今井絵理子議員と不倫の橋本健神戸市議に、チラシを架空発注した疑惑が浮上!印刷業者「仕事をしていないのに領収書発行を頼まれた」

Pocket

どんなにゅーす?

・元スピードの今井絵理子参院議員と不倫恋愛をしていた橋本健神戸市議に、自身の政策チラシを架空発注していた疑いが浮上している。

・メディアによると、橋本健市議が政策チラシを架空発注した疑いが出ているのは最大で700万円あまりにも上っており政務活動費を不当に巨額請求した疑いがあるという。

・本人がメディアの前で疑惑を否定している中、領収書に記載されている印刷業者が「実際には印刷の仕事をしていないのに、橋本市議から領収書の発行を頼まれ、渡したことがある」とのコメントを発表。ますますこの疑惑がエスカレートしていく様相を見せている。

スポンサーリンク

今井絵理子と不倫の市議に浮上、700万円「政務活動費」疑惑

「彼がかつて得ていた政務活動費に関して、架空発注ではないか、との指摘をする関係者がいて、その話がワッと広がっているのです」
と言うのは、さる自民党兵庫県連関係者だ。政活費といえば、かつて“号泣議員”野々村竜太郎氏の不正受給や、富山市議14人の辞職で話題になった案件。橋本市議に取り沙汰されるのは「チラシ」をめぐる疑惑である。
橋本市議は、「ハシケン通信」と題した政策チラシを、2010~14年度の5年間で計12回発行。うち8回・計56万5000部を「大林印刷」(仮名)という業者に発注し、計720万5330円分の政活費を支払っている。先の関係者が疑問視するのは、その業者の不可解な点である。
「他の議員が発注している業者は、ほとんどがHPがあったり、ネットで調べればすぐに存在がわかるような業者。しかし、大林印刷は、その名でいくら検索しても、所在地も電話番号も見当たらないのです」
橋本市議が提出した領収書などにあった住所で商業登記簿謄本を取ろうとするも、法人としての実態は見つからず。「大林印刷」近くの複数の印刷業者に尋ねても、一様に「聞いたことがありません」との答えが返ってきた。

【デイリー新潮】

印刷業者“実態ない領収書”橋本市議依頼で

橋本健市議は、2010年度からの5年間に政務活動費から支出をした広報チラシの一部を架空発注した疑惑が持たれている。橋本市議は23日の会見で、知り合いの印刷業者に発注し、政務活動費から約720万円を支払ったが、チラシは全て実在し、架空発注ではないと疑惑を否定した。

しかし24日、領収書に記載されている印刷業者が「実際には印刷の仕事をしていないのに橋本市議から領収書の発行を頼まれ、渡したことがある」というコメントを発表した。

領収書に書かれている商品名や数量、金額などは橋本市議の指示通りに記入したということで、「多少、違和感はあったが、断りきれなかった」と説明している。

【日テレNEWS24 2017.8.24.】

スポンサーリンク

 

なんだか、今井絵理子議員との不倫騒動から始まって、いよいよシャレにならなそうな話になってきているわねっ。
もし、本当に政務活動費を騙し取る目的でチラシを架空発注したのだとしたら、完全に詐欺事件じゃないのよ!!

ほんとに、あの新潮でのラブラブ写真スクープをきっかけに、とんでもない展開になってきているね。
なんと言っていいのか分からんけど、橋本市議はこれ以外にも呆れるような醜聞が絶えないし、なまじ顔つきはちょっとイケメン系なものの、今井絵理子氏も相変わらず絶望的に男を見る目がないというか…またしても彼氏が札付きになってしまうのかな

もしこれが事実であれば、あおいちゃんの言うとおり、市民の税金を騙し取る目的の詐欺事件に発展していくことになるだろうし、不倫ぐらいでは到底済まない次元になってくる。
今のところは懸命に本人が否定しているけど、橋本氏はすでにマスコミに完全にロックオンされてしまっているので、(加計・森友疑獄などと異なり)徹底的にマスコミの餌食になってバッシングの嵐になっていくことが考えられるね。

個人的には、その調子でマスコミ各社は森友や加計についてもジャンジャン追及してほしいところだけど…この橋本市議の件については放っておいてもマスコミが調べてくれて、いずれ詳しい実態が分かってくるんじゃないかな

まったく、自民党の議員は相変わらず真っ黒けっけな人間ばっかりで呆れて物もいえないわ。
ここまでバッシングを受けることになったのも自業自得だし、今回の疑惑についても徹底した真相究明が必要ね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket