【これは辛い】新潟・糸魚川の大火災、火元となった中華料理店の店主が謝罪文!「何ともお詫びも申し上げようもありません」

Pocket

どんなにゅーす?

144棟が焼けた糸魚川の大火災について、火元になった中華料理店の店主が、新聞の折り込みチラシを通じて各家庭に謝罪文を配布した。

・72歳の中華料理店の店主は、「鍋に火をかけたまま外出した」と話しており、鍋の空焚きが火事の原因になったと見られている。

スポンサーリンク

新潟・糸魚川大火、火元の店主が謝罪文

1

2

3

「不注意により皆様方に多大の御迷惑と御心配をお掛けいたしましたことを深くお詫び申し上げます」
謝罪文は27日と28日の2日間、新聞各紙の折り込みとして糸魚川市内1万6000戸に配布されました。発生から28日で7日目、144棟が焼けた糸魚川大火は過去20年で最悪の火災で、およそ200人が焼け出されています。

【TBS Newsi 2016.12.28.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あおいちゃんかなり困りssa糸魚川の火事、火元になった中華料理店の店主が、織り込みチラシで各家庭に謝罪文を配布したんだって。
なんだか、ネット上では「死んで詫びろ!」「全ての家に徹底的に賠償しろ!」なんて店主を叩きまくっている声も見られるけど、なんだかとっても辛い事態になってきているわね…。

管理人法律では、放火ではない限り、過失による火事については賠償責任を負う必要はない内容になっているみたいだけど、いくらわざとじゃなかったわけにしろ、火事で家を失ってしまった人のやりきれなさはとてもよく分かる

その一方で、この中華料理店の店主も、途方も無いほどの後悔と、罪の意識にさいなまれているのも想像に難くないわけで、そういう意味でも、外部の人間がこの店主を面白おかしく叩きまくるのはおかしいと思う。

中には(店主が中国系の人との噂もあり)これを民族ヘイトに結びつけて、「このシナ人は日本のために死んで詫びろ!」なんて、呆れてものも言えないような主張を繰り広げている人間もいるみたいだけど…こういうのを見ても、日本のネット界の中でも知性やモラルの著しい劣化が進んでいることを感じてしまうね…。

この店主がどうなってしまうのかもちょっと心配だけど、家を失くしてしまった人たちのために義援金などを募るのもいいかと思うし、どうにか一日も早くに街が復興することを心より祈っているよ。

そして、こういう例を目の当たりにしたボクたちも、くれぐれも自らの家が火元にならないように、一人一人が「火の用心」を徹底するようにしよう

あおいちゃんかなり困りssaほんとにそうね…。
地震や津波、洪水なんかよりも、火事の方が、(放火でない限りは)一人一人が注意することである程度防ぐことが出来るものね。

私も、家族に改めて火の取り扱いに細心の注意を払うように、よく言っておこうと思うわ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket