「偏っている」「公平中立」を履き違えてしまう不思議な人々

Pocket

スポンサーリンク

管理人お陰さまで、うちも少しづつですが知名度が出てきたみたいで、それなりに色々な反応や声をいただけるようになってきたのですが、やっぱり世間の色々な声をいただいていると、日本の人々の想像以上にマズイ現実に気づかされてしまうこともしばしばありまして。

その中でも、最近思ったのは、「偏っているから公平にしろ」「左の意見ばかりだから右の意見も取り上げろ」という声が思った以上にあるんですね~これが。

そして、やはりというべきか、いまだに完全に「左」やら「右」やらの意味を勘違いしては、その上これらに異常に固執する人が多いんです、これがまた。

このサイトを表立って批判したいがために、そういう言説(幻想)を持ち出すのならまだしも、アンケートでもこうした回答をいただくことがしばしばあるので、(回答をいただけるのはありがたいのですが)「ああ、やっぱりそういう現実なのか…」と思ってしまうのです。

前にもどこかで書きましたが、「なんでその人個人やサイト単位で、わざわざ双方の意見を取り上げなイカンのか?」(しかもここまで自民党ヨイショサイトがたくさんあるのに)という話なんですよ。

民主主義の観点で問題なのは、共同体や組織、業界、社会全体を通じて、異なる意見や考えを持つ人たちの声を無視したり封じ込めてしまうこと」であって、サイト単位、番組単位では、別に双方の意見を取り上げるのかどうかは自由であり、こうした個の単位までも「安倍政権支持の視点も取り上げるべき」「双方の声を汲んで公平中立にしろ」という理屈は完全におかしいんです。

それこそ、個人の表現の自由にずかずかと踏み込んで、他人の思想や考えを自分好みに強引に変えさせようとするくらいに、傲慢で自分勝手な行為であり、これも立派な言論(表現)弾圧の一つなんですね。

なんでそんな簡単なことが分からないのかがとても不思議なのですが…分かっているなら確信犯(民主主義の原則を否定する人々)であり、分かっていないのならこっちの方が深刻かもしれません。

やはり、こういう声を実際に受け取ると、安倍政権の支持率が高いのも少しだけ納得してしまうというか、日本の人々が想像以上に洗脳されている「オソロシイ現実」を垣間見たりしてしまいます。

そして、偏っている偏っていない以前に、日本や世界の危機や現実がまるで理解できていないからこそ、(目先の自分たちの利益しか目が無く、偏狭で折れ曲がった価値観でしか社会を見れていないために)「安倍政権支持の声も載せろ」という声があるのでしょう。

当サイトは、安倍政権を批判するのが目的で運営しているのではないです。
(褒めようと思っても、どこをどう探しても褒める点がないだけ)
ていうか、ここで書いても無意味かもしれませんが、、、ここを読んでくださっている当サイトの運営方針を理解していただいている読者の皆さまであれば、言わずともそんなことはご理解いただけているかと思います(^^)

それくらいに、世界は(日本も)大規模な戦争やカオスに向かう寸前の危機的状況なのです。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

4 Comments on 「偏っている」「公平中立」を履き違えてしまう不思議な人々

  1. いつも精度の高い記事を発信してくださり、ありがとうございます。
    私も、安倍政権の支持率が高い理由が少しは分かる気がします。実際は政治自体に無関心・不支持の人が多くて、結果安倍政権を支持している人が多い実態になってる…ということだと思いますが。
    これだけ矛盾だらけでメチャクチャでも、まかり通っちゃうのが、今の日本の現実で。整合性とか、関係なくて、正論も関係なくて。多くの人がよく分かってないし、どうでもいいと思ってるし。あと、権力のある人たちの世界って、筋が通ってなくてもどうにでもなるのかなと思います。安倍政権とは比べ物にならないくらい小さな権力ですが、私の身近な所でもそういう事例があるので…。
    絶望的な気持ちになりながら、それでも、何とか自分にできることをやっていかないとなぁ…と思っています。私も管理人さんを見習って、自分がやりたいことで社会にも貢献できることをやりたいなぁと思います。
    いつも言ってますが、応援してます!

    • 逢坂さん

      本当に、冗談抜きで、逢坂さんのようなメッセージこそがサイトを続ける原動力になっています!(涙)
      出来る限り分かりやすい言葉と表現で、伝えたいことを伝えようと努力しても、分からない人にはやっぱり分からないというか、いざそういう現実に直面すると、やっぱりちょっと凹みますね。。。
      そして、すでにガチガチの洗脳に凝り固まっている人の意識を変えていくことがどれだけ難しいことかも、痛感している毎日です。

      やはり、ボクも逢坂さんも同じ感覚で、理屈とか、正論とか、筋道とか関係無しに、その立場や権力”そのもの”が全てを超越して「この人が言うのだからこうなのだ」としてしまう風習みたいのが日本には根を張っている気がしていて、これが政治やメディアの腐敗を引き起こし、「我関せず」というような薄情さや冷やかさ、無気力さが、ますますこの腐敗に拍車をかけているような感じがします。

      逢坂のような優しさと熱意のある方々に支えられているありがたさを噛み締めつつ、この現実を共有しながら出来ることを共にやっていけたらと思っています!
      いつも、本当にありがとうございます!(^0^)

  2. 実は、私はちょっと昔、、、小沢さんの悪口ばかり書いてるブログに喧嘩売ったことがあるんです。
    まぁ、そこのブログ主が新聞報道を鵜呑みにし、悪意をこめた書き方でしてね。
    あんまり頭にきたから、「あんたの知ってる情報は、一部だけ、、、あるいは誘導されたもの」として、正しい(と私が思う別の)情報を教えてやったのですよ。  そしたら、頑として受け付けず、ひたすらこちらの全否定、、、最後は感情的闘争になり出入り禁止になりました。

    ・・・・なんて書くと、ゆるねとさんのこんかいの記事の趣旨に反する書き込みのようですが違うんです。
    思想信条はともかく、マスコミ報道のような世間に流布されたものとは違う別の見方を提供されることが大事なのです。
    私は、それで・・・まぁそういった行動をとったけどという顛末です。
    ゆるねとさんは、マスコミとは違ったものの見方、、、でもけっしてあの「沖縄・ニュース女子」のような、悪質な嘘、断定ではなく可能性、推論という形で提示されています。
    それを信じるかどうかは読者の自由です。
    特に最近のマスコミは明らかな嘘、(真実を無視というものも含め)が多いので、私も、ゆるねとさんの示してくださる推論、そして新事実には敬服しています。
    どう採るかは読者の勝手、仮説推論も含めた時事情報まで制限をかけるな!という話です。

    • 京一郎さん

      なるほど…そのようなことがあったのですね。
      ボクも、全く違う立場や環境の人が発しているブログやサイトを見て、カチンと来ることがままありますが、まあ、色々な人がいるものです。
      (でも、主に自民党賛辞系のサイトは、大抵自民から美味しい思いをさせてもらっている側の人によるものかとボクは思っています。だから、そういう人には何を言っても暖簾に腕押しだったりするんですよね…^^;)

      >思想信条はともかく、マスコミ報道のような世間に流布されたものとは違う別の見方を提供されることが大事なのです。

      >特に最近のマスコミは明らかな嘘、(真実を無視というものも含め)が多いので、私も、ゆるねとさんの示してくださる推論、そして新事実には敬服しています。

      とてももったいない言葉をいただけて、とても嬉しいです(^^)/
      なるほど、確かに、そういう考え方もありますね!
      あえて大手マスコミが報じていない(報じられない)視点に基づいて、独自の感性や推理力を用いて様々な可能性や推論を行なう…これは、ユーザーに多様な情報を提供し、多角的な視点を養っていくためには、決して有害なものではないはずです。
      そして、今回のように、情報のあり方や扱い方を色々な見方で建設的に語り合うようなことも、より一歩先に進んだ情報リテラシーを養う上で、有益なことかと思います!

      いつも、参考になるようなお話をいただけて、本当にありがとうございます!(^^)

      追伸:安慶田副知事の件、少し情報を探してみたのですが、やはりあまりにも情報が少なすぎて、記事化することが出来ませんでした> <
      この件に興味を持って、周辺を嗅ぎ回ってくれるような取材力のあるメディアさんが出てくればいいのですが…。
      本当に、大手も含めてあまりにも情報戦が激しくなっており、よりしっかりとした視座やポリシーを持って情報を受け取らなければならない時代になっているのを痛感しています。

Comments are closed.