自衛隊日報の組織的隠蔽報道について、稲田防衛相や防衛幹部が揃って否定!豊田官房長「わたしの記憶では絶対に無いはずだ」!

Pocket

どんなにゅーす?

・当初は「破棄した」としていたものの、実際には存在していた自衛隊日報を防衛省幹部と稲田防衛大臣が組織的に隠蔽したとされる疑惑について、稲田氏や防衛省幹部がこの報道を揃って否定した。

・稲田氏は「非公表を了承したという事実は全くない」と否定するコメントを出しており、会議に同席していたとされる黒江事務次官は「稲田氏が非公表を了承した事実関係は無いと思う」と話し、豊田官房長も2月15日に会議があったかどうかについて、「わたしの記憶では絶対に無いはずだ」と否定している。

スポンサーリンク

PKO日報非公表「了承」報道、稲田防衛相ら否定

南スーダンPKO参加の陸上自衛隊の日報をめぐっては、防衛省・自衛隊の最高幹部が今年2月15日の会議で、陸自内に日報が保管されていた事実を非公表とする方針を決め、稲田防衛大臣も“了承していた”と共同通信が18日に報じました。これを受け、稲田氏は19日朝、「非公表を了承したという事実は全くない」と否定しました。

また、会議に出席したと報じられた黒江事務次官は「稲田氏が非公表を了承した事実関係は無いと思う」と否定。また、豊田官房長も2月15日に会議があったかどうかについて、「わたしの記憶では絶対に無いはずだ」と強く否定しました。

「即刻、安倍総理が稲田大臣を罷免するようにと。そのことを安倍総理に求めるようにということを要請を致しました」(民進党 山井和則国対委員長)

民進党の山井国対委員長は、19日朝、自民党側に事実であれば内閣改造を待たずに稲田防衛大臣を直ちに罷免するよう安倍総理に伝えることを求めました。民進党はまた、急遽、党の会合を開き、稲田大臣の出席を求めましたが、稲田大臣が欠席したため、防衛省担当者らに対し、事実関係を追及しました。

【TBS News 2017.7.19.】

スポンサーリンク

 

稲田大臣「了承したとかいう事実はまったくない」、防衛省幹部2名「事実関係はないと”思う”」「私の”記憶”では絶対にない”はず”だ」

稲田大臣が事前に自衛隊日報の組織的隠蔽を了承していたという共同通信のスクープに対して、当事者3名がこれを否定するコメントを出しました。
とはいっても、稲田さん以外の2人の防衛省幹部は、しっかりとその発言が「完全な虚偽」にならないような”一言”を付け加えている状況ですが…。

特に、豊田官房長の「私の記憶では絶対にないはずだ!」という言葉は、「絶対に」の言葉と、「私の記憶では…」「…はずだ」とが完全に矛盾していて、なかなか笑えるコメントだね。

まったく、稲田大臣は一体どれだけ不祥事が出てくれば気が済むのか、呆れてものも言えないよ。
民進党が求めた緊急会議の出席要請についても、稲田氏を含む幹部一同が出席を拒否したみたいだし、この件においても、早速加計や森友と似たような展開になってきている感じがするね。

共同通信のスクープ以外に朝日新聞も独自に報じているし、是非ともメディア各社は丁寧に取材した上で、この件の続報を報道してほしいものだ。

安倍総理は13日にメディア幹部のお友達たちを集めて夕食会を開きましたが、やはり、現在のマスコミはすでに、安倍総理の思い通りに完全にコントロールできなくなっているみたいですね。
この調子で、安倍政権の腐敗の内情をより詳しく伝えることで、国民の間で今以上に安倍政権への危機感が広がっていくのを願うばかりです。

こうしたマスコミの動きを見ても、もはや安倍総理は経済界や資本勢力などの権力層から完全に切られていると見て良さそうだ。
この先、ますます安倍政権の醜聞報道ポスト安倍の動きが加速していくと思うので、今後の政局にも注目していこう。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket