【大手メディアのステマの実態】抗凝固薬に関する記事が製薬会社からのカネで配信されていたことが判明!電通が仲介役に!

Pocket

どんなにゅーす?

・ネットメディア「ワセダクロニクル」が、脳梗塞の予防のために使用される「抗凝固薬」の有用性をアピールする記事を書いてもらうため、製薬会社が55万円で電通に依頼し、共同通信系のメディアで報道されていた実態を暴露している。

スポンサーリンク

シリーズ「買われた記事」01
電通グループからの「成功報酬」

あなたの命にかかわる医薬品の新聞記事が、カネで買われた記事だったとしたらどうしますか?

それが実際に起きていた、しかも何年も前からーー。

私たちがそんな疑いを持ったのは2016年の3月のことだった。

脳梗塞(こうそく)の予防に使う「抗凝固薬(こう・ぎょうこやく)」の記事をめぐり55万円のカネが動いていたことを示す資料を入手したのが始まりだった。資料を見ると、カネを払っていたのは、製薬会社の仕事を請け負った最大手の広告代理店、電通のグループ会社。カネをもらっていたのは、全国の地方紙に記事を配信する共同通信のグループ会社だ。

抗凝固薬は血を固まりにくくする薬だ。効果が高い半面、患者によっては脳内で出血する。因果関係は不明なものの、現場の医師らから数百件の死亡事例が公的機関に報告されている。製薬会社自身も「重篤な出血の場合には死亡にいたるおそれがある」と警告している。

共同通信が配信した記事は地方紙[注1]に掲載された。「広告」や「PR」などの明記はどこにもない。ごく普通の記事の体裁だった。

【ワセダクロニクル 2017.2.1.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大手マスメディアが製薬業界と金銭癒着し、世論誘導していたことを暴露している貴重な記事

りのちゃん怒りssa早稲田大学の学生さんたちが主体となっているネットメディア「ワセダクロニクル」さんが、医薬品業界と電通・大手マスメディア(共同通信)が金銭癒着し、読者の人たちを世論誘導していた実態を暴露する記事を配信しています。

これは、今まで噂レベルにとどまっていた、マスコミによる「ステルスマーケティング」を白日の元に晒している意味で、非常に価値のある記事ですね!

管理人全くその通りだし、さらに、その相手にしている業者が製薬業界ということで、ますますこの件は重大な問題があるといわざるを得ないね。

是非ともこちらから全文読むことをおススメするけど、実際に、この共同通信がステマで宣伝した「抗凝固薬」は、脳内で出血する恐れがあるなど、危険な副作用も指摘されており、(因果関係ははっきりしていないものの)現場から数百件に及ぶ死亡事例が報告されている上に、製薬会社自身も「重篤な出血の場合は死に至る恐れがある」と認めているとのこと。

DeNAによる医療関係のまとめサイト問題などで、大手メディアもこぞってこうしたまとめサイトを叩いたけど、そういう大手メディアも、こうした特定の業界との癒着などにより、金銭提供を受けて読者を誘導する記事が多数存在していることが考えられ、特に、命に関わる記事についてまで、単なる金儲けのために業者に利益誘導する記事を作成するなど、もってのほかだといえる。

こうした、いわゆるステルスマーケティングは、電通が仲介役となって新聞・テレビなどの各マスメディアによって日常的に行なわれていることが考えられ、こうしたマスメディア内部の実態や腐敗は、まさにインターネット主体の独立系メディアでしか、追及・暴露することは困難であるといえる。

こうした記事を通じて、マスコミと巨大な資本を持つ業界との不都合な関係を改めて認識できるし、大手メディアによる洗脳からボクたちが目覚めていく上で、とても重要な記事であるといえるね。

 

新聞・テレビ・インターネット上に横行する、政治に関する凄まじいまでの「ステルスマーケティング」

りのちゃん怒りssaステルスマーケティング(特定の商品・サービス・業者から利権や金銭を受け取っているメディアが、その関係を隠した上で対象の商品やサービスなどを宣伝する手法)といえば、こうした商品やサービス以外に、政治の世界でも激しく行なわれていますよね

例えば、特定の政党と繋がるネット工作員を多数動員させて、その政党に有利なネット世論を形成させるような行為も、広義的に見れば立派なステルスマーケティングかと思います。

管理人全くその通りで、例えば自民党は「ネットサポーターズクラブ」という強大なネット組織を持っているけど、こうした「ネトサポの会員であること」を名乗らずに他党の中傷や不都合な記事に中傷コメントを投稿したりしている時点で、これはステルスマーケティングと同じような行為であり、こういう例(自民党の党員や自民党から大きな利益を受け取っている人間が、その立場を隠して、色々なサイトに自民党に有利な活動を行なっているような事例)を挙げると、もう星の数ほどのステルスマーケティングに溢れ返っているといえる。

こういう活動が、実際のインターネット世論をいささか歪めているのは確かだけど、もはやこれを厳密に取り締まるのはほぼ不可能なので、まずボクたちは、政治に関する情報も含め、こうしたステルスマーケティングがあらゆる場面や分野で行なわれている現実を知るべきだろう。

例えば、アメリカで盛んに行なわれてメディアでもしきりに取り上げられている「反トランプデモ」も、ロスチャイルドと密着したグローバリストのジョージ・ソロスが資金提供し、彼がプロデュースしている情報が複数から上がっているけど、これも一種のステルスマーケティングだし、日本の大手マスメディアが安倍政権から豪勢な食事を振舞ってもらって政権に有利な記事を書いたり、政権に有利な答えを引き出すような世論調査を行なうのも、これもステマだといっても差し支えないだろう。

このように、ある業界や組織から金銭や利益を提供してもらい、それを元に一般大衆を洗脳し、世論誘導している事例は、それこそ、ありとあらゆるところで横行しまくっていると考えるべきだ。

・・・少し話が外れたけど、こういう具体的なステマに関する暴露情報は非常に貴重なので、今後もこうしたネットメディア業界は頑張ってほしいと思うし、ボクたちもこうした真に価値ある情報を共有し合って、より日本や世界で何が起こっているのかを把握していく手助けにしていきたいものだ。

りのちゃん笑顔ssa本当に、こうした学生さんが主体になったネットメディアさんには期待したいですし、こうした流れをきっかけにネット全体で、真に国民にとって有益な情報が増え、情報精度の向上に繋がっていくといいですね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket