【象徴的な1枚】籠池氏の記者会見の横で正座している女性たちが話題に!「教祖様か!?」「カルト宗教っぽい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年3月10日に行なわれた森友学園・籠池氏の会見について、籠池氏の横でひしめき合いながら正座をしていた女性たちがネット上で話題になっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

森友学園や「愛国詐欺勢力」の本質を如実に表わした1枚の写真

出典:Twitter(@kens_s)

さすが生長の家出身の籠池さんというべきか、こういうワンカットを見ても、いかに森友学園の内部が宗教色が強くて、かなり異様な環境下にあることがよく分かるわよね。

3人の女性が狭いスペースにひしめき合うように並び、固い床に直接正座して籠池親子を見上げている…これだけ見てもかなり異様な光景だし、いかにこの学園内がカルト宗教のような環境にあるかを示している写真だね。

恐らく学園内では籠池氏は教祖のような存在で、職員たちも無条件にひれ伏すように教育されているのだろうし、マスコミはもう少し、籠池氏とカルト宗教との関係などについても詳しく取材し、報じる必要があるのではないだろうか?

「日本会議」という固有名詞は驚くほどにマスコミに流れるようにはなったけど、その「日本会議とは一体どんな組織なのか?」という部分がほとんど報じられていないのが気になるし、日本には「政教分離の原則」があるのだから、自民党や維新を中心に政治に深く食い込んでいる、日本会議と数々の新興宗教との関係などをマスコミはもっと国民に周知させるべきなんじゃないだろうか?

どうも、一昔前と比べて、最近のマスコミは日本に侵食している「カルト宗教」について報じるのを避けたがっている傾向があるように見えるし、一通り見ていると、やっぱり日本のマスコミは森友学園の疑惑についても、色々なところで隠している部分が目立っているように感じるよ。

確かに、籠池さんの本質を知るには、彼が深く信奉してきた生長の家などにスポットを当てない限り、彼がこんな思想や教育に行き着いた背景や理由を理解することは難しいわね。

日本全体に巣食っている「エセ愛国」「愛国詐欺」と言われる人たちも、そのほとんどが、こうしたいくつかのカルト宗教がバックについていることが分かってきているし、この勢力の実態や正体にスポットを当てない限り、この問題の本質を真に理解したり、実態を解明することは難しいんじゃないかしら。

オウム問題などを連日報じていた頃は、まだ統一教会などのカルト宗教問題についてもマスコミが色々と報じていた感じだけど、最近めっきりこういう動きがなくなってしまったのは、それだけマスコミ本体にカルトの資金がたくさん入ってくるようになったってことなのかな?

なんだかここに来て田母神氏やデヴィ夫人なんかが、森友学園を支援する運動を始めたみたいだけど、もっと彼らの「正体」を深く掘り下げていかないと、結局ウヤムヤのままで問題が終わってしまい、ネオコンが日本に根付かせた「愛国詐欺」の日本破壊要員(早い話がネオコンCIAの下部勢力)がこの先も跋扈していく事態になってしまうように感じるよ。

やっぱり所詮は大手マスコミも、ネオコンやCIAのコントロール下にある「下部組織」に過ぎないってことね。

森友報道が少しトーンダウンしたのを機に、一気に田母神さんなんかが「森友復興」に向けて号令をかけ始めたみたいだけど、安倍政権や現在の自民党が生き永らえる限りは、第二第三の森友学園が出てきてしまうような気がするわね…。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

1 Comment on 【象徴的な1枚】籠池氏の記者会見の横で正座している女性たちが話題に!「教祖様か!?」「カルト宗教っぽい」

Comments are closed.