【これは酷い】今村復興相が再び記者会見を強制打ち切り!前回と同じ記者からの質問に不愉快そうな表情とともに「もういいよ!」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年4月21日の記者会見において、今村雅弘復興相が前回の「自主避難者は自己責任」の”ブチ切れ”会見に続き、再び苛立った様子で会見を打ち切る事態が発生した。

・今村大臣は、前回と同じ西中誠一郎氏から「自主避難者が支援を打ち切られたことで行き場のない人達がいる。国が調査しないと実態が分からないのでは?」質問に対して、明らかに不愉快そうな様子を見せ、「いろんな方がいらっしゃる。よく聞いてから対応したい」と答えたものの、「把握できるのか?」と再度質問しかけたところ、「もういいよ!」と一方的に質疑を打ち切りに。この今村大臣の反省の無いような対応に、多くの批判が噴出している。

スポンサーリンク

<今村復興相>また質問打ち切り 前回と同じ記者

東京電力福島第1原発事故の自主避難者に対する発言で批判を浴びた今村雅弘復興相が21日の閣議後記者会見で、フリーランスの記者からの質問を「もういいよ」と遮る一幕があった。

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2017.4.21.】

まったく反省なし! 今村復興相がまた質問を勝手に打ち切り! 「自主避難は自己責任」と被災者を追い詰める大臣など即刻辞任しろ

質問をした記者は、本サイトの取材にも応じてくれたジャーナリストの西中誠一郎氏だが、毎日新聞によれば、西中氏は「自主避難者への住宅支援が打ち切られ、行き場のない人もいる。国が調査しないと、実態が分からないのでは」と質問し、今村復興相は「いろんな方がいらっしゃる。よく聞いてから対応したい」と回答。これでは前回の会見と同じで自主避難者への対策を国が見ないふりをしているようなものだが、西中氏が「把握できるのか」と再び問いかけようとすると、今村復興相は〈いらだった様子で「もういいよ。他の人どうぞ」と質問を打ち切った〉というのだ。

今村復興相は4日の態度が問題となった後の6日に「自己責任という言葉づかいはよくなかった。深くおわびする」「(記者に対して)感情的になってしまった」と陳謝したが、舌の根が乾かぬうちにとはまさにこのことだ。

しかも重要なのは、今村復興相は「自己責任」発言の何が問題であったかをまったく考えてこなかったことだろう。発言後は自主避難者たちから怒りの声が上がり、6日には原発事故被害者などの4団体が共同で約3万人もの「辞任要求」のインターネット署名を復興庁に提出。村井嘉浩・宮城県知事も10日に「避難せざるを得ない原因は原発事故で、東電や政府の責任は免れない。避難者に失礼」「言葉一つで被災者を傷つけることを忘れないでほしい」と苦言を呈していた。

【BIGLOBEニュース(リテラ) 2017.4.21.】

↓問題の会見の様子。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネットからは「お前がもういいよ!」との声が多数噴出!”反省ゼロ”だったことが明らかになった今村復興相に再び国民から批判が殺到

出典:YouTube

あの耳を疑うような激高会見を受けて安倍総理とともに謝罪をした今村大臣でしたが、再び、西中さんからの質問を「もういいよ!」と強制的に打ち切りにした会見に大きな批判が集まっています。

これで、この前の謝罪もただの「口先だけ」だったことがはっきりしましたね。

あんな簡単な謝罪だけで人間変わるなんて、普通に考えてもそうそうないからね。
今でも、彼も安倍総理も「自主避難者は自己責任」だと心の底から思っているだろうし、安倍政権からの帰還の「号令」に従わずに、国を妄信せずに自分自身の判断で自主避難を続ける人たちのことを彼らは今でも心底「非国民」などと怒っているのだろう。

今でも自身が持っている東電株が上がってほしくて、何とか原発事故を「無かったこと」にしようと一生懸命なのだろうし、お上(安倍帝国)の言う通りに大人しく帰還してくれない自主避難者がうっとおしくてしょうがないんだろうね。

ここまで国民を心底見下げながら、どんな不祥事を起こそうとも平然とふんぞり返っている安倍政権に対して、納税者であるボクたちが徹底的に怒っていくのは当たり前だ。
そして、今村復興大臣も稲田防衛大臣もそして山本地方創生大臣辞任するにあまりあるほどの問題を犯している状況だし、そもそも、安倍政権そのものをいい加減に終わらせないと、いよいよとんでもない社会になってしまってしまうと思うよ。

ストーカー重婚の中川経産政務官速攻で尻尾切りされましたが、これらの安倍総理の腹心のお友達(日本会議カルト閣僚)とあまりに対応が違いすぎます
もっと、こうしたおかしな状況を客観的に認識した上で、私たち日本国民はもっとしっかりと怒りの声を上げていく必要があるのではないでしょうか

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket