【騒然】東京医科歯科大病院内で歯科医が刺され、重傷!日本医科大の学生・渡辺祐介容疑者が逮捕!床にはナイフと牛刀が!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年5月9日午前10時40分頃、東京都文京区湯島の東京医科歯科大病院6階の処置室で、非常勤の歯科医の男性(41)がやってきた男に腹部などを複数刺される事件が発生。

犯人は日本医科大学の学生・渡辺祐介容疑者(30)で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕。刺された歯科医の男性は重傷を負ったものの、命に別状はないという。

・警察が駆けつけると、現場の床には刃渡りおよそ15センチのペティナイフと、およそ21センチの牛刀が落ちており、同じ階のトイレには容疑者のものと見られる包丁の入ったバッグがあったという。

スポンサーリンク

東京医科歯科大学の付属病院で男性医師刺した疑い、医大生逮捕

「担架で運ばれていった人がいた。顔にガーゼみたいなものがはってあった」(被害者を見た人)

「白衣を着た先生がパトカーで連行された。白衣には腰のあたりから裾にかけて血が飛び散っていた」(容疑者の目撃者)

刺した男は、文京区に住む日本医科大学・医学部の渡邊祐介容疑者(30)で、その場で取り押さえられ、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。取り調べに対し、渡邊容疑者は、「刺したことに間違いない」と容疑を認めているということです。

【TBS News 2017.5.9.】

両手に刃物、歯科医狙う?=逮捕の男「個人的な付き合い」-医科歯科大病院・警視庁

東京医科歯科大歯学部付属病院(東京都文京区)で男性歯科医(41)が刃物で刺され重傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された日本医科大医学部4年渡辺祐介容疑者(30)が両手に刃物を持ち、歯科医に向かって行ったことが9日、警視庁本富士署への取材で分かった。同容疑者は「(歯科医と)個人的な付き合いがあった」と話しており、同署は歯科医を狙ったとみてトラブルの有無など詳しい動機を調べている。

【時事通信 2017.5.9.】

白昼の大学病院で、衝撃的な殺人未遂事件が発生したみたいですねぇ…。
患者さんで来ていた人たちも、突然の惨劇にかなり騒然としたのではないでしょうかぁ?

ほんとに、一体この二人の間に何があったのか!?という感じだね。
報道によると、犯人は、両手に刃物(ぺティナイフと牛刀?)を持っていきなり歯科医の男性を襲ったらしく、さらにはこの他にも包丁が入ったリュックが同じ階のトイレに残されていたらしい。

ここまで大量の刃物を持って、白昼の病院に突入するというのも、完全に常軌を逸しているし、おおよそ医師を目指している医大生とは思えない行動だ。

取り調べで「(刺した歯科医師と)個人的な付き合いがあった」と話しているみたいだし、二人についての関係性とともに、この犯人の精神状況についても注意深く分析していく必要があるかもしれないね。

最近は医大生の不祥事が多い気がするのも気になってしまいますねぇ。
どうしてこの医大生がここまで自暴自棄の凶行に走ってしまったのか、その真相を解明して欲しいと思いますですぅ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket