【やば過ぎ】JNN(TBS)の世論調査で安倍政権の支持率が67%にアップ!天皇陛下の一代限りの特措法も突然賛成が82%に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月に行なったJNNの世論調査によると、安倍政権を支持する声は先月より6ポイント増えて67%になったとのこと(不支持率は5.1ポイント低下の31.5%とのこと)。

・安倍政権が進める天皇陛下の退位に関する一代限りの特措法についても「賛成」の声が82%に上ったという。(先月の調査では、一代限りを支持する声は22%で、永続的な退位制度を望む声が66%に上っていたとのこと。)

スポンサーリンク

内閣支持率67%に上昇、JNN世論調査

1

2

3

4

5

安倍内閣を支持する人は先月から6ポイント増えて67%となり、2013年11月以来の高い水準となったことがJNNの世論調査でわかりました。

安倍内閣の支持率は、前の月より6ポイント上がって67%、不支持率は前の月より5.1ポイント下がって31.5%でした。支持率が67%を超えたのは、2013年11月以来となります。

安倍内閣を「支持する」理由については「安倍総理に期待できる」と答えた人が先月より4ポイント増えて32%と最も多く、次いで「特に理由はない」と答えた人が27%、「政策に期待できる」と答えた人は先月より6ポイント増えて22%となりました。

天皇陛下の退位をめぐる政府の有識者会議で今月23日に今の天皇一代に限って退位を認める特例法を中心とした考えを示す方向について聞いたところ、「賛成」は82%、「反対」は12%でした。

【TBS Newsi 2017.1.16.】

スポンサーリンク

とどまるところを知らない安倍政権の支持率上昇傾向、ついに70%をうかがう領域に!天皇陛下の特措法も突如賛成が大幅に上昇した不思議

りのちゃん困り2ssaフィリピンに対する1兆円のばら撒きや、安倍総理のミサイル提供の打診を「第三次世界大戦はご免だ」とドゥテルテさんに拒否されたニュースがネットでは話題になっていますが、その一方で安倍政権の支持率上昇がとどまるところを知らない状況となっています。

JNN(TBS)の世論調査によると、政権支持率が67%にまで上昇し、ついに70%をうかがう勢いとなっています。

管理人ボクみたいに、普段から日本や世界の政治をウォッチしている人間からすれば、もう何も言葉が出ないくらいに唖然とする結果だけど、大手メディアの世論調査では、この記事で紹介したように、相当汚いやり方で思い通りの回答を得られるように誘導しているみたいだからね。

特に、この「天皇陛下の特措法による退位」に対する急激過ぎる賛成の大幅アップは相当に不自然で、日露首脳会談の評価を上げるために工作した時と同じように、質問文に色々と手を加えて賛成に多く人が傾いていくように誘導した可能性があるかもしれないね。

↓同じTBSの世論調査において、先月は一代限りの特措法を求める声はわずか22%。

出典:TBS

「フェイクニュース」などと声高に叫ぶ大手メディアこそ注意しなければならない

りのちゃん怒りssa最近特にアメリカでは、CNNなどの大手メディアやオバマ政権(ヒラリー支持勢力)が、インターネット上の独立系サイトなどを「フェイクニュースサイト」などと断定し、これらを一斉に取り締まるような風潮が高まっていますけど、トランプさんは逆に、こうした風潮を盛り上げているCNNを「偽メディア」と批判しましたし、むしろ、こうした風潮を広めたがっている「大手メディア」こそ、その報道内容に注意していかなければならないように思います

管理人トランプはロシアとの関係修復を必死に模索して、何とか全面戦争を阻止しようとしているにもかかわらず、こうしたトランプを徹底的に叩き、ロシアとの関係をぶち壊そうとしている(第三次世界大戦を熱望している)時点で、これら大手メディアが戦争を引き起こそうとしているグローバリストの完全な支配下にあることが分かるかと思う。

日本のメディアもアメリカと全く同じ方向を向いている時点で、鵜呑みにすることは非常に危険であり、さらには安倍総理もドゥテルテによって、そうした戦争を熱望するグローバリストの手先であることを暗に暴露されたということだ。

少し思い返してみると、日本の大手メディアだって大事な情報を歪めたり隠蔽することはしょっちゅうだし、(真珠湾訪問の件は記憶に新しいけど)ウソを報道することだって結構ある
中でも産経新聞なんて、大手メディアの「フェイクニュース機関」と言っていいくらいに、徹底的な安倍賛辞の歪んだ報道を繰り返しているし、ネット上の独立サイトや資金力や組織力の弱いサイトは「全て信憑性が低く、害のあるもの」といった世論誘導には十分に注意するべきだ。

結局は、資金力や取材力以上に、「報道機関の矜持やモラル、誠意を持っていること」「一般の人々に真に有益な情報を伝えるポリシーを持っていること」…などが情報発信者を評価する上で最も重要なポイントであり、ボクたちも「ウソかホントか」だけでなく、このような視点をチェックポイントにしながら情報発信者を評価し、多様な情報を咀嚼して自らの中に取り込んでいくことが重要かと思う。

そういう意味では、こうした世論調査を鵜呑みにするのもかなり危険だと思うし、あらゆる可能性を加味しながら話半分で受け取っておくのがいいと思うよ。

りのちゃん怒りssaこのページでも、とても分かりやすく安倍政権の腐敗や現在のメディアの危うさを説明されていますが、こういう権力に染まっていない人々による「言葉」というのも、私たちが日本や世界で起こっていることを理解するのに、とても重要な役割を果たしていると思います。

管理人とにかくボクは、政治にひたすら無関心でい続ければ、行き着く先は必ず「戦争」だと思っているし、政治に対する「無知や無関心」は、自らを含めて多くの弱い人々を死に追いやることと同じだと思っている。

一人でも多くの国民が永い眠りから目覚め、一日も早くに現在の日本や世界に対する危機感を認識し、日本の破滅や世界大戦阻止のための行動を起こしていくことを願い続けているよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket