【せこい】森友・籠池理事長が会見を開き、一転して認可取り下げを発表!→同時間に安倍総理が南スーダンからの自衛隊撤退の緊急会見!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年3月10日、森友学園の籠池理事長が記者会見を開き、前日の配信動画から一転して小学校開校の認可を取り下げる意向を発表。さらには、自身が理事長を退任する意向も示し、繰り返しメディア批判や自身の正当性を主張した。

・さらに、籠池理事長の会見中継と同じタイミングで安倍総理が緊急会見を開き、「南スーダンからの5月末の自衛隊撤退」を表明。この出来すぎたタイミングの一致に、ネット上では「安倍総理が籠池氏の会見を妨害したのでは?」との推測が多く出てきている。

スポンサーリンク

森友学園 認可申請取り下げ 籠池理事長は退任の考え

学校法人「森友学園」が、大阪・豊中市の元の国有地に建設している小学校について、森友学園は認可の申請を取り下げました。籠池理事長は退任することを明らかにし、「今の過熱状態に終止符を打たないと、子どもの安全や、親のプライバシーが守れないと判断した。苦渋の決断だ」と述べました。
大阪の学校法人、森友学園は国から売却された豊中市の元の国有地に、来月の開校を目指して小学校の建設を進めています。

森友学園は、国におよそ23億8000万円の工事の契約書を提出した一方、大阪府にはおよそ7億5000万円、大阪空港の運営会社にはおよそ15億5000万円の金額の異なる契約書を提出していました。さらに、籠池理事長の経歴などについても、事実と異なる報告をした疑いが相次いで指摘されていました。

【NHK NEWS WEB 2017.3.10.】

出典:日テレNEWS24
スポンサーリンク

スポンサーリンク

前日まで強気の「認可希望」をごり押ししていた籠池氏、一夜の間に一転して認可取り下げ&理事長退任の意向!

日本の裏側が相当ドロドロに激しく蠢き出しているわ。

まずは籠池さんの件だけど、記者会見で何を語るかと思ったら、まさかの認可取り下げと理事長辞任の発表だったわね。

ちょうどその時ボクは車の運転中で、運転しながら会見を聞き流していた状況だったんだけど…前日の動画配信では、自民党政治家への恨み節が展開され、その上で認可を下すように圧力をかけるような素振りを見せていたものの、これが見事に一転してしまったことにまず驚かされたよ。

これは、今回の会見までの間に「何かがあったのでは」と勘ぐりたくなるような大きな変化であり、ぶっちゃけ「彼の元に暴力団員なんかが分厚い札束でも持ってやってきたのかな?」と思ってしまうくらいの不思議な変節のように思えたね。

前日までの鴻池氏や稲田氏などを筆頭とする、裏切った政治家へのあからさまな批判は一気になりを潜め、マスコミ批判と彼を非難している人々に対する反発に終始しているような印象を受けたね。

確かに、最近のマスコミは、どうも安倍夫妻を筆頭に、森友学園をサポートしていた自民党や維新の政治家への追及や実態の掘り下げをやめて、籠池氏側の不正行為やバッシングにシフトし始めてきている印象はあるし、権力(安倍政権)側のメディア恫喝が徐々に浸透しつつあるような気もしていたからね。
後は籠池氏さえ黙らせれば、安倍政権としては御の字なわけで、そういう意味でも、裏で籠池氏に対して、金を含めた取り引きや恫喝を行なう可能性は十分にあるといえる。

マスコミすらも籠池氏に標的を絞ってきてしまうと、もはや籠池氏としてはなす術がなくなってしまう可能性が高まるし、徹底した真相究明を目指していくには、マスコミももう少し考えた報道を行なうようにしないと、どんどんおかしな方向に向かってしまい、最終的には真相究明に至らず完全に闇に葬られてしまう恐れも出てきたように思えるのが、ちょっと嫌な感じだ。

 

世耕氏の入れ知恵か、ニュース速報まで流させて、安倍総理がちゃっかりと籠池氏の会見を妨害

使い古された手だとは思うけど、多くの国民が注目していた籠池さんの会見を妨害するかのように安倍総理が緊急会見を開いて、自衛隊の南スーダンからの5月末での撤退を発表したわ。
このセコイ手口に、ネット上はまたまた大ブーイングが湧き起こっているわ。

籠池氏の会見がよっぽど嫌だったんだろうね。
「自衛隊の南スーダンからの撤退を決定」なんていうニュース速報が出てきたもんだから、てっきり現地で緊急事態が発生していて、そのせいで大至急自衛隊を撤収させるのかと思ったけど、よく聞くと5月末での撤退だというんだから「何だこれ?」って感じだったよ。

以前にも「任務についてのある程度の区切りが付いたら撤退させるのでは?」という話は聞いたことがあったし、このタイミングで緊急会見を開く必要性がいったいどこにあるというのか?
この安倍総理の緊急会見は完全に意味不明だし、まさに籠池氏の会見に被せる目的で開いたとしか思えないね…。

これもメディア対策(洗脳・世論誘導)の専門家の世耕氏の入れ知恵なのかは分からないけど、相変わらず安倍総理はやることがせこいし、人間の小ささを感じずにはいられないね。

 

まとめ

なんだか、森友学園事件は徐々に当初から警戒していた展開になりつつあるような気もするし、安倍政権は一切の手段を選ばずにこの疑惑を闇に葬り去った上で、憲法改正と「安倍帝国」の完全樹立を徹底的にごり押しする気満々みたいね。

ああ。やはりというべきか、既存のマスコミに期待するのは限界があるみたいだね。
やっぱり、国民一人一人が能動的に行動を起こさない限り、世の中は国民が望むような方向には中々変わらないし、大規模デモやよりたくさんの人が選挙に足を運ぶなどの様々な活動を展開していかない限り、安倍政権は最終的にはこの先もしぶとく生き永らえていく可能性は大いにある

韓国のパククネ大統領が罷免されたニュースも安倍政権にとってはあんまり出したくない話だろうけど、日本国民ももっと積極的に政治に参加し、「自分たちが日本をもっといい方向に変えていく」という自覚と覚悟を持って行動を起こしていくことが、やっぱり何より一番大事なんじゃないかな?

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

2 Comments on 【せこい】森友・籠池理事長が会見を開き、一転して認可取り下げを発表!→同時間に安倍総理が南スーダンからの自衛隊撤退の緊急会見!

  1. 森友学園の問題が浮上した頃から、こちらのサイトを見つけ、閲覧させて頂いております。いつもお疲れ様です。
    今回の会見はあまりに不自然で、明らかに背後に不自然な圧力があったと思わされるものだと感じました。
    自衛隊の南スーダンの件もですが、明日が東日本大震災6年目の日であり、報道も大半がそちらに割かれると思います。それも見越して本日中に多くの問題の節目を被せた狙いもあると思います。

    財務省の書類の発見なども、既に事実とは異なるシナリオが完成したからの行動だとも思え、ある意味ではこの問題でエセ愛国者たちの汚職を暴くのは難しくなったかもしれません。
    しかし、これは利権側の不正を暴く数少ない機会であり、決して見過ごしてはいけない問題だと思います。
    ぜひ野党やマスメディアはこの問題を追及してほしいです。
    共謀罪と国有地不正問題、自衛隊のPKO派遣など、許しがたい与党の暴走を止めるために、目を光らせていかなければなりませんね。

    • ドメドメさま

      こんにちは!コメントいただき、本当にありがとうございます(^^)

      >今回の会見はあまりに不自然で、明らかに背後に不自然な圧力があったと思わされるものだと感じました。

      >自衛隊の南スーダンの件もですが、明日が東日本大震災6年目の日であり、報道も大半がそちらに割かれると思います。それも見越して本日中に多くの問題の節目を被せた狙いもあると思います。

      こちら、ボクも同感です。
      森友側に自ら認可を取り下げさせることによって、籠池氏らが半ば自ら不正行為を認めたことにして罪を覆い被せることができますし、この会見は結果として、一連の騒動の「一つの区切り」と言えるものになってしまったように感じます。
      ただ、言葉の端々に、この現実に対して籠池氏も(息子さんも)納得がいかない様子も大いに見られましたし、今後どこまで彼が裏切った政治家たちに反撃をすることができるのか…という部分が一つのポイントになりそうですが、なんせ相手にしているのものがあまりに巨大で凶暴ですので、文字通り、命をかける覚悟がないと厳しいかと思います。

      >財務省の書類の発見なども、既に事実とは異なるシナリオが完成したからの行動だとも思え、ある意味ではこの問題でエセ愛国者たちの汚職を暴くのは難しくなったかもしれません。

      こちらもボクも同じ思いです。
      検察が動けばかなり道は開けますが、過去の事例を見ても、清和会系政治家の疑獄に対してはことごとく動いてこなかった歴史がありますし、やはり今回も動く可能性は低そうな感じがします。

      後は、国民が韓国のように大きくデモなどの運動を起こすか、日本会議を危険視し始めている様子の海外勢力からの攻撃に期待するくらいですが、どうにかこうした動きに繋がっていくよう、上西議員やその他野党、そしてしがらみの少ないネットメディアなどが引っ張って、この問題がうやむやのまま終わってしまわないよう、走り続けてもらいたいです。

      >共謀罪と国有地不正問題、自衛隊のPKO派遣など、許しがたい与党の暴走を止めるために、目を光らせていかなければなりませんね。

      全くその通りだと思います。ボクもサイトを通じて問題提起を続けてまいりますので、それぞれの方々が出来ることを継続しつつ、これからも頑張ってまいりましょう!

Comments are closed.