【唖然】国による貧困者支援に反対な人の割合…英8%、独7%、中9%、日本38%!


日本人は世界でも稀に見るほどの冷血な人々だった!?

スポンサーリンク

出典:Twitter(@ChemPack)

管理人TBSのサンデーモーニングで放送された内容がネット上で衝撃を与えているようだ。

それによると、「国が貧困者を救済するべきではない」と考える人は、イギリスやドイツ、イタリアや中国でも軒並み10%以下だったのに対し、アメリカは28%、そして日本は驚きの38%と実に突出した数字となっている。

このデータだけをそのまま受け取ると、日本は社会弱者に非常に冷たく、世界的に見ても薄情な国であるということになってしまうね。

あおいちゃん驚きssaそっ、そんな…!!
私はてっきり、日本って世界的に見ても、血が通っていて、和や助け合いを重視したり、優しさのある国だと思っていたけど…日本人って、実はこんなに他人に対して冷たくて、弱いものを容赦なく切り捨てるような冷血な人たちだったっていうの!?

スポンサーリンク

自分自身がいつか極貧になる可能性を想像できない日本の人々

管理人日本人がここまで弱者に対して冷たくなってしまった「理由」として、生活保護の不正受給が大々的に報道されたことなどが背景にあるという声もある。

確かに、実際の生活レベルを偽って生活保護を受けるのは絶対にダメだけど、これによって、生活保護受給者全体に対して悪印象を植え付けるような「洗脳工作」が、片山さつき議員やネット工作員などによって行なわれたことは確かだ。

つまり、こういう洗脳によって、貧困層同士でいがみ合い、お互いに衝突する事態が発生している状態で、「なんで俺も生活苦しいのに、あいつらは生活保護受けているんだ!?」という思考に陥ってしまっていることが考えられる。

もし、日本が貧困層が非常に少なく、国民の大多数が中流層以上であれば、こうしたデータもある程度は分からなくもないかもしれない。
ところが、近年の日本は貧困率がどんどん上がってきており、日本人の多くが生活費の捻出に苦しんでいるのに、こういうデータが出てきてしまうのは、ある意味とっても「奇妙な現象」なんだよ。

つまり、何とか暮らせるものの、きつい仕事に耐えながらなんとか生活を切り盛りしている多くの人々が、生活保護などを受け取っている「超貧困層」に腹が立っている状態であり、こうした動きはやがて、生活保護の縮小に繋がり、「国は弱者救済や福祉にお金を使うべきではない」という思想に繋がっていく

結果、現在何とか自力で生活できる人々にとっても、社会福祉がより削られることとなり、最後は彼らも「超貧困層」になっていってしまう可能性が高いってことだ。
つまり、このように弱者救済に反対している人々は、「いずれ自分たちが同じような立場に置かれる可能性」を全く想像できていない人たちということがいえるんだよ。

あおいちゃんかなり困りssaな、なるほど…。
つまりこれも、多くの日本人が、権力側が用意してきた巧みな”洗脳工作”に深くかかってしまっているということがいえるのね。

管理人ああ、メディアが生活保護の不正受給を大々的に報じた最大の目的は、まさに「そこ」にあるんだよ。

こうして、弱者同士がいがみ合うことで、結果、国民の貧困を引き起こしている”元凶”に批判の矛先が向かうことがなくなり、最後は、庶民が互いにぶつかり合いながら、みんなが揃って貧乏になっていく
こうなると、彼ら貧困層からひたすら搾取し続けた安倍政権やその上にいる世界支配層がより大きく富み、笑いがとまらない状況となるわけだ。

このデータを見る限り、こうした社会福祉に対する考え方に関しては、アメリカ以外のヨーロッパ諸国、そして中国人も権力側の洗脳にかかっておらず、正しい思考を持っているようだ。

そろそろ、こうした電通メディアが日夜施している、「愚民化洗脳工作」から脱して、正しい思考回路を持つようにならないと、日本人は、財産だけでなく命までも搾取される時代に突入してしまうかもしれないぞ。

あおいちゃんかなり困りssaやっぱり日本の人たちは、メディアを鵜呑みにしてしまう傾向が強くて、自分自身で考え、想像力を働かせることが苦手だからこそ、こういう事態に向かっていってしまっているのね。
もともとは、助け合いの精神や和を尊ぶのが美徳だった日本人だけに、かつての優しさや道徳観念を取り戻して欲しいわね…。

管理人「強気をくじき、弱きを助ける」といった高倉健さんの世界は、今や全く受けなくなってしまったということなのかな。

弱いものいじめが大嫌いなボクなんかは、この結果に大いに落胆してしまったけど、一日も早く、メディア洗脳から脱却し、かつての日本人の優しさと助け合いの精神を思い出した上で、自分たちを豊かにしていくための「正しい思考回路」を取り戻していって欲しいものだ…。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA