【悲報】猛毒ヒアリの女王アリが大阪南港で発見か!女王が見つかるのは国内初!すでに繁殖している可能性も!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年6月に兵庫県尼崎市で、国内で初めてコンテナ内から猛毒のヒアリが発見されたことを受け、各地で調査を進めているものの、神戸港、名古屋港に続いて、今度は大阪南港で女王アリと思しき個体を含んだヒアリが見つかった

・大阪南港では、6月末に同じく毒アリのアカカミアリが見つかっており、その際に駆除作業を行なったものの、7月3日にヒアリと見られるアリ50匹の死骸を回収そのうちの1匹が女王アリと見られており、ヒアリが国内ですでに繁殖していた可能性が出てきたという。

スポンサーリンク

ヒアリ
大阪に女王アリの死骸か、国内繁殖の可能性

環境省は4日、大阪南港(大阪市住之江区)で、強い毒を持つ「ヒアリ」の女王アリとみられる死骸を1体見つけたと発表した。これまでに神戸港などで見つかったヒアリはいずれも働きアリで、女王アリと確認されれば国内で初めてとなる。ヒアリの女王アリは1日に2000~3000個の卵を産むとされ、現地で定着して繁殖していた可能性がある。

大阪南港では、別の特定外来生物のアカカミアリが見つかったため、6月末に周辺を駆除したところ、3日にコンクリートの割れ目などからヒアリとみられる死骸約50体を回収した。そのうちの1体は形状などから女王アリとみられ、分析を進めている。体長は約1センチ(働きアリは2.5~6ミリ)。

【毎日新聞 2017.7.4.】

↓ついに国内で初めてヒアリの女王アリが発見か!?

出典:ウィキペディア
スポンサーリンク

 

にゃああ~!
最初は、「国内に上陸している可能性は低い」なんて報道されてたのに、気がつけば色んな場所でヒアリしゃんが見つかって、ついには女王アリまで見つかっちゃったにゃあ!

んもおぉ~~!!
やっぱり、すでに思いっきり日本で前から繁殖しちゃってるじゃないですかぁ!!

もはやこれは、先日に尼崎で発見される前に、すでに以前に別の複数の荷物からヒアリが日本に入り込んでしまっており、その際に女王アリが卵を産んで普通に繁殖してしまっていたと考えるのがいいだろうね。
こりゃ、日本全国の大きな港をもっと詳しく調査した方がいいし、女王は一回に2000個~3000個ほどの卵を産むらしいので、すでに様々なルートで日本に生息してしまっている可能性が高まってきた

スズメバチと同じように、場合によってはアナフィラキシーショックで死亡するほどの猛毒を持っているだけに、かなり心配な状況になってきたね。
とにかくも、まだ港から外れて一般の住宅地や山林などにすでに生息してしまってないことを祈るばかりだよ。

噂どおりに、やっぱりヒアリさんは恐ろしい繁殖力ですぅ…!
この調子じゃ、海外の他の国同様に、近いうちに日本でも普通にその辺に出るような状況になってもおかしくないですねぇ~…。

やっぱり、海外から届く色んな荷物は、思わぬ「招かれざるもの」がくっついていたりするんだにゃあ
にゃこがよく行く公園にはまだヒアリしゃんがいないのを願うばかりだにゃ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket