【唖然】人工透析患者「殺せ」発言で大炎上の長谷川豊氏、日本維新の会が衆院選候補に擁立へ!大阪市長「是非頑張ってほしい」

Pocket

どんなにゅーす?

日本維新の会が、人工透析患者への「殺せ」発言などで大炎上した、長谷川豊元フジテレビアナウンサーを衆院選候補に擁立することを決定させた。

・長谷川氏は千葉1区から立候補する予定で、吉村洋文大阪市長も「頑張っていただきたい」と長谷川氏にエールを送っている。

スポンサーリンク

日本維新の会 衆院選で長谷川豊氏を擁立へ

日本維新の会は次期衆議院選挙で、千葉1区の公認候補者として元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏を擁立する方針を固めたことがわかった。

長谷川氏は元フジテレビのアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活動するかたわら、自らのブログで憲法改正やカジノを含むIR(=統合型リゾート施設)の導入に積極的な姿勢を示していた。日本維新の会の幹部の1人は「維新の会と考え方が近く、知名度もある。関東に維新を根付かせたい」と話している。維新の会の馬場幹事長は6日、長谷川氏と共に千葉市内で記者会見を開き、正式に発表する予定。

1

2

【日テレNEWS24 2017.2.5.】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「社会弱者は徹底的に突き放し、滅ぼすべき」との長谷川氏と「考えが近い」という維新、日本国内で繰り返し宣伝され続ける「弱者切捨て」「金こそ全て」の新自由主義(グローバリズム)

あおいちゃんキレ1ssaなんなのこれはぁ~~!!

私もてっきり、一瞬ギャグか虚構新聞かと思ったけど、維新が大真面目に長谷川アナを擁立しようとしてるじゃないの!!

人工透析患者を「殺せ」もひど過ぎだけど、アパを全力擁護しているのもあまりに非常識だし、こんな長谷川アナの考えと「近い」なんて言っている維新はどこまで日本を滅ぼす気満々なのよ!!

管理人ボクもこれには開いた口がふさがらなかったよ。

長谷川氏といえば、人工透析に関する一連の炎上騒ぎでレギュラー番組を全てクビになり、一旦は表舞台から完全に消え去ったかのように見えた。
しかし、なぜそれでも彼がゾンビのように蘇ってきたのかというと、まさしく「弱者ヘイトや差別、ネオナチ思想や民族主義、反知性主義を振りまく人間こそが、巨大な資本勢力に支援され、手厚い資金援助や発言の場所を与えられるような”世論工作”が日本国内で展開されているから」に他ならないんだ。

これは言ってみれば、アメリカと完全に真逆の状態で、アメリカでは「反差別・反ヘイト」などを訴えているヒラリー支持者たちがグローバリストたちから莫大な資金援助を受けて、広告代理店などを通じてトランプ下ろしをコマーシャルしているけど、日本では、逆に「ヘイトや差別の助長」を主張する安倍政権支持者や維新の支持者などが同じグローバリストから資金援助を受けて、テレビなどの公共の目立つ場所でコマーシャル活動を行なっている状況だ。

つまり、ヒラリー系勢力も安倍政権も、そのてっぺんにいるのはどちらも(ロスチャイルドらによる)1%のグローバリストの新自由主義者であり、国の状況によって、適宜異なったアプローチでの世論誘導を展開し、ボクたちを「金こそ全て」「弱者切り捨て社会」のグローバリズムに巻き込んでいこうとしているってことだ。

このように分析すると、グローバリストの忠実な傀儡である安倍政権が続く限り、長谷川氏のようなヘイトやネオナチ、差別助長の言論人は今後もメディア界に多数登場してくることが考えられるし、こうした空気を(悪い意味で)読んだ商売人の言論人も同じ側についてくことで、どんどん日本中に広告代理店を通じて差別・ヘイト・ネオナチ思想が広げられていくことが予想される。

所詮、メディア界はこうしたカネや巨大な資本勢力の力で動かされていることから、これに歯止めをかけるのは国民自身しかおらず、絶対にこういう危険な人物を選挙で当選させてはならない。
そして、こうしたグローバリストたちが仕掛けている世論工作の構図をもっと多くの人達が認識していくことも大事だね。

あおいちゃんかなり困りssaそういえば長谷川アナ以外を見ても、タレントとかお笑いとかでも、妙に安倍政権をヨイショしたり、一緒になって過度の「自己責任社会」を賛辞しているような人がいるものね…。
つまりは、今はそういう発言をした方が、権力側に手厚く保護されて、より多くの美味しい仕事を回してもらえることを感じ取っているからそうしてるってことね。

なんだか、本当に色々な意味で腐ってきている世の中だけど、、、この長谷川アナの復活劇を見ても、「今の日本国内で起こっていること」が肌で感じられるわ…。

管理人宮根氏とか辛抱氏とか、あとは松本人志氏とか、まあ最近妙に一杯いるね。
それだけ、最近はああいう「自己責任思想」や「民族差別的な発言」を振りまけばその分儲かるということであり、こういう自分たちの利に敏い連中の言論や主張に安直に影響を受けないようにしないといけないね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket