【森友】籠池氏が「2014年の時点で近畿財務局に昭恵夫人との写真を見せていた」ことを証言!職員「コピーして局長に見せます」

Pocket

どんなにゅーす?

・国有地がタダ同然で払い下げられた森友疑獄について、籠池氏が「2014年の時点で、近畿財務局の担当者に昭恵夫人と一緒に写っている写真を見せていた」ことを証言。

・昭恵夫人との写真は、2014年4月に昭恵夫人を幼稚園での講演会に招き、その後小学校建設予定地に案内した際に撮られたものだという。

・近畿財務局に行ったのはその講演会の直後で、財務局担当者から「写真を見せて欲しい」と言われ、写真を見せると、「コピーをとって局長に見せる」と話し、席を外したという。

スポンサーリンク

昭恵氏との写真「14年に近畿財務局に示す」 籠池氏

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、学園前理事長の籠池泰典氏が8日夜、朝日新聞の取材に応じ、「安倍晋三記念小学校」との校名を記した設立趣意書を2013年に財務省近畿財務局に出したと明らかにした。14年には、首相の妻昭恵氏と建設予定地で撮影した写真も示し、支援を受けていると説明したという。

小学校設置の認可を受けるには、建設地を自己所有しているのが原則で、近畿財務局は将来の売却を前提とした定期借地契約を学園側と結ぶ異例の手続きを15年5月に取った。籠池氏の証言通りなら、財務省側が14年時点で国有地の取引を昭恵氏関連の案件と認識していた可能性も出てきた。

籠池氏が小学校の設立趣意書を出したのは、13年9月。籠池氏の説明では、小学校の建設用地として、大阪府豊中市の国有地を取得したいとの要望書を近畿財務局に出した際に添付した。籠池氏は「日本初で唯一の神道の小学校」の開設を目指しており、設立趣意書に記した名称を「安倍晋三記念小学校」としたという。

籠池氏は14年4月、昭恵氏を学園の幼稚園での講演に招いた。籠池氏によると、この際、昭恵氏を建設予定地に案内し、一緒に記念写真を撮った。直後の近畿財務局との土地取引の交渉で、財務局側から「見せてくれ」と求められ、写真を渡した。担当職員は「コピーを取って局長にみせる」と言っていたという。籠池氏は「(支援を)わかってもらわないと(いけなかった)」と話した。

【朝日新聞 2017.5.9.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安倍総理と昭恵夫人の名前が効いて、前例のない「特例」措置が行なわれた可能性を示す「材料」がまた一つ

出典:Twitter(@tohohodan)

籠池さんが2014年の時点で近畿財務局側に昭恵夫人と一緒に撮った写真を見せていたことが判明って、これは録音データに続いて、またまた結構大きな新情報が出てきたわね!

さらには、2013年には「安倍晋三記念小学院」の名称で設立趣意書を近畿財務局に出していたことも分かった。
民進党の福島議員がこの設立趣意書の開示請求を財務省に行なったんだけど、財務省が出したものは見事に全身真っ黒の「のり弁状態」で、「安倍晋三記念小学院」のタイトル部分もちゃっかり黒塗りされていたとのこと。

とにかくも、2013年の時点で財務省側も「安倍晋三記念小学院」の名称を認識しており、さらには14年の時点で昭恵夫人と写っている写真も局長レベルで共有されていることが分かってきたし、この時点から、「特別な案件」として財務省側も認識してことが見えてきた状況だね。

…てことは、やっぱり、安倍総理と昭恵夫人の存在が、このタダ同然の国有地売却に繋がっていった疑いが、また一段とくっきりしてきたってことね!

すでに、官僚側が学園のバックに総理夫妻の存在がいることを認識した上で、特別な計らい(忖度)をしたことが確実になりつつあるといってもいいだろう。
つまり、ますます昭恵夫人の証人喚問の必要性は高まり、総理自身の「私や妻が関わっていたら、総理も国会議員も辞める」の言葉が大きく取り沙汰されていくべきタイミングに差し掛かってきているといえそうだ。

森友関連の件については、この他にも気になる新情報が出てきているので、また追って紹介していこうと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket