【酷い】福井県が県庁前での脱原発デモを中止するように要請!「外観上好ましくない」などの苦情が10件寄せられたため!

Pocket

どんなにゅーす?

・福井県が、県庁前で原発に反対するデモ活動を行なっている市民団体「サヨナラ原発福井ネットワーク」に対し、活動を自粛するように文書で要請していたことが判明。ネット上で物議を醸している。

・県側は「横断幕やのぼりが外観上好ましくない」「音が大きくて不快」などの苦情が10件ほど寄せられたことを理由にしており、市民団体側は「警察から許可を得ているのにおかしい」「市民の言論活動の萎縮に繋がる」などの理由で県に抗議しているという。

スポンサーリンク

反原発活動の中止を要請 福井県「美観上好ましくない」などの苦情受け

福井県が県庁前で反原発のアピール活動をしている市民団体に対し、活動を自粛するよう文章で要請したことが分かった。4月21日、毎日新聞などが報じた。市民団体の4人はこの日、活動の自由が制限されるおそれがあるとして、公開質問状を県に提出した。

朝日新聞デジタルによると、県側は3月31日、活動後のメンバーに文書を手渡した。文章には要請の理由として、「活動の音量が大きくて不快」「横断幕やのぼりは美観上好ましくない」「通行の妨げ」といった苦情が県に寄せられているためとの内容が書かれていた。NHKニュースによると県に寄せられた苦情は10件だった。

【ハフィントンポスト 2017.4.22.】

スポンサーリンク

 

すでに地方でも浸透しつつある安倍政権の「デモはテロ」の思想

福井県で、脱原発活動のデモを行なっていた団体に県が中止要請を出していたことが物議を醸しています。

これは、言ってみれば、安倍政権による共謀罪が施行された「未来」を予感させる動きではないでしょうか?

これは驚いたね。
国民全体を見ても、脱原発を希望している国民は6割以上存在している世論調査の結果が出ているのに、たった10人の苦情の声を理由にして、原発反対の声を封じ込めようとしているとは…。

数十万人規模以上の苦情が来たのならまだしも、これじゃあ、電力関係者や既得権側の人間が「ヤラセ」で苦情を行なうことだって簡単に出来るし、そもそも警察からも許可をもらっている健全なデモを原子力ムラの利益のために封じ込めるというのは、まさに、安倍政権の最近の動きとそっくりだ。

まさに、「反権力・反原発・反政府デモはテロ(政権賛辞デモはOK)」という考え方そのものだし、ボクはむしろ、自由にデモをしたり、自己主張を気軽に行なえる世の中こそが、健全で見通しのいい民主主義の社会なのではと思うけどね。

確かに、一方的に権力側の圧政に耐え、デモも自己主張も出来ない世の中というのは、とても不健全で暗い社会ですよね。
北朝鮮などにも同じことが言えるでしょうけど、日本もそうした世の中になりつつあるということですね。

共謀罪が強行的に施行されてしまうと、こうしたデモ活動も取り締まりの対象になってしまう可能性が高いだろうね。
こういうニュース一つとっても、この先の日本の未来を案じずにはいられないよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket