【株上昇中】あの後藤謙次氏が「”アベ寿司友同盟”から足を洗ったのでは?」と話題に!報道ステーションで安倍総理への痛烈批判を連発!

Pocket

どんなにゅーす?

・リテラの「御用ジャーナリスト大賞」第4位にランクインしたことでも知られる後藤謙次氏が、報道ステーションで安倍政権への痛烈批判を連発しているとネット上で話題に。

・後藤氏は特に森友問題や共謀罪、憲法改正問題などで、安倍総理本人や政権への厳しい指摘を繰り返しており、「一体彼に何があったのか?」「後藤氏は生まれ変わったのでは?」など、驚きの声が多く上がっている状況だという。

スポンサーリンク

「安倍政権はタガが外れている」『報道ステーション』後藤謙次の安倍批判がキレキレ! 御用記者に何が?

そんななかで真っ当に批判を繰り出しているのが、意外にも『報道ステーション』(テレビ朝日)コメンテーターの後藤謙次氏だ。

たとえば、「読売を熟読しろ」発言が飛び出した今月8日の放送では、「自民党総裁としての立場と内閣総理大臣の立場は違うんだと。その使い分けの一つの舞台装置として読売新聞を使ったと、こう言っているようなもの」「はっきり言えば『メディアの私物化』と言ってもいい」と断言した。

昨日11日の放送では、安倍首相が「テロ等準備罪がなければ東京五輪は安心して開催できない」と言ったり、さらには東京五輪開催と同じ2020年に新憲法を施行すると述べたことについて、こう解説した。

「頻繁に自らの内政を推進するために東京五輪の名前を出している。これはある面で、『五輪の政治利用』と言われても仕方がない」

また、7日の『サンデーステーション』では、安倍首相の新憲法施行宣言に対して、「憲法改正の発議権は国会にある」と基本のキを解説し、「総理の政治的な思惑のなかで、日程や中身を決めていいということはないんです」「(安倍首相の発言は)99条の憲法遵守義務に反すると指摘する人もいます」と言い切った。

さらに、参院予算委員会の集中審議が行われた9日の放送では、「きょうに限らず、このところ予算委員会の劣化というのは目を覆うばかり」と嘆き、「その問題点の核心というのは、やはり安倍総理の答弁にある」と批判。「都合が悪くなるとはぐらかしたり焦点をずらしたり、あるいはヤジに対応して茶々を入れたり、その『真摯な態度がない』というところが、いまのこの予算委員会の劣化の最大の要因」と切り捨てたのだ。

【リテラ 2017.5.12.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あのリテラが後藤氏を賞賛!一体彼の身に何があったのか!?

出典:報道ステーション

すご~い!!
あの後藤謙次さんが、最近見違えるくらいにジャーナリストらしい鋭いコメントといい働きを見せているみたいね!

上の報道ステーションのコメントの一部を見ても、かなりキレッキレの正論をデタラメだらけの安倍政権に向けて突いているわね!

確かに、後藤氏は以前から政権批判を所々に織り交ぜながら、御用記者ぶりを発揮するタイプのコメンテーターだったので、無条件にただ安倍政権を賛辞するだけの田崎氏や山口敬之氏と違ったタイプだったけど、さすがに最近の後藤氏の変わりようにはボクもちょっと驚いているよ

元々報道ステーションは、鋭い政権批判の放送内容を楽しみにしていた視聴者が多かったし、それゆえに古館氏の降板とともに後藤氏がレギュラーコメンテーターに就任して以降、視聴率がずっと低下傾向に陥っていたみたいだけど、これと何か関係があるのかな?

実際にネットの声を見てみても、最近の後藤氏の変わりようを見て、再び毎日観るようになった人も多いみたいだし、実はボクもその口の一人で、最近の後藤氏はかなり安心して観ていられる感があるよ。

後藤さんに何があったのかは分からないけど、報道ステーションがかつての鋭さを取り戻しつつあるのはとってもいいことよねっ!

元々竹下元総理や野中氏といった、自民党の正統保守系議員の番記者をやっていたらしいし、そういう意味でエセ保守(ネオコン軍産)系の安倍政権との繋がりはそこまで深くはなかったのかもね。

しかしまあ、それと比べて、田崎氏はもとより、山口敬之氏のコメントの酷さ私生活(性活)の乱れと言ったらもう…という感じだね~。
その点だけ見ても、後藤氏は彼らよりはだいぶまともだし、せっかくここまで彼が頑張ってくれているんだから、色々な形でどんどん後藤氏を応援して、安倍政権批判を加速していってもらうのがいいんじゃないかな?

ほんとに、例の2人はどうしようもないくらいに落ちぶれているわねっ!
倫理や道義にも全てに背いて、どこまでもインチキ&デタラメ三昧の安倍政権を脊髄反射で賞賛し続けていたら、いずれはきっと自分自身にもしっぺ返しが来るんじゃないかしら!?

そうだね。
そういう意味でも、後藤氏は他の2人よりも空気を読んで、安倍政権の行く末を予見しつつ、すでに見切りを付け始めているのかもしれないね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket