナリストの田中龍作氏が明かした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

まれに見る「大スクープ」と「安倍政権からの圧力」を天秤にかけ、どちらを取るか逡巡している大手マスコミの情けなさ

内情を知る複数の方からの情報で、加計学園獣医学部の設計図流出後、マスコミがこのニュースを報道するかどうか逡巡している実態が見えてきております。

マスコミがニュースを報道する上で判断基準として重要になってくるのは、本来であれば「裏が取れているかどうか」であるはずなんだけど…どうやら日本のマスコミは「安倍政権を怒らせないかどうか」が重要になっているらしい。

まったく、「スクープよりも忖度」という、ジャーナリズムの欠片もないほどのどうしようもないほどの腰抜け具合だけど、熾烈な環境にある週刊誌と違って、政官癒着の「ぬるま湯」の環境に浸かっている日本のテレビ・新聞の実態をよく表しているといえるだろう。

しかし、その先陣を切った週刊朝日の報道がかなり反響があったようで、ようやくマスコミも重い腰を上げて報道する方向で動いているとの情報も出てきている。

安倍政権の顔色をうかがっているマスコミの背中を少しでも押すためにも、ボクたちが強く発破をかけていく必要がありそうだし、森友疑獄の時のようにネット上をどんどん盛り上げていくことによって、報道せざるを得ない空気を作っていくことが大事かもね。

田中龍作さんが指しているのは、ネット上の情報から推測するにNHK(とテレビ朝日?)である可能性があるみたいですが、この一件は安倍政権が完全に終了する可能性を秘めた重大事であるだけに、なんとしてでもマスコミに広く報道させる必要があります

こんな環境の中でも報道に踏み切った週刊朝日は素晴らしいと思うし、これに触発された多くのマスコミが続いていくことを強く願っているよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket