【危なすぎ】箱根駅伝で神奈川大の選手と自動車がまさかの衝突寸前に!警察のミスでコース上を車がビュンビュン横切る!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年1月3日に行なわれた箱根駅伝で、神奈川大学の選手があわや自動車と衝突する寸前になっていたことが、ネット上で話題に。

・問題のシーンの動画を観ると、選手が走るルート上を自動車がビュンビュン横切っており、この状況に怒りや疑問の声が噴出している。

スポンサーリンク

箱根駅伝、選手とワゴン車あわや衝突 警視庁が規制ミス

トラブルは3日午後1時半ごろ発生。主催者の関東学生陸上競技連盟や目撃者によると、復路10区で神奈川大の選手が日比谷交差点(千代田区)を通過しようとした際、左から横断する車列が途切れず、選手とワゴン車が衝突しそうになった。直前で選手が速度を緩め、レースは続行した。

警視庁交通規制課によると、同交差点では選手の通過に合わせて断続的に車を止める規制を実施。手前の地点で通過を確認した警察官が、交差点にいる警察官に無線で連絡し、規制する手順だった。神奈川大の選手の時は、通過の連絡はしたが連携がうまくいかず、東進する3車線が規制されなかった。対向車線は止まっていた。他の選手が通過した際は、問題はなかったという。警視庁は連携強化や配置する警察官の増員を検討しているという。

【Yahoo!ニュース(朝日新聞)2017.1.3.】

1

出典:Twitter(@demesan)

2

出典:Twitter(@demesan)

3

出典:Twitter(@demesan)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あおいちゃん驚きssaええええ~!?
動画を見てみたけど、これ、冗談じゃなくってワゴン車に轢かれる寸前じゃないっ!!
てか、選手が通過する寸前なのに、当たり前のように多くの車がビュンビュン横切っているじゃないの!

一体これはどうなっているのよ!?

管理人本当にこれは、一歩間違ったら取り返しのつかないほどの大事故になっていた件だ。

報道によると、交通規制を担当していた警察の連携ミスによって、車の流れを止めることができなかったことが原因だったとのことで、警察の人員を増やすなどの再発防止に努めるということだ。

なんだかツイッターでは、当初から「警備会社が悪い」「この車が悪い」などと主張する声が飛び交って、「警察は悪くない」と言いたげな論調が流布されていたみたいだけど、警察側も認めているように、これは、交通をしっかりと規制し、選手の安全を確保する責任がある警察側の完全な落ち度だ。

大ケガや死亡事故にならなかっただけ幸運だったと言えるべきものであり、今回の件に対し、警察側の責任の所在をはっきりとさせ、然るべき対応と取ることで、二度とこういう危険な事態が起こらないように徹底してもらいたいと思うよ。

あおいちゃん怒りssa本当にシャレじゃなく、箱根駅伝自体の存続が危ぶまれるほどの大惨事寸前だったわね…。
とにかく大事故にならなかったのは本当に良かったけど、以後絶対にこういうことが起こらないように、再発防止に徹底してもらいたいものだわっ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket