安倍政権が衆院特別委員会でTPP承認法を強行採決!会議場には怒号が飛び交う!山本農水相は辞任を拒否!


どんなにゅーす?

・安倍政権の自民党は11月4日の午後、公明・維新とともに衆院特別委員会でTPP承認案を強行採決

・会場には怒号が飛び交い、民進党と共産党は途中退席。

・辞任の要求が強まっている山本農水相は、変わらず辞任を拒否。

スポンサーリンク

TPP国会承認議案など 衆院特別委で抗議のなか可決

TPP協定の国会承認を求める議案と関連法案は、4日午後開かれた衆議院の特別委員会で、民進党と共産党が抗議する中、採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会の賛成で可決されました。

~省略~

冒頭、山本農林水産大臣が、みずからの一連の発言について、「不用意な発言により大変ご迷惑をおかけしたことを心からおわび申し上げます」と述べ、発言を撤回し、陳謝しました。
これに対し、民進党と共産党は「あまりに強引な委員会運営で問題だ」として、塩谷委員長を囲み、およそ30分にわたって抗議を続け、委員会室を退席しました。
民進党と共産党は締めくくりの総括質疑では質問は行わなかった一方、日本維新の会は質問を行いました。

その後、特別委員会では、民進党と共産党が委員会室に戻って再び抗議を行う中、採決が行われ、議案と関連法案は自民・公明両党と日本維新の会の賛成で可決されました。

【NHK NEWS WEB 2016.11.4.】

スポンサーリンク

 

管理人「わが党は結党以来一度も強行採決をしようと考えたことはない」と公言した安倍総理が、またまた強行採決を行なった

延期の予測もかなり出ていたTPP承認案だけど、本日2016年11月4日の午後16時30分、自公と維新によって強行採決
議場は怒号が飛び交い、大混乱の中、ついにTPPの発効に向けて大きな一歩を踏み出してしまった

今後は、衆院本会議での採決が待っており、これも自民党は強硬姿勢で臨む様相だ。

あおいちゃんキレ1ssaまたまた、大嘘つきの安倍総理は、新たなウソをついて、強行採決を行なったのね!

おまけに、なんだかテレビでもほとんどこの様子が伝えられてなかったみたいじゃないの!!
一体この国はどうなっているのよ!!

管理人ミヤネ屋も、今日も韓国の汚職やら、豊洲問題やらを延々と放送してたからね。
もう、この国のマスコミは完全に死に絶え、むしろ有害なものでしかなくなっているようだ。

しかし、「(TPPにガチで反対の)トランプの当選の可能性がやや高まってきている」とのことで、TPP採決が延期されるのでは?という見立ても多かったけど、ここで強行採決するのはちょっと予想外だったな。

これは、ヒラリーの(不正選挙による)当選がいよいよ決定したと見ていいのかな?

あおいちゃんかなり困りssaもう、アメリカも日本もメチャクチャだわ。
いよいよ、日本も崩壊のカウントダウンが本格的に始まってしまうのね…。

管理人一刻も早くに、日本国民はTPPの本質に気がつき、安倍政権を徹底的に批判し、怒りを表明する必要がある
そうでないと、いよいよ世界に先駆けて日本がTPPに引きずりこまれてしまい、国の秩序そのものが完全に破壊されて、国や国民の財産が獰猛な外資にほとんど全てを乗っ取られてしまう

衆院本会議でも強行採決させる公算が強いけど、一体どうなっていくのか、予断が許されない状況が続いているよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA