枝野幸男氏がついに立ち上がる!記者会見で「立憲民主党」の結成を発表!安倍政権&小池勢力に対抗する「国民密着政党」を目指す!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年10月2日夕方、希望の党への合流を拒否した民進党の枝野幸男代表代行が記者会見を開き、新党「立憲民主党」を設立することを発表した。

・枝野氏は、希望の党に入党しなかった民進党議員の受け皿として党勢を拡大することを目指しており、希望の党への合流前まで進んでいた共産・社民などとの共闘路線を目指していくことが予想される。

スポンサーリンク

枝野氏、新党結成表明=リベラル系結集-希望・小池氏「過半数を擁立」【17衆院選】

民進党の枝野幸男代表代行は2日午後、東京都内のホテルで記者会見し、希望の党への合流に加わらない民進党リベラル系の前衆院議員らとともに新党を結成する方針を表明した。希望が民進候補の受け入れで憲法改正や安全保障法制への賛成を条件に選別していることに反発。衆院選では、与党や希望に対抗する「受け皿」を狙う。

新党名は「立憲民主党」。代表には枝野氏が就く見通し。赤松広隆元衆院副議長、近藤昭一副代表、辻元清美幹事長代行らが参加する見通し。

枝野氏は2日、連合の神津里季生会長と会談したほか、民進党の長妻昭選対委員長、福山哲郎元官房副長官らとも相次ぎ面会し、新党結成への調整を続けた。

【時事通信 2017.10.2.】

出典:Twitter(@mas__yamazaki)
スポンサーリンク

スポンサーリンク

「国民のための立憲主義と民主主義を取り戻す」!枝野氏が「市民密着型」の原点に立ち返ったコンセプトを目指す政党を結成!

ついに、民進党の代表選の際にも多くの応援を受けていた枝野さんが本気で立ち上がりました!
早速ネット上でも、枝野さんの立ち上げた新党に多くのエールが送られている状況です。

ああ。これが、今できうる中で「ベストの選択肢」だったかと思う。
民進党の代表選でも、ネット上では圧倒的な応援の声があった中でも、「見えない闇の力」によって代表になれなかった枝野氏が、”仕切り直し”で今度こそ、新たな立憲政党のリーダーとして再出発だ。

この政党名も、党のコンセプトがよく表れていてなかなかいい名前だと思うし、これで、小池新党に懐疑的な目線を送っていた野党支持の有権者にとっては、最も相応しい受け皿が出来上がった感じだ。

ただし、その一方で、まだまだどれだけのメンバーが集まるかもはっきりしていない上に、希望の党に入る民進党議員は100人以上に上るとの報道も出てきています。
枝野さんの選挙区(埼玉5区)にも、希望の党から「刺客」が送られる見通しで、安倍政権と小池旋風の二大勢力に立ち向かうことになる、非常に厳しい選挙戦になるのは確実の情勢です。

そうだね。まずは立憲民主党が党勢を拡大していくためにも、共産・社民・自由との共闘は絶対条件だと言える。
その上で、元民進党のメンバーがどこまで枝野氏の元に集まるのか、というところだね。

構図としては、ようやく「(市民密着型の)真の野党」が結集していく形にはなってきたけど、その一方で、現在の日本の政界にはいかに「真性野党」といえる政治家の数が少ないのかということもはっきりしてしまったね。

国民のための政治を実現させていくには、この勢力を2倍3倍も大きくしていかなければならないし、この少ない準備期間で立憲民主党がどこまで安倍&小池に戦える形に成長していくか?
この点に注目しつつ、今後をウォッチしていくこととしよう。

希望の党の「本性露呈」と、今回の枝野さんの新党設立によって、どのように世論が変化していくのかも超注目ですね!
今後も権力層による様々な謀略や工作が展開されていく危険もありますので、この先も慎重に情勢を見ていこうと思います。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket