サンデー毎日の「在特会と懇親」記事に対して稲田防衛相が起こした恫喝裁判、第二審も稲田氏側が敗訴!「記事は事実」


在特会やネオナチとズブズブの稲田防衛相によるスラップ(恫喝)裁判、またしても敗訴

稲田氏「血を流すべき」

スポンサーリンク

防衛相、在特会記事二審も敗訴

 「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と近い関係にあると報じた週刊誌「サンデー毎日」の記事で名誉を毀損されたとして、稲田朋美防衛相が発行元の毎日新聞社に550万円の損害賠償と謝罪記事の掲載を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は12日、請求棄却の一審大阪地裁判決を支持、稲田氏側の控訴を棄却した。

判決によると、サンデー毎日は2014年10月5日号で「安倍とシンパ議員が紡ぐ極右在特会との蜜月」との見出しを掲げた記事を掲載。本文では「稲田氏の資金管理団体が在特会幹部に近い人物8人から計約21万円の寄付を受けていた」と指摘して「近い距離が際立つ」と報じた。

【共同通信2016.10.12.】

管理人この裁判は、2014年にサンデー毎日が報じた「安倍とシンパ議員が紡ぐ極右在特会との蜜月」というタイトルの記事の中で、「稲田朋美氏が在特会の幹部から21万円の寄付を受け取っていた」などと書かれていたことに対して、「名誉が毀損された」などと稲田防衛相が毎日新聞に550万円の損害賠償と謝罪記事を求めて訴えていたもので、第一審は稲田氏側が敗訴

これを不服として稲田氏が控訴していたんだけど、この度またも稲田氏側が敗訴したとのことだ。

大阪高裁は「記事は事実」と認定した上で、稲田氏側の請求を全て棄却した形だけど、これは実質、稲田氏による恫喝裁判(都合の悪い情報をマスコミが報じないように脅しをかける目的で行なう裁判)であるといえるだろう。

まったく、支援者ともども、稲田氏はヤクザまがいの性質を持つ恐ろしい政治家だね。

あおいちゃんむっssaやっぱり、この人は性根が根元から腐っている感じね。
金儲けには異常にさとくて周りには怪しい宗教や排外団体の関係者ばかり

こんなやば過ぎる人が日本の防衛を牛耳っているなんて、こんな恐ろしいことってある!?

管理人そういえば、就任当時に、海外で「危険な極右政治家が日本の防衛相に」としきりに報じられていたのに対して、「誤解を解く必要がある」なんて言ってたと思ったけど、これは誤解でもなんでもなくて、「全くその通り」だと思うんだけど、どうなんだろうか。

稲田氏「誤解を払拭する」

出典:Yahoo!ニュース(FNN)2016.8.5.

あおいちゃんむっssa何のためらいもなく心にも無いことを口にしたり、平気でウソをついたり人を騙すようなコメントをしたり…一体どうして安倍政権の関係者は詐欺師みたいな人がこんなに多いのかしら?

管理人そして、ヤクザまがいの恫喝や脅しも平気で多用してくるからね。
そもそも、CIAの後ろ盾で誕生したのが自民党だし、まさに、反社会的な組織やカルト宗教など、ありとあらゆるヤバ過ぎる団体の支援を受けているのが現在の自民党ということかな。

そして、こういう稲田氏を熱烈に応援している声がネット上に多く存在していることも忘れてはならないだろう。

今回の控訴審の敗訴を受けて、今後彼女が上告するのかどうかはよく分からんけど、今後もこのような日本を劣化・破壊させるような危険な政治家が強い実権を握っていることに、最大級の警戒をしていくのが良さそうだ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA