【ついに…】ドイツ・ベルリン「クリスマス市」の群衆にトラックが突っ込む!12人死亡、48人負傷の情報!当局「テロの可能性が高い」

Pocket

どんなにゅーす?

・2016年12月19日夜8時頃(現地時間)、ドイツの首都ベルリンの「クリスマス市」でにぎわっている人ごみの中に大型トラックが突っ込む事件が発生。

・これにより、12人が死亡し、48人が重軽傷を負っているとの情報。

・ドイツの警察やデメジエール内相は「テロの可能性が高い」としており、イスラム過激派によるテロの可能性が高まっている。

スポンサーリンク

ベルリンでトラック突っ込む ドイツ内相「テロの可能性高い」

ベルリンの中心部にあるクリスマスの飾りなどを売っている屋外の仮設市場に、19日午後8時ごろ、日本時間の20日朝4時ごろ、大型トラックが突っ込みました。当時、市場は大勢のクリスマスの買い物客で混雑していて、警察によりますと、これまでに12人が死亡し、48人がけがをして病院で手当てを受けています。

デメジエール内相は、19日、地元のメディアに対し、「多くの状況がテロ事件であることを示している」と述べ、テロ事件の可能性が高いという見方を示しました。

警察によりますと、トラックには2人が乗っていて、このうち1人がトラックの中で死亡していたほか、運転していたと見られるもう1人の男は現場から逃走を試みた末に拘束されたということです。この男について、ドイツの複数のメディアは、治安関係者の話として、ことし2月に難民としてドイツに入国したアフガニスタンかパキスタンの出身の男だと伝えています。

【NHK NEWS WEB 2016.12.20.】

ドイツ・テロ

出典:海外反応! I LOVE JAPAN

出典:海外反応! I LOVE JAPAN
スポンサーリンク
スポンサーリンク

難民受け入れを積極的に行なったドイツでついに恐れていた事態が発生…メルケルは「犯人が移民であることはとても残念」

せなちゃん素ssaa前から管理人さんは、「シリア内戦で発生した大量の難民の受け入れを行なっているドイツなどでテロの危険が高まっている」警告していたけど、ついに、恐れていた事態が起こってしまったわね。

人が集まっている場所に大型トラックが突っ込む手口はフランス・ニースのテロとも似ているし、ドイツ当局も、受け入れた難民の中にテロリストが混ざっていたとの見方をしているみたいね。

管理人これを簡単に言うと、CIAが育成したテロリストや戦闘員を使ってシリアに一方的に戦争を仕掛けたオバマやヒラリーが大量の難民を「生成」し、これをメルケルが積極的に受け入れたことで、新たなテロの脅威をドイツに作り出した…という構図になるだろう。

つまり、メルケルも「いずれこうなる」ことを承知の上で難民を大量に受け入れたということだ。

欧米に巣食う軍産複合体とその傀儡政治家が、世界中の何の罪も無い市民の「不幸」や「怒り」や「憎しみ」を無限大に作り出し、これら庶民の「負の感情」を燃料にして、「テロ」と「破壊」の連鎖が次々と起こり始めている…という、なんとも腹立たしくもやりきれない世界の現状だ。

 

欧米で湧き上がる「反移民・反難民」の流れと、それを利用しようとする軍産・グローバリスト

管理人これというのも、全てはネオコン軍産複合体とその傀儡のオバマやヒラリーが「IS」というモンスターを作り出し、イラクやシリアを筆頭に、中東に多くの「戦争とテロの種」を植え付けたことが、全ての悪夢の始まりだったんだ。

間違いなく、すでに相当くすぶっていたドイツの人々の難民に対するストレスはこれを機に一気に爆発するだろう。
そして、フランスでは反移民のル・ペンによる国民戦線が勝つことは間違い無さそうになってきたし、イタリアも全くこれと同じ流れが起き始めている。

欧米では、一気に「反移民・反難民」の機運が怒涛のように湧き上がっていくことは間違いないし、戦争や資源乗っ取りなどで利益を貪る軍産勢力や、「世界統一政府」を目論むグローバリストは、間違いなくこの流れを利用していく方向に舵を切っていくだろう。

今後も、(ネオコン戦争屋の指示で)欧州で連鎖的に潜伏している過激派によるテロが引き起こされていくことが十分考えられるので、どうか、海外に滞在している日本人含め、最上級の警戒をしていって欲しいと思うよ。

せなちゃん素ssaaいよいよメルケルさんの化けの皮が剥がされてきた感じだし、特に欧米はとても危険な状況になっているわ。
(シオニスト・悪魔崇拝者にとって重要な日である)クリスマス前後は特に危ないと言われているので、世界のみんなは特に注意をしてね!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket