【闇は深い】森友学園の建設やゴミ処理を担当した藤原工業が維新に献金をしていたことが判明!

Pocket

どんなにゅーす?

・森友学園の建設や産廃(ゴミ)の処理を担当した藤原工業が維新に献金をしていたことが判明維新が自民党とは別の側面において森友学園と深く関与していた疑惑が高まってきている。

スポンサーリンク

本日、2月議会での自民党・無所属府議団の代表質問調整会議を行いました。 世間を騒がせている森友学園。環境農林水産部での事業でも不明な点が・・・。平成28年度の「実感できるみどりづくり事業」で648万円の補助金交付が決定とのこと。4月からの開講が未だ決まってないにも関わらずなぜ交付金が?訪問し、募集案内を説明した際に土壌汚染を確認したのか?など数々の質問をしましたが、どれも曖昧な返答でした。 府民の貴重な税金です。持ち帰っていただき、3月2日(木)13時~の我が団の代表質問の際に明確な回答を求めていきます。

田中かずのりさん(@tanaka__kazunori)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

学校認可だけでなく、建設業者にも維新の影!いよいよ国だけでなく大阪府ぐるみで森友学園と不適切な癒着をしていた疑いが…

出典:大西哲 Twitter

森友学園の主要な建設業者である藤原工業と維新がお金で繋がっていたことが判明しました。

(この藤原工業の下請けといわれる)ゴミ搬出を担当していたある土木会社の社長が謎の自殺をしたという情報も少し前に出回りましたが、どうやら学校認可だけでなく、学校建設の分野においても、維新や大阪府が裏で繋がっていた疑いが強くなってきましたね

この藤原工業は、契約書の偽造に関与していたことでも話題になったけど、全体像を見ていると、自民党が官僚を動かして森友学園にタダ同然で土地をプレゼントするべく色々と動いていたのに対して、維新は学校認可や建設業者など、自民の要求通りに動き回りつつ、様々な利権や金儲けに励んでいた構図が浮かび上がってきているといえるだろう。

まさしく、自民と維新の「指示役と実行役」というような主従関係もさることながら、大阪府全体を維新が”私物化”した上で、森友学園をダシにして様々な利権を貪ろうとしていた実態が徐々に見えてきた感じがする。

官僚や自民党の国会議員との関与だけでなく、大阪府や維新と森友学園との繋がりも徹底的に調査するべきであり、府が権限を持っていた補助金や建設業者との繋がりについてももっと詳しく実態調査をしていく必要があるかと思うよ。

やはりこの巨大疑獄について、財務省の当時の担当者だけでなく、松井府知事や橋下氏についても証人喚問を行なう必要がありそうです。
土木業者の自殺についてもほとんど詳しい情報が出てきていませんし、一体この疑獄はどこまで底が深いのか…まだまだ予測がつかない状況と言えそうです。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket