【ネットは冷淡な声】安倍政権、内閣改造の顔が出揃う!野田聖子氏が総務相、河野太郎氏が外務相!菅・麻生・世耕氏らは留任!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年8月3日に実施される内閣改造の顔ぶれが固まり、全体の人事がマスコミ各社で報道された

・安倍政権と距離を置いてきた野田聖子議員は総務相での起用となり、河野太郎氏が外務相に。数多くの問題を引きこしてきた稲田氏の後継の防衛相のポジションには、防衛相経験者でパソナの仁風林とも深い関係を持つ小野寺五典氏が起用され、菅氏や麻生氏、世耕氏らは留任となった。

スポンサーリンク

第3次安倍再々改造内閣 顔ぶれ固まる

第3次安倍再々改造内閣の顔ぶれが固まった。安倍首相は、野田聖子元総務会長を総務相に、河野太郎前国家公安委員長を外相に起用することを決めた。

安倍首相は、前回の総裁選で出馬を模索するなど政権と一定の距離を置いてきた野田聖子氏を総務相に起用する方針を固めた。また、岸田外相の後任に河野太郎氏が内定。加藤勝信1億総活躍担当相が厚労相として閣内に残留することが決まった。

焦点となっていた防衛相については、自衛隊の日報問題で混乱した組織を立て直すため小野寺五典元防衛相を再び起用する。

また、加計学園の問題を抱える文科相に、防衛相など3閣僚を歴任し政策通として知られる林芳正元農水相が内定した。

一方、菅官房長官や麻生財務相ら5閣僚が留任する。安定感と経験を重視した布陣になっていて、女性閣僚は2人。初入閣は6人にとどまっている。

【日テレNEWS24 2017.8.3.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットでも冷淡な声が飛び交っている安倍総理の内閣改造!「安倍総理が代わらないのが最大のサプライズ人事」との皮肉も!

低迷中の支持率の回復ために安倍総理が断行した内閣改造ですが、その顔ぶれが出揃ったものの、ネット上ではいささか冷淡な声が飛んでいる状況です。

「お友達優遇政権」のイメージを何とか払拭するために、野田聖子氏を総務省に起用し、表面的に距離が遠い(と思われている)河野太郎氏を外務相に起用した感じだけど、その他はいずれも代わり映えしない印象だね。
そして、稲田氏はさすがに外されたのと、加計疑獄でもその他の問題でも放言しまくりだった山本幸三氏、そして、スピード違反や「土人発言容認」政治とカネの重大疑惑に加えて、「隠しマンション」までもが発覚した鶴保氏、「私の頭脳が対応できなくて申し訳ない」の放言など共謀罪で答弁不能の醜態を晒しまくった金田氏に加えて、「日本人でよかった」の丸川氏が外されたね。

ひとまず、目立った”問題児”は表向きには外されたものの、内閣から離れた見えないポジションにおいて、加計疑獄のキーマンであり、安倍総理きっての「忠実な子分」である萩生田氏が幹事長代行に就任するなど、その「お友達優遇色」は表面的には緩和されたものの、しっかりとこの性格は変わらずに根付いている

とどのつまりは、数々の問題を起こしてきた閣僚は外れたものの、その「本質」はほとんど変わっておらず、今後のマスコミの報道次第では、支持率の低下傾向は変わらないのではないだろうか?

私は野田聖子議員がこの人事に承諾し、入閣したのがちょっと意外だったのですが、この辺がどのように政権運営に作用していくか…ですね。

野田聖子氏がこの内閣の中でどのように振舞っていくのかは未知数だけど、あとはこの人事を国民がどのように評価するか、というところだね。(ネットではほとんど盛り上がっていない感じだけど)
ネット上では「安倍総理本人が代わらないのが、最大のサプライズ人事」なんていう皮肉の意見までもが見られたけど、今後のマスコミの報じ方や世論調査などをよく見ていくこととしよう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket