ヒラリー・クリントン米大統領候補、肺炎と診断されていた!式典辞退の上、カリフォルニア州の訪問も中止!

Pocket

自力で歩けない映像に世界が衝撃を受けたものの、ひとまずは回復した模様

スポンサーリンク

クリントン氏、肺炎に=式典退席、加州訪問を中止―米

【ニューヨーク時事】米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(68)は11日、ニューヨークで開かれた同時テロから15年の追悼式に参列した際に体調を崩し、途中で退席した。

診察した医師は声明で、クリントン氏が9日に肺炎と診断されていたことを明らかにした。

アレルギーに関連したせきの診察中、肺炎と診断されたという。医師は「脱水症状を起こしているが、順調に回復している」と説明した。しかし、陣営スポークスマンによれば、クリントン氏は12、13の両日に計画していたカリフォルニア州訪問を中止した。

【Yahoo!ニュース(時事通信)2016.9.12.】

管理人9.11アメリカ同時多発テロ関連の式典で突如倒れ、式典を辞退したヒラリー・クリントン大統領候補だけど、どうやらこの直前に医師の診察を受けた結果、「肺炎」に罹っているとの診断が下されていたとのことだ。

ヒラリーと言えば、前から演説中に異常なまでに咳が止まらなくなり、聴衆の目の前で薬を飲む様子も話題になっていたよね。

せなちゃん素ssaaそれに加えて、この記事でも紹介しているけど、彼女の舌に妙な穴が開いていることも、色々な憶測を呼んできたわ。

今までも色々な病名が噂されてきていたけど、果たして本当に肺炎だけなのかしら?

管理人実はヒラリーは、大統領選に出馬を表明した当時から一部で健康不安説がささやかれていて、これまでも何度か公共の場所で失神や転倒を繰り返し、脳震とうを起こしたり怪我を負ったことがあったようだ。

さらに、普段から不自然な挙動が見られたり、舌にも切除手術をしたような穴が開いていることから、舌癌を患っていたのでは?という説や、パーキンソン病などの神経系の病気、さらには脳に何らかの異常をきたしている説など、様々な噂が飛び交っている状態だ。

また、普段からダイエットコーラを大量に飲んでいるなど、かなりの不摂生をしている話もあり、薬の大量接摂取によって、様々な副作用が出ているのではないかという声も出ている。

こういう話を聞けば聞くほど、一体彼女が現在どういう状態なのかが、かなり気になってくるね…。

スポンサーリンク

どちらにしても、彼女の健康状態は大統領が務まる状態ではない可能性が大

せなちゃん素ssaa色々な情報の断片を拾っただけでも、彼女には色々な謎や影が付きまとって少し不気味だわ。
むしろトランプの方が健全に見えてくるくらいよ。

どちらにしても、この映像がセンセーショナルに表に出たり、カリフォルニア遠征も中止された時点で、アメリカ国民が彼女を見放した可能性は高いわね。

管理人実はすでに彼女は、通常であればベッドで療養生活を行なうべき段階まで来ているのかもしれない。
それでも、まるで何かに取り憑かれたように、表に出て日夜パフォーマンスを行っているということは、相当強い薬を服用しているのかもしれない。
だが、それも長くは持たない可能性があるし、アメリカ国民もついに見切りをつける時が来ているかもしれない。

こうなると、普通に考えるとトランプが大統領に就任することになると思うけど、果たして、そうすんなりいくのかな?
ボクは、彼女がリタイアしたとしても、「”何かのどんでん返し”が起こるんじゃないか?」という気もしているよ。

せなちゃん素ssaa確かにこれを機に、アメリカ大統領選が大きな動きが起こっていく可能性はあるわね。
トランプさんにとっては、これ以上ないほどの嬉しい展開になってきたと思うけど、果たして、この先一体どういう展開が待っているのかしら?

色々な部分でいよいよ見逃せなくなってきたわね、ウフフ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket