大阪・市場ずし難波店が外国人だけに大量のわさびを入れていた!?お店は謝罪文を掲載するも、さらに批判が殺到!


店側は「外国人からわさびの要望が多くあるので、自然と増えていった」と説明

スポンサーリンク

「わさび爆弾」市場ずしが謝罪 差別は否定

2

3

5

この問題は、大阪・中央区の寿司店「市場ずし難波店」で、韓国人などの外国人観光客が訪れた際、通常より明らかに多いわさびが入れられたとして、インターネット上で「わさび爆弾」などと批判されていたものです。「市場ずし」を運営する藤井食品は、ホームページに謝罪文を掲載。3日朝、取材に応じた難波店の店長は「一部の職人が外国人にわさびを多く握っていた」と認めたうえで、差別的な意図は無かったと説明しました。

「外国の方が来たら、ほとんどが『ワサビ、ワサビ』とおっしゃるので、自然と量が増えていった。嫌がらせとかではまったくないです」(「市場ずし難波店」店長)

【毎日放送2016.10.3.】

管理人大阪市・中央区にある「市場ずし難波店」で、外国人だけに大量のわさびを入れていた疑いが発生し、ネット上で批判が殺到。
お店側がこの事実を認めて、謝罪文を掲載するほどの騒ぎになっているようだ。

これは、実際にお店を訪れた韓国人の彼氏を持つ日本人女性が、ツイッター上でこうした実体験を明かしたことがきっかけになって、情報が拡散。
中に入れられたわさびの量は尋常なものではなく、涙を絶えず流しながら、無理やり飲み込むくらいに大量だったようで、また、目の前にその寿司を握っている板前がいたことから、これに対する文句や注文をつけることもできずに、何とか我慢して二人で食べたのだという。

ネット上では、こうしたお店の対応に疑問が広がり、問い合わせが殺到。
これを受け、お店側が下記のような謝罪文を掲載する事態になったということだ。

「すしに多くのわさびを乗せていた件ですが、こちらはそのような事実がありました。海外から来られたお客様からガリやわさびの増量の要望が非常に多いため事前確認なしにサービスとして提供したことが、わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました」

「また、従業員による民族差別的な発言に関してはそのような事実は確認できませんでした」

【Yahoo!ニュース(BuzzFeed Japan)2016.10.3.】

このように、外国人に対する差別の意図はなかったことを強調したものの、これに納得のいかないネットユーザから、さらに批判が殺到する事態になっているみたいだね。

みはるちゃん困りssaむむぅ…これはまた、なんともおかしな騒動ですねぇ…。
「外国人からわさびの要望が多いから大量に入れるようになった」なんて…確かにちょっと違和感を感じますねぇ。

 

お店のメニューには複数の外国語も…

 

管理人お店のメニューには英語だけでなく、中国語や韓国語まで書かれていて、外国人もウェルカムな雰囲気が作られていたみたいだ。
しかし、どうして、こういう騒ぎになってしまったのか?

情報を見回すと、確かに、外国人の中には辛い物好きも多く、わさびを多く欲しがる人も結構いるらしい
なので、もしかしたら店側もそこまで悪気は無かった可能性もあるかもしれないけど、やはり中には辛いものがあまり得意でない外国人もいるだろう

他にもこのお店に関して色々な情報が飛び交っているし、もしかしたら本当に悪気はなかったのかもしれないけど、その辺の配慮がなかったせいでこういう騒ぎになってしまった可能性はあるかもしれないね。

なるほどぉ。
どうか、板前さんも悪気がなかった上でこうしたことをしていたことを祈りたいですねぇ。

管理人まあ、本当のところは分からんけどね。
とりあえず、店側も今後はこういうことはしない(わさびと寿司とを分けて出すとのこと)ということみたいなので、今後は気をつけて欲しいものだね。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA