【重要】15年4月に今治市職員が官邸訪問した際に「加計学園の幹部も同行」と市の関係者が証言!下村博文氏とも挨拶したとの情報も!

Pocket

どんなにゅーす?

・今治市が国家戦略特区の獣医学新設を国に提案する2ヶ月前の2015年4月2日に、今治市の複数の職員が柳瀬首相補佐官(当時)と首相官邸で面会していたことが判明した件で、新たに今治市の関係者が、この面会に複数の加計学園の幹部も同行していたことを証言した。

・さらにこの関係者は、面会中に当時の文科相だった下村博文議員も官邸にやってきて、「やあ、加計さん。しっかりやってくれよ。」との挨拶を交わしたとも証言下村氏や加計学園、今治市がこの時点から「加計ありき」で動いていた重要情報として、ネット上でも注目を浴びている。

スポンサーリンク

速報 安倍政権が隠蔽した加計学園幹部、首相秘書官、今治市の”謀議” 官邸で特区申請前に 

いまだ真相究明に程遠い状況の加計学園問題。中でも最大の謎の一つが、2015年4月2日、愛媛県今治市の職員2人が「獣医師養成系大学の設置に関する協議」のために首相官邸を訪問していることだ。

訪問の時期は、今治市が国家戦略特区を使った獣医学部の新設を国に提案するより2カ月も前──。市町村の課長クラスが官邸を訪問することも異例だが、安倍官邸が訪問の詳細を頑なに明かそうとしないことから、問題の〝核心〟との疑念が深まっている。

~省略~

8月2日には、愛媛県の中村時広知事が、この訪問に県職員3人も同行していたことを明かした。徐々に真相が明らかになる中、8月8日発売の「週刊朝日」では核心に迫る新たな証言を詳報している。

今治市の関係者がこう明かす。

「実は、問題となっている訪問には、複数の加計学園幹部が同行していたのです。加計学園側から今治市に連絡が行き、官邸訪問が実現したようだ。当時はまだ国家戦略特区の枠組みがどうなるかもわからない段階。首相秘書官から『準備、計画はどうなのか』『しっかりやってもらわないと困る』という趣旨の話があった。最初から『加計ありき』を疑わせるような訪問で、萩生田(光一前官房副長官)、柳瀬両氏が国会で頑なに資料、記憶がないと言い張ったのは、詳細を明かせば、それが一目瞭然でバレてしまうからではないのか」

~省略~

前出の今治市関係者がこう続ける。

「面会のため一行が官邸内に入ると、下村博文文部科学相(当時)もやってきて言葉を交わしたそうです。『やあ、加計さん。しっかりやってくれよ』というような話も出たと聞いています」

当日の首相動静を確認すると、下村氏は15時35分から57分まで、山中伸一文科事務次官(当時)とともに官邸で安倍首相と面会している。一方、今治市の記録では職員らが官邸を訪問したのは15時から16時半までで、確かに官邸内にいた時間は重なる。

【dot. 2017.8.6.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

下村氏「やあ加計さん。しっかりやってくれよ。」下村氏と加計学園が繋がる今治市関係者による重要証言!

出典:ウィキペディア

週刊朝日(dot.)さんがとても重要なスクープを出してくれました!
今までも、15年4月2日の今治市職員による「謎の官邸訪問」が大きく取り沙汰されてきましたが、なんとこの場に加計学園の幹部、そしてあの下村博文氏もやってきていたというのです。
これは、加計学園の謎を解明する上でのとても大きな証言ではないでしょうか。

この15年4月2日というのは、今治市が国家戦略特区に獣医学新設を国に提案する2ヶ月も前のことで、「この時点から”加計ありき”で国と今治市が一緒になって進めていたのではないか?」との疑惑が持ち上がっていたんだけど、なんとこの場に加計学園の幹部も同行していたとの証言が出てきたことで、ますますこの疑惑をより補強する情報が出てきたことになる。

そして、これに加えて、当時の文科相だった下村氏までもが官邸にやってきて挨拶を交わしたというのは、以前より大きくくすぶってきた下村氏と加計学園との疑惑についても繋がってきた感じがするね。

下村博文氏といえば、加計学園から収支報告書に記載されていない(最低でも)200万円もの献金を受けていたことが発覚しており、本人が「都議選後にしっかり説明する」と言いながら、いまだに全く説明を行なっていない実情があります。

下村氏が「やあ加計さん。しっかりやってくれよ。」と挨拶をしていたということは、この場に加計孝太郎氏本人がいたということになるのかな?

この面会に応対していた柳瀬氏は、「自身がその場にいたかどうか」そのものについても「記憶にない」をひたすら連発し、下村氏の事務所側もこの面会の場に下村氏がいたことや、この面談をセッティングした事実もないと、ひたすら否定している状況で、さらには今治市や加計学園からは問い合わせに対して有効な返答はなかったとのことだ。

どちらにしても、この15年4月2日の「謎の面会」について、当事者たちが一生懸命に隠そうとしているのは確かで、疑惑の謎を解く上で、大きなキーポイントとなる要素が多く含まれていることが考えられるね。

そして、下村氏が加計学園と非常に昵懇だった痕跡が新たに出てきた分、以前から取り沙汰されてきた彼の加計学園からの違法献金疑惑についても、今後さらに追及していく必要がありそうです。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket