【加計疑獄】京産大を脱落させるための「限定条件の追加」を萩生田官房副長官が修正指示か!?新たなメールの存在が明らかに!

Pocket

どんなにゅーす?

・様々な不可解な点が浮かび上がってきている加計学園疑獄について、新たに、公募に名乗りを上げていた京産大を脱落させるべく、安倍側近から具体的な指示が出されていた疑いが出てきている。

・2017年6月15日に文科省が新たに公開した資料によると、萩生田光一官房副長官と内閣府の藤原豊審議官「獣医師系養成大学等のない地域において獣医学部の新設を可能とする」とした文科省が作成した原案に対し、「おいて」を「限り」に直した上で、「広域的に」という文言を加えるように指示が出されたことを示す文書が存在していたことが判明。

・この文科省の資料に対し、萩生田官房副長官は、「指示を出したことはない」などと事実関係を否定しており、またも文書の内容と安倍政権側で食い違う事態が発生している。

スポンサーリンク

<加計学園>「官房副長官が修正指示」新たなメール明らかに

文科省は獣医師の過剰を防ぐためとして獣医学部新設を認めていなかったが、諮問会議は昨年11月9日、「広域的に存在しない地域に限り新設を可能」とする規制緩和を決定。加計学園が今年1月20日に事業者に認定された。京都産業大(京都市)も学部新設を希望していたが、大阪府内の大学に獣医師養成課程があることから「広域的に」「限り」の文言が障壁となり、断念した経緯がある。

文科省は15日、「総理のご意向」などと記された文書の存否を調べた再調査結果の関連資料として、内閣府から文科省の担当者に送信された昨年11月1日付の電子メールと、メールに添付された文書を公表した。

メールや文書によると、藤原氏ら内閣府側と文科省の担当者が諮問会議に提出する文面を内々に打ち合わせた際、藤原氏が「獣医師系養成大学等のない地域において獣医学部の新設を可能とする」という文科省の原案の冒頭に「広域的に」を付け加え、「おいて」を「限り」に変更するよう指示した。メールには「指示は藤原審議官曰(いわ)く、官邸の萩生田副長官からあったようです」と記されていた。

萩生田氏は記者団に対し「修正の指示を出したことはなく、文科省が公表したメールの内容は事実に反する。違和感を感じている」と語った。

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2017.6.15.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ついに安倍総理の側近(萩生田氏)から、京産大を脱落させるための条件を「追加修正」する指示が飛んでいたことを示す重要書類が公表される!

↓自らも加計学園系列の千葉科学大の客員名誉教授を務めている萩生田官房副長官。

出典:NAVERまとめ

次々と新事実が飛び出してきている加計学園疑獄ですが、ついに安倍総理の側近レベルから「京産大を脱落」させるべく、具体的な条件の追加修正を出していたことを示す文書が出てきたようです。
文科省に指示を出してきたのは、萩生田氏の指示を受けた内閣府の藤原審議官のようで、この文書がよほど都合が悪いのか、(いつものパターンで)萩生田氏本人は「指示を出したことはない」をこれを否定しているようですね。

そして、安倍総理は少し前に、京産大が脱落することに繋がった”条件の変更”「日本獣医師会からの指示だった」と国会で答弁していたけど、すぐにこの件について日本獣医師会から全面否定のコメントが出されていたし、やっぱり今回も、安倍総理が他人に責任を擦り付けるために大噓をついていた可能性が大いに高まってきたといえる。

萩生田氏について軽く触れておくと、例えば、安倍総理の祖父(岸信介)の代から深い関係を持っているカルト宗教、朝鮮統一教会(現・世界平和統一家庭連合)とも昵懇関係を持っているようで、下記の記事のように統一教会のイベントにも来賓として駆けつけるなど、文字通りに「安倍総理の懐刀」として、怪しげな人脈を築きつつも政権内での特別なポジションを授かっている状況だ。

安倍首相側近らが続々と統一教会詣での“怪”

集票力に陰りが見える企業団体に代わり、注目されるのが、宗教票の行方だ。そんな時勢もあってか、統一教会、その友好団体と接近する自民党議員の姿が目立つようになった。なかには、安倍首相の懐刀もいる。

東京・八王子市芸術文化会館大ホールで「祝福原理大復興会」なる催しが開催されたのは、10月11日。

この聞き慣れない奇妙な名のイベントを主催したのは世界基督教統一神霊協会(以下、統一教会)多摩東京教区だ。

今回のイベントでは、信者による“証し”と呼ばれる信仰告白などが行われたが、メインは日本統一教会の徳野英治会長の特別講演会、「世界の平和は祝福結婚から」だ。

本誌が入手した資料によると、来賓挨拶の欄には、自民党総裁特別補佐の萩生田光一衆院議員(東京24区)、参議院議院運営委員長の中川雅治参院議員(東京)の名前が記されていた。

萩生田衆院議員は安倍首相の懐刀として従軍慰安婦問題に関し河野談話の「骨抜き」発言でも注目を集めた。一方、中川議員は昨年の参院国家安全保障特別委で特定秘密保護法案を強行採決した委員長だ。元大蔵官僚で憲法改正推進本部副本部長、税制調査会幹事などを務める知恵袋的存在だ。会場にいた信者が語る。

【dot. 2014.11.27.】

さらには、安倍総理の「腹心の友」の加計氏が運営する加計学園系列の名誉客員教授までも務めているのですから、まさに名実ともに「安倍総理の側近中の側近」ですし、そのような意味でも、今回出てきた資料はかなり重要な物証になりえそうです。

加計疑獄については、ネット上でもかなり丁寧に時系列に事実関係が並べられてきていることで、よりその実態がはっきり浮かび上がってきつつあるし、いくら小手先でウソをついたりごまかそうとも、もう言い逃れできないほどに「加計ありき」のヤラセ公募の実態が明らかになってきている状態だよ。

やはり前川氏が言っていたように、「極めてアンフェアな形で、公平性も必要条件も徹底的に歪められた状態」加計学園が最初から選ばれるシナリオが出来上がっていたことが見えつつあるし、これらを取っ掛かりにして、今後は地方自治体からの莫大な補助金や公有地の無償提供が行なわれた実態や、これらのお金の詳細な流れなどを徹底的に洗い出していく必要があるだろう。

さらには、安倍総理や萩生田氏らの政権幹部はもとより、今治市長や前愛媛県知事、さらには加計理事長本人までにも、これら全てに日本会議が介在している実態が徐々に見えてきています。

この、日本会議が全体を包み込んでいる”構図”は森友学園ともよく似ているし、この疑惑についは、ある意味森友以上にまだまだ謎と不可解な点がわんさかある状況なんだよ。
大手マスコミはこの中のまだほんの一部しか報じていないし、安倍政権が意地でも闇に葬り去ろうとしているこの問題、まだまだ徹底的に掘り下げていくことが必要だね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket