【酷い】毎年行なわれてきたジュネーブでの日本の高校生平和大使の演説が突如中止に!核兵器禁止条約への言及をさせないためか!

Pocket

どんなにゅーす?

・2014年以来、毎年8月に行なわれてきたスイス・ジュネーブでの日本の高校生平和大使の演説が突如中止になったことが判明した。

・平和大使たちは核兵器の廃絶を掲げており、海外の公の場で核兵器禁止条約について言及されることを嫌がった安倍政権が演説を取りやめさせた可能性があるという。

・ジュネーブ軍縮会議日本政府代表部は、この事態について「高校生平和大使の演説は毎年必ずやると決まっているわけではない。今年は軍縮会議の議事上、適当でないと判断した」などと説明しているという。

スポンサーリンク

高校生平和大使演説見送り 核禁止条約への言及懸念か

【ジュネーブ共同】2014年以来、毎年8月にジュネーブ軍縮会議で核兵器廃絶を世界に訴えてきた日本の高校生平和大使の演説が、今年は見送られたことが18日、分かった。関係者が明らかにした。

平和大使たちは核兵器禁止条約への共感を示しており、関係者は「日本政府が署名しないと明言する条約について演説で言及されることを懸念したのではないか」と指摘した。

ジュネーブ軍縮会議日本政府代表部は「高校生平和大使の演説は毎年必ずやると決まっているわけではない。今年は軍縮会議の議事上、適当でないと判断した」と説明した。

【北海道新聞 2017.8.19.】

↓下記の記事を見る限り、演説の中止は直前に決まった模様。

高校生平和大使が決意語る

核兵器廃絶を求める署名を国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)に届けるため19日に出発する県内の第20代高校生平和大使3人が17日、長崎市役所を訪れ、田上富久市長に「世界の国々に核廃絶を訴える」と意気込みを語った。

訪れた大使は、県立長崎東高2年の溝口祥帆さん(16)と県立長崎北陽台高2年の溝上大喜さん(17)、佐世保北高2年の冨田里奈さん(16)。3人は全国から選ばれた大使とともに22日に国連軍縮局を訪問し、この1年間に高校生1万人署名活動で集めた21万4300筆を提出するほか、スピーチもする。

溝口さんは事前に長崎原爆被災者協議会の谷口稜曄(すみてる)会長と面会しており、「核廃絶を願う谷口さんの言葉を胸にスピーチする」と決意。溝上さんは「核兵器禁止条約が採択され、世界が核廃絶という目標に向かって歩みを進めている。私たちも精いっぱい、平和を訴える」と抱負を述べた。

【長崎新聞 2017.8.18.】

「高校生平和大使」とは

1998年5月、核拡散防止条約(NPT)に加盟していないインドとパキスタンが相次いで核実験を強行し、被爆地の市民は核拡散に危機感を募らせました。「ながさき平和大集会」(現在は「高校生平和大使派遣委員会」)に参加する約50の平和団体は、核の惨禍を知る被爆地ヒロシマ・ナガサキの声を世界に伝えるために、未来を担う若者を「高校生平和大使」として国連に派遣することにしました。
1998年から毎年、高校生平和大使は国連を訪問し、核兵器廃絶と平和な世界の実現を訴えてきました。1999年の第2代まではアメリカ・ニューヨークの国連本部へ、2000年第3代からは軍縮会議が開かれるスイス・ジュネーブの国連欧州本部を訪問しています。高校生平和大使は国連では「ヒロシマ・ナガサキ・ピース・メッセンジャー」として認知され、その真剣な言動は国連で高い評価を得て大きな成果をあげています。

【高校生1万人署名実行委員会】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ついに、核兵器に反対する高校生の言論すらも封じ込み始めた安倍政権!行き着くところは「ただ一つ」

ちょっとぉおおっ!!
ついに安倍政権は、こんな高校生たちの言論弾圧まで平気でやり始めたなんて…!!

平和を願っている普通の人だったら、人間を滅亡に向かわせる核兵器を心から憎むことはなんらおかしなことじゃないのに…こんな正常な人々の感覚まで安倍政権は徹底的に弾圧して、核兵器廃絶の流れを止めさせようとしてるのねっ!

しかも、世界の市民の間では近年核兵器の廃絶の意識がより高まってきており、それが「核兵器禁止条約」という形になり、核大国以外の多くの国家は、国を挙げて核廃絶を呼びかけ始めている状況だ。
おまけに日本国内でも、核兵器に反対する署名も過去最高の署名数が集まったというニュースもあるし、そういう意味でもこの対応はあまり酷すぎるとしか言いようがない。

安倍総理本人が核兵器を病的に愛する「核フリーク」である可能性があることは以前に何度か紹介したけど、とにかくこの政権は、国民の自由な言論を封じ込めてまで、国内の核兵器反対の動きを徹底的に封じ込めたいみたいだ。

これはつまり、彼らは広島・長崎の歴史的悲劇すらも「取るに足らない出来事」と考えている可能性もあり、ここまで来ればこの政権は純粋な日本の政権なのかどうかすら疑う必要があるかもしれないね。
つまり、この政権は「原爆を落とした側」の連合国側(つまり米欧軍事資本勢力)のエージェントである可能性が高いということだ。

なんせ、CIAエージェントになる代わりにA級戦犯の処刑を免れて、その後に総理にまで上り詰めた岸信介の孫による政権だし、いよいよその「本性」を次々むき出しにし始めてきたってことね!

この政権の役割は、ネオコン戦争屋の利益のためだけに日本をひたすらせっせと切り売りし、根っから日本人を「黄色い猿」と見下している優生学思想の連中に国民を差し出すことだけだ。
そういう意味でも、絶対にこんな連中に政権と権力を持たせてはならないはずなんだけど、残念ながら現実はご覧の通りだ。

とにかく、このようなニュースを通じて日本国民はいち早く安倍政権の「正体」を理解し、一日も早くに政権から引きずり下ろし、本来ならば全員を選挙で落選させなければならないだろう。
特に最近は、北朝鮮危機をより派手に煽りながら露骨に戦争屋に対して利益誘導をしている動きが見られるので、非常に危険な兆候を見せているね。

とっ、とにかく、こういうニュースをより多くの国民が知って、安倍政権が「あの頃の日本」に急速に逆戻りしようとしていることを私たちが強く認識する必要があるわね!

そうだね。
おそらく平和大使の高校生は、本番のスピーチの練習も多くしていただろうに、それなのにこのようなことになってしまったのは本当に気の毒だけど…どうか、これにめげることなく、今後より一層強い平和への願いを訴え続けていってほしいと思うよ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket