【もはや何でもアリ】安倍政権が昭恵夫人について「首相夫人は私人である」を閣議決定!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年3月14日、安倍政権は安倍昭恵総理夫人について「首相夫人は私人である」との見解を閣議決定した。

・昭恵夫人については、公務員5人が日頃から同行しており、その立場や社会的責任から「公人ではないか?」との声が有識者や国民から多く出ている状況

スポンサーリンク

首相夫人「公人でない」=政府

政府は14日の閣議で、安倍晋三首相夫人の昭恵氏について「公人ではなく私人であると認識している」との答弁書を決定した。

民進党の逢坂誠二氏への質問主意書に答えた。学校法人「森友学園」への国有地払い下げ問題をめぐる国会質疑では、4月開校予定だった小学校の名誉校長を務めていた昭恵氏が公人か、私人かが論点となっていた。

答弁書は「『内閣総理大臣夫人』とは内閣総理大臣の配偶者を指して一般的に用いられる呼称で、当該呼称を用いるに当たり、公務員としての発令を要するものではない」と説明した。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2017.3.14.】

出典:瑞穂の国記念小学院
スポンサーリンク

 

国民の声を徹底無視し、自らに都合のいい事柄を次々と閣議決定!安倍政権の国家の私物化はもう止まらない

安倍政権が、ついにこんな閣議決定を行ないましたっ!
とにかくなりふり構わずに、森友学園での安倍昭恵夫人の名誉校長の事実を矮小化させて、意地でもこの問題を闇に葬り去って政権を維持させようとする安倍政権の常軌を逸した”執念”みたいなものを感じます…!

どうやら今でも安倍政権は、あらゆる手段や工作を用いて強引にこれを幕引きさせれば、なんとか国民を押さえつけて政権を延命させることが可能だと踏んでいるみたいだね。

あの後藤謙次氏ですらも、昭恵夫人のことを「公人中の公人」と言っているし、税金で旅費を出したり、公務員の付き人をつけているのはもちろん、総理に次ぐくらいに世界に向けての「日本国の顔」であるのだから、総理夫人はどう見ても、公人中の公人だろう。

森友学園事件の政権の責任を何とか「なかったこと」にして、ウヤムヤにする目的での閣議決定であることはミエミエだし、税金で食わせてもらっているにもかかわらず、ここまで国民を舐めきってバカにしているのだから、とにかく国民は徹底的に安倍政権に怒る必要があると思うよ。

本当に、安倍政権のかつてなかったまでの独裁化と、民主主義や倫理観、モラルの崩壊がまったく止まりませんね。
もはや政権を延命するためなら何でもアリの状況になりかけているのが、何とも嫌な感じです。

もし100万人規模のデモでも開催できたら、あっという間に政権が転覆するのではと思うけどね。

とにかく、出来る限りの手段を使って、国民のこと(民主主義)を100%忘れてしまった安倍政権に対する怒りの声を上げ続ける必要がありそうだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket

2 Comments on 【もはや何でもアリ】安倍政権が昭恵夫人について「首相夫人は私人である」を閣議決定!

  1. お久しぶりです。
    下らないことに時間使ってるなら、多くの国民のための労働基準法を作って欲しいですね。国有地売却問題も下火になってきてうやむやにしようとしていますね。南スーダンの自衛隊撤退を餌に沈静化しようとしてますね。ただ、自衛隊の方の撤退はよかったです。
    後は芸能人の麻薬取締とかでも出すのでしょうか?大物芸能人がスケープゴートにされるかもしれないですね。
    それと、明日の3月15日は、オランダ下院選挙、FOMCが利上げするかどうかなど、目白押しです。明日までサウジアラビア国王が日本にいるのもなんか因果関係があるかもしれませんね。
    今年は本当に色々と今までの世界や常識だと思われていることなどが崩れていくようなきがします。しっかりと情報をキャッチしていかないといけないですね!

    • genkiさん

      お久しぶりです!(^^)

      >国有地売却問題も下火になってきてうやむやにしようとしていますね。南スーダンの自衛隊撤退を餌に沈静化しようとしてますね。ただ、自衛隊の方の撤退はよかったです。

      やはり自衛隊の撤退の発表は、森友問題の支持率回復のために急遽考え出された可能性が大みたいですが、いちいちやることが卑怯ですね。
      なんせ自衛隊の撤退も、ただ単に支持率回復のための演出に利用したいだけというのですから…(怒)。

      ボクもどこかの記事に「そろそろASKA辺りがまた逮捕されるかな?」なんて書こうと思ったのですが(笑)、ボクもそろそろ誰か有名人の逮捕があったりするかなあ…とぼんやりと感じています。

      >それと、明日の3月15日は、オランダ下院選挙、FOMCが利上げするかどうかなど、目白押しです。明日までサウジアラビア国王が日本にいるのもなんか因果関係があるかもしれませんね。

      世界も森友問題に注目しつつもまさに激動している最中ですので、出来る限りこれらの情報もキャッチしつつ記事に出来ればと考えております!
      果たして安倍政権がどのような結末になるのかも含めて、重要な局面が続きそうなので、目が離せない展開がしばらく続いていきそうです。

Comments are closed.