【疑義】米ラスベガスの銃乱射事件、ネオコン戦争屋による「偽旗作戦」の可能性を疑う声が噴出!警察やマスコミの公式発表と異なる証言も

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年10月1日に発生した、ネバダ州ラスベガスでの全米史上最悪といえる無差別銃乱射事件において、ネット上で不可解な点が複数指摘されており、ネオコン勢力による偽旗作戦を疑う声が噴出している。

スポンサーリンク

米銃乱射 死者58人、500人以上ケガ

アメリカ・ラスベガスの音楽フェスティバルを狙った銃の乱射事件で、死者の数はさらに増えて少なくとも58人になり、ケガ人も500人以上にのぼっている。地元警察は、実行犯が地元出身の64歳の男だと明らかにした。

銃が乱射されたのは、ネバダ州ラスベガスの音楽フェスティバルの会場。これまでに少なくとも58人が死亡、500人以上がケガをしている。

警察によると、男が近くのホテルの32階から会場へ向けて銃を乱射したということで、男は警察が部屋に突入する前に自殺したという。

警察は男の身元について、地元の出身で64歳のスティーブン・パドック容疑者と明らかにした。単独犯だとみているが、ホテルの部屋からライフルを含む多くの武器が見つかっており、事件の背景を捜査している。

【日テレNEWS24 2017.10.3.】

米国ラスベガスの大規模テロも偽旗か:500人超の死傷者 をどのように救急搬送したのか、受け入れ病院は足りたのかが謎だらけ

ラスベガスで起きた銃乱射偽旗事件

スポンサーリンク



スポンサーリンク

確かに不可解な点が多く存在するこの事件、その真相はいかに!?

日本でも徐々に言われ出したけど、海外ではすでにこの全米史上最悪と言われているこの銃乱射事件について、ネオコンによる偽旗作戦を疑う声が出てきているわ。
確かに、容疑者の動機も含めて、不可解な点やおかしな部分が多いわよね。

まず、普通に考えてもちょっとおかしく感じるのが、なぜ不動産投資などによって裕福な生活を送っていた(といわれている)スティーブン・パドック容疑者(64)は、23丁もの物々しい自動小銃をホテルの部屋に持ち込むことが出来たのか?ということや、なぜ、ズブの素人が400m以上も離れたホテルから、59人ものコンサート会場の観客を正確に狙って殺害することが出来たのか?
さらに、ここまで大量の銃をわざわざ用意し、三脚まで持ち込んで周到に犯行を行なった彼の動機が全くもって不明であること。
わざわざ23丁もの銃をホテルに持ち込む必要がないという指摘もある。)
おまけに、59人の犠牲者と500人以上ものけが人が出たとの報道が出ているにもかかわらず、数百台もの大量の救急車が出動し、病院が犠牲者とけが人で溢れかえったという情報がほとんどない、という点を指摘している声もある。

この他にも「複数の地点から銃声が聞こえた」との証言や、「32階から銃を撃った」とのFBIの発表と異なり、「10階~20階辺りから発砲された」する証言も出ているようだ。

 

この事件が偽旗だとすれば、その目的は「国民暴動」鎮圧のための銃規制の推進&国民からの銃の没収か?

もしこの事件が偽旗作戦だとしたら、9.11やボストンテロとほぼ似たような構図で、シオニスト系のネオコン戦争屋が黒幕の事件である可能性が大ね。
(正確な人数は不明なものの)実際に死者が出ているのだとしたら、FBIやマスコミまでもが共謀した恐ろしいまでに凶悪な国家犯罪事件だし、その狙いは、銃規制に反対しているトランプさん下ろしと、銃規制の世論の盛り上げによる国民からの暴動に備えた米国民が持つ銃の没収かしら?

アメリカは、まさしく世界中を混沌と破壊に陥れてきた、シオニスト系ネオコン勢力(グローバリスト)の一大拠点だからね。
今回の事件も、CIAやFBIなどのアメリカの国家機関に入り込んでいる好戦的なネオコン勢力が黒幕に控えている可能性は大いにありそうだし、そうなると、(すでに大いに国内議論が盛り上がってきているみたいだけど)銃規制の盛り上げの機運を利用した、国民からの銃没収の目的がありそうな感じがするね。

まさしく今のアメリカは、かつてないほどの巨大な経済危機が起こる寸前と言われており、すでに、貧富の差はかつてないまでに広がり、貧困層の不満とストレスは爆発寸前と言われている。
こうした状況を受けて、FEMAや軍は国民暴動に備えた鎮圧訓練(ジェイドヘルム)を行なっているようだし、日本と同じようにアメリカでも「国民を徹底的に無力化させる”奴隷政策”」がトランプも関与していない中(いわゆるディープ・ステートによって)でどんどんと進められているものと見ている。

今もこの事件について、世界のネット上では様々な議論や推測が飛び回っており、事態は混沌としているけど、今回の全米史上最悪と言われるこの銃乱射事件、色々と距離を置きつつ疑っておくのがいいかもしれないね。

やっぱり今回も、反トランプ運動を背後からコントロールしているソロスさん辺りが噛んでいるのかしらね?
いずれにしても、今回の事件も詳しく調べれば調べるほどに、色々と黒い影が見え隠れしてくるのは確かだわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket