インプラントの治療後、3年以上経過した人たちの間で、40%以上にあごの骨が溶けるなどのトラブルが発生していたことが判明!


どんなにゅーす?

・あごの骨に金属を埋め込んで人口の歯を固定する「インプラント治療」において、治療した人の40%以上に、治療後3年以上であごの骨が溶ける病気になっていたり、その寸前の状態になっていたことが分かったという。

スポンサーリンク

インプラント治療後3年以上 40%余にあごの骨の病気や炎症

歯のインプラント治療はあごの骨に金属を埋め込んで人工の歯を固定するもので、入れ歯よりも見た目が自然で、自分の歯に近い感覚が得られるなどとして希望する人が増え、国内ではおよそ300万人が治療を受けたと見られています。

この中で、治療した部分の周りに細菌が感染して炎症が起き、金属を埋め込んだ骨が溶けるインプラント周囲炎という病気になる人が増え、日本歯周病学会が全国の実態を初めて調査しました。

治療後、3年以上たった267人を調べたところ、9.7%の人がインプラント周囲炎にかかっていて、この病気になる前の段階の炎症が起きた人を含めると43%に上るということです。

学会によりますと、この病気は、30代から60代の人のおよそ8割がかかるとされる歯周病と似ていますが、進行が非常に早く、インプラント治療を受けて半年ほどで骨が溶け始めた患者もいるということです。

【NHK NEWS WEB 2016.11.8.】

スポンサーリンク

 

みはるちゃん驚きssえええ~!!
インプラントって、保険が適用されなくって、30~40万円くらいお金がかかってしまう治療法なんですよねぇ!

そんなインプラントで、あごの骨が溶けてしまうような深刻な病気に悩まされている人がこんなにいるなんて…ちょっとビックリしましたですぅ!

管理人少しネットで調べてみたけど、インプラントについて、あまり肯定的に紹介していないページもそれなりに見つかったので、少し考え直す必要もあるのかもしれない。

あごの骨が溶ける「インプラント周囲炎」は、自覚症状がほとんどない上、一度溶けてしまうと二度と元に戻らないらしく、現状以上に骨が溶けないように処置を受けるしか方法がないという。

結構な高額な上に、あごの骨が溶けないために定期的なメンテナンスが必要(これで100%防ぐことが出来るかどうかもはっきりしない)というインプラントだけど…ボクたちは、信頼できそうな歯科医師の元できちんと相談し、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、どういう治療法が良さそうかを慎重に考えていく必要がありそうだね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA