萩生田官房副長官に虚偽答弁の疑い!「総理と加計理事長の関係は最近知った」→過去に安倍総理&加計氏と一緒に楽しくBBQ!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理の側近中の側近で、加計学園系列の名誉客員教授を務める萩生田官房副長官に明らかな虚偽答弁の疑惑が持ち上がっている。

・萩生田官房副長官は、福島瑞穂議員からの「安倍首相と加計孝太郎理事長が”腹心の友”であることを知っていたか?」との質問に対し、「最近、盛んに報道されているから承知している」と答弁。しかし、2013年の自身のブログでは、萩生田氏が自らのブログに安倍総理や加計理事長と一緒にバーベキューを楽しむ3ショット写真を自らアップしており、実際には加計理事長とも安倍総理を通じて相当に深い仲だった可能性が生じている。

スポンサーリンク

萩生田官房副長官が集中審議で「安倍首相と加計氏の友人関係、最近知った」! でもブログに3人仲良くバーベキューの写真

じつは萩生田官房副長官は、きょうの予算委で、あからさまな「嘘」をついた。

それは社民党の福島瑞穂議員が質問に立ったときのこと。福島議員は、安倍首相と加計孝太郎理事長が「腹心の友」であることを知っていたか、と質問したのだが、対して萩生田官房副長官はこう答えた。

「最近、盛んに報道されているから承知している」

安倍首相と加計理事長の深い仲であることを、最近知った? ……いやいや、何をおっしゃるか。

~省略~

しかし、福島議員からそうしたツッコミを受けても、萩生田官房副長官はこのように強弁した。

「もともと『腹心の友』かどうか、確認したこともないし、承知もしていない」
「千葉科学大学で客員教授をしていたのは安倍首相とはまったく関係のないルートで要請を受けた」
「側近というが、総理のプライベート含めて誰とどのような関係で、どういう食事をするとか、どんな話をするとか、すべて私が承知しているわけではない」

側近だけどプライベートまでは知らないよ、と言う萩生田官房副長官。しかし、そんなはずがあるまい。じつは、萩生田氏本人がネット上で、安倍首相と加計理事長の「腹心の友」関係の現場に立ち会っていたと思われる写真を公開しているからだ。

その報告をしているのは、「はぎうだ光一の永田町見聞録」という自身のブログでのこと。このブログの2013年5月10日の投稿で、萩生田氏はこう綴っている。

〈GW最終日は青空のもと安倍総理とゴルフをご一緒させていただきました。きっと外遊の疲れがあったので、一年ぶりにクラブを握った私に…(笑)スコアは国家機密です〉

この記述からも萩生田氏と安倍首相がプライベートでもベッタリな様子が窺えるが、文章はさらにこうつづく。

〈前日は夕方から河口湖の別荘にてBBQ。国民栄誉賞授与式から戻ったばかりの総理から長嶋・松井のサイン入りユニフォームと、審判としての現場のホットな話を聞き、盛り上がりました。背番号96は96条ではなく第96代内閣総理大臣の意味です〉
〈〆は総理自慢のスパイスやきそばを自ら振る舞っていただきました〉

【リテラ 2017.6.16.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

萩生田氏「加計氏とは大学の控え室で会う程度」→このBBQ写真の安倍総理と萩生田氏との間にいる人物は誰?

↓萩生田氏のオフィシャルブログの2013年5月10日の記事より。

出典:■はぎうだ光一の永田町見聞録

↓上のブログでアップされた写真の1枚。萩生田氏と安倍総理の間に加計氏とそっくりな男性が。

出典:■はぎうだ光一の永田町見聞録

↓加計孝太郎氏の写真。

出典:Twitter(@battlecom)

萩生田さんは、加計理事長と安倍総理との関係ついて、「最近の報道で知った」なんて言いながら、「大学の控え室で会う程度」なんて言っているけど、思いっきり自分自身のブログで、安倍総理や加計理事長と一緒にバーベキューを楽しんでる写真をアップしちゃってるじゃない

他の写真を比較して見ても、加計理事長はとっても顔の造作が特徴的だし、この萩生田さんと安倍総理の間にいる人は加計理事長本人で間違いなさそうね。

はっはっは。この萩生田氏の見え透いた虚偽答弁は、森友疑獄の際の、稲田防衛大臣の籠池氏との関係を聞かれた際の答弁と実にそっくりだ。
安倍政権の政治家たちは、安倍総理本人を筆頭に、すぐばれるような嘘が口をついて次々と飛び出てくるし、これはまさしく、日常的に国民を騙すのを生業にしている、ネオコン傀儡の「エセ右翼」連中の典型的な特徴だ。

少しでも自身に都合が悪い展開になってくると、それを素直に認めることはせずに、脊髄反射的にそれを隠したり、とっさに嘘をついたりこれでも難しいとなると、今度は逆ギレし、話を摩り替えたり、被害者妄想を全開にしたり…と。
まさしく、権力を持たせて放置しておくと極めて危険な、「病的な思考回路」を持っている連中だね。

前の記事でも紹介したけど、萩生田氏は(稲田氏などとも同じように)安倍一族が深い関係を築いている、統一教会などを筆頭としたネオコン系のカルト宗教とも親和性が高く非常に怪しげな人脈を持っている危険な政治家であると見ている。
安倍夫妻とも以前から相当深い付き合いがあると思われるし、いうまでもなく、加計学園の名誉教授に就任できたのも、(本人は「まったくの無関係」と白を切っているものの)安倍総理のコネがあったものと考えるのが自然だろう。

それにしても、大手メディアは急に盛んに加計疑獄を報じるようになった割には、逆に加計理事長本人に対しては不自然なくらいに誰も取材をしようともしないわね。
これは籠池さんとはまったく違う扱いだし、よほど加計理事長はアンタッチャブルな人物なのかしら

学歴や過去の経歴についても謎の部分が多いみたいだし、安倍総理の祖父の岸信介と顔がよく似ている点もいささか気になる部分だ。
どちらにしても、ここまで安倍総理が異様に肩入れし、公有財産を徹底的に横流ししている加計理事長相当特別な「何か」を持っている人物であり、多くの謎を持ち合わせているのも確かみたいだね。

萩生田氏も、すぐばれるような嘘をつくくらいに、かなり加計疑獄に関する秘密を色々と知っているみたいだけど、はてさて、この先一体どこまでこの疑獄を解明することが出来るのかな
国会の閉会と同時に、一気に凄まじい圧力によって闇に葬られる可能性もあり、今後ますます注意していく必要がありそうだ。

加計理事長本人の声が不自然なまでに出てこないところを見ると、今回もマスコミはも最も重要な部分は隠しているように見えるわね。
どちらにしても、森友疑獄にしても加計疑獄にしても、日本会議やそこに介在している数々のカルト宗教の存在は相変わらずまったく触れようとしないし、この両者の疑獄事件に日本の大きな闇が凝縮していることは確かなんじゃないかしら。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket