稲田防衛相が自衛隊の壮行会で「これ(駆けつけ警護)で現地の邦人のリスクが下がる」と発言→実際には日本人はほとんど撤退済み!


どんなにゅーす?

・稲田防衛相が、2016年11月19日、青森で開かれた自衛隊の壮行会の訓示において「これ(駆けつけ警護)で邦人のリスクが下がる」などと発言。

・ところが、実際には現地の日本人は、すでに戦況の悪化でほとんど撤退している上、逆に「危険が増す」との理由で、駆けつけ警護を歓迎していないという。

スポンサーリンク

駆け付け警護「現地邦人のため」 稲田大臣のあざといウソ

稲田防衛相は、駆け付け警護について「現地の邦人にとっても、部隊にとっても、リスク低減につながる」と、19日の青森市での壮行会で訓示。まるで邦人救出のための任務のような言いぶりだったが、とんでもない。

そもそも自衛隊のPKO参加はあくまで“他国”の平和維持のため。邦人救護が主目的ではない。政府の見解も「駆け付け警護は、救援要請した団体や個人の“国籍”で区別することはない」(内閣府PKO事務局)だ。

それなのに、自衛隊部隊の出発時に、わざわざ「現地邦人のリスク低減」と強調するあたり、稲田氏の訓示は実にあざとい。

■NGOスタッフは1000人に1人

稲田氏は駆け付け警護は「邦人救護のため」と言いたげだが、南スーダンで人道支援に従事するNGO(非政府組織)のうち、日本人スタッフはどれだけいるのか。現地事情に詳しいNGO「日本国際ボランティアセンター(JVC)」によると、現在、南スーダンでは各国から約1000人がNGO活動に従事している。

「7月のいわゆる“大規模衝突”以降、日本人は周辺国から指揮を執るようになった。現在、常駐スタッフはいないと思います。今、当方の1人が今月末まで出張で訪問しています」(JVC広報担当)

日本人のNGOスタッフの割合は1000人に1人。とっくに撤収していることを恐らく知りながら、稲田氏は“邦人のリスク低減”などと言い張っているのだ。まさに「針小棒大」。国民をあざむく、印象操作のそしりは免れない。

【日刊ゲンダイ 2016.11.23.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「自国民を守る」目的で入隊した隊員を「日本人を守る任務」と誤認させようとする、ペテン防衛大臣の稲田氏

あおいちゃんキレ1ssa稀代の問題児ぞろいの安倍政権の一員の稲田大臣が、またまた悪質なウソをついたみたいね!

「駆けつけ警護で現地の日本人が守られる」なんて言いながら、実際にはすでに日本人はほとんど撤退済みの上に、残っている人たちから、「余計に危険が増すから来てほしくない」って…一体これはどうなっているのよ!?

管理人そもそもPKOの任務そのものが、現地の日本人を守るためのものなどではなく、「その国の治安を守るため」に行なうものであり、駆けつけ警護自体も、国籍に関係なく要請された案件に駆けつけることが定められている

つまり、南スーダンの活動の大義そのものが「日本人を守る目的などではない」ということだ。

こういう性質(日本と全く関係のない紛争や戦闘に介入し、他国の治安維持活動に参加する)のあるPKOに疑問を持ち始めている自衛隊員がいる中で、稲田氏が「こういう文言」を持ち出していること事態が、隊員を騙そうとしている本心が出ているし、本来であれば、自衛隊員の命を極力守る立場であるはずの防衛大臣として、あるまじき不誠実な行為だといえる。

しかも、現地に僅かに残っている日本人にとっても、非武装で友好的な立場をアピールすることで安全が確保されていた中、武装した自衛隊が入ってきてしまうことで、逆に武装勢力とみなされる危険性があるようで、この動きを全く歓迎していない声があるようだね。

あおいちゃんひええssaそれって、まさに最悪のメチャクチャな展開じゃないっ!!
今まで何とか安全が確保されていた人たちが逆に危険になるばかりか、自衛隊員も無駄死にするリスクが余計に出てきたなんて…一体安倍政権はどこまで日本人を危険に晒せば気が済むのよっ!?

管理人だから、「戦後ダントツに最悪の政権」だって、ボクがずっと言い続けているんだよ。

安倍政権の閣僚みんなが発する言葉自体が、日常的に人々を騙す「ウソ」や「ペテン」に満ちているし、自衛隊員にこうした詭弁を撒き散らしつつ、本人は防衛関連株のインサイダーでホクホクの稲田氏についても、徹底的に国民が批判して、一日早くに辞任に追い込まないとダメだと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA