ついに安倍政権の支持率が20%台に突入!時事通信の世論調査で15.2ポイントダウンの29.9%!不支持は14.7ポイント増の48.6%!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年7月7日~10日に行なった時事通信の世論調査において、安倍政権の支持率が15.2ポイントダウンの29.9%に、不支持率は14.7ポイントアップの48.6%となり、安倍政権の転落具合がより鮮明となっている

スポンサーリンク

安倍内閣支持29.9%に急落=2次以降最低、不支持48.6%-時事世論調査

時事通信が7~10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比15.2ポイント減の29.9%となった。2012年12月の第2次安倍政権発足以降、最大の下げ幅で、初めて3割を切った。不支持率も同14.7ポイント増の48.6%で最高となった。学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題が響いた。東京都議選で稲田朋美防衛相が、自衛隊を政治利用したと受け取られかねない失言をしたことなども影響したとみられる。
加計学園に関する安倍晋三首相の発言を信用できるかどうか聞いたところ、「信用できない」が67.3%に上り、「信用できる」の11.5%を大きく上回った。首相が説明責任を果たしているかどうかについても、「果たしていない」79.9%に対し、「果たしている」7.1%となり、首相に対する国民の不信感の高まりが浮き彫りとなった。首相の政権運営は険しいものとなりそうだ。

【時事通信 2017.7.14.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ついに安倍政権支持率が危険水域に突入!…でも…

ついに、安倍政権の支持率がマスコミの世論調査において初の20%台に突入しました。
こうした数字を見ても、やはり、安倍政権はすでに資本勢力に切られかかっていると見て間違いなさそうです。

時事通信といえば、あの”安倍総理の忠犬”田崎史郎氏の通信社だけど、しかし、個人的にはこれでも世論調査の数字に(支持の数字に対して不支持の数字が小さく、双方を足しても80%弱くらいしかないことなど)やや不可解な部分があるように感じている。
他のマスメディアの世論調査の数字を見ても、すでに安倍政権は終わりが近づいているのは間違いなさそうなものの、その不信感は野党勢力に向かうことなく、資本勢力の側も自民党の”別の人物”に次の総理をやらせようとしていることが透けて見えるし、唯一自民党以外で力をつけていく可能性があるのは現時点で小池勢力のみといった感じだね。

日本をコントロールしている資本勢力からすれば、安倍総理はただの一つの使い捨ての”駒”にしか過ぎないし、安倍退陣が即・国民にとってプラスな方向に行くかというと、残念ながらそうではない状況だ。

野党の方に目をやると、特に民進党の凋落具合が凄まじく、今回の調査でも自民党と一緒に支持率が下落してしまっている始末です。

冗談抜きで、本当に今の日本の政治腐敗をどうにかしようと思っている民進党議員がいるのなら、今すぐに民進党を飛び出し、”別の方法”を考えていかないとダメな段階にとっくに突入している
今の状況を見る限り、民進党が再浮上するのは、現在の幹部が居座り続ける限り、「有り得ない」と言ってもいいだろう。

個人的には、(国民からの高い人気を誇る)前川氏が政界に進出し、前川氏の元に優秀な議員が結集して野党を再編していくのが、最も国民からの支持を得やすい方法なんじゃないかと思っているけど、どちらにしても、リスクを恐れずにかなり大胆にてこ入れをしていかない限り、野党もかなり厳しい状況であることは変わらないね。

安倍政権はようやくここまで終わりが見えてきましたが、それでもまだ野党の力が一向に強くなってこないことこそが、現在の日本の深刻な状況を表しているのかもしれません。

嘘つき&ごまかし&ゴロツキまがいの安倍政権が終わること自体は嬉しいことだけど、これが解決したとしても、まだまだ現在の日本は解決していくべき深刻な問題を数多く抱えてしまっているということだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket