【知られざる一面】来日したドゥテルテ大統領は意外に「いい人」だった!?在日フィリピン人も熱狂的歓迎!


親日家としても知られるドゥテルテ大統領が来日

↓意外にいい人?の話も多いドゥテルテ大統領。

出典:NAVERまとめ
スポンサーリンク

フィリピンのドゥテルテ大統領が来日 26日に首脳会談

フィリピンのドゥテルテ大統領が25日夕、専用機で羽田空港に到着した。27日まで滞在し、26日に安倍晋三首相との会談に臨む。首相は、南シナ海をめぐる安全保障や米国との同盟の重要性について意見交換する方針だ。

【朝日新聞2016.10.26.】

管理人フィリピンのドゥテルテ大統領が首脳会談や天皇陛下と会うために、25日に日本に降り立った。
フィリピン国民から90%近くという圧倒的な支持率を誇っているドゥテルテ氏だけど、日本にいる在日フィリピン人からも相当熱狂的な歓迎を受けたみたいだね。

あおいちゃんかなり困りssaドゥテルテさんって、国内の犯罪者を裁判を通さずにどんどん殺害したり、ものすごい強権的な思想を持っていて、「フィリピンのトランプ」って言われているんでしょ?

それなのに、どうして、こんなに民衆から熱狂的な人気があるのかしら?

管理人確かに、彼は犯罪者に対してはかなり強硬に対処しているのはよく知られたところだ。
ところが、その一方で、あんまり報道されていないような「意外な一面」も持っているみたいなんだよ。

それじゃ、この大統領がどうしてここまでフィリピン国民から強い支持を受けているのか、その辺の理由を紐解いてみようか。

スポンサーリンク

ドゥテルテ大統領が人気の理由その1:犯罪都市ダバオを市長時代に様変わりさせた

管理人国内の治安があまり良くないことで知られるフィリピンだけど、その中でもダバオは特に殺人などの凶悪犯罪が頻発する都市だったという。
ドゥテルテは、そんなダバオの市長を1988年から2016年まで務め(副市長を含む)、その任期間に劇的に犯罪を激減させ、「平和のオアシス」と呼べるほどに様変わりさせたという。

一方でその裏には、犯罪者に対して徹底的な厳しい処遇を課し、裁判を経ずに大量の囚人を処刑した疑いも出ており、一部の人々から批判が出ているのも確かだ。

 

ドゥテルテ大統領が人気の理由その2:社会弱者に優しい政策を行なう

管理人意外に思うかもしれないけど、ドゥテルテ氏は貧困層や女性、子どもなどの社会弱者に優しい政策を積極的に行なっているようだ。

例えば、ダバオ市長時代にはフィリピンで初めてとされる、女性に社会的平等の機会を与えるための政策を行なったり、DVなどに悩まされている女性を支援する施設の設立に尽力
さらには、かつては違法だった貧困層の女性による売春についても、行政が認可、管理した上で売春を認める制度を取り入れたことで、治安や衛生面で格段に向上したのだという。

この他にも、子どもの人権問題に積極的に取り組んだり、救急車に子どもの応急処置を行なえるための設備を設置し、緊急医療を無料にするなど、「子どもに最も優しい街」として、市長時代に表彰されたくらいだという。

ちなみに、女性の権利に対して、ドゥテルテは過去にこんなことを言っているようだ。

「私たちは女性を尊厳をもって扱うべきであり、彼女らは、女性だからではなく人間として尊重されるべきなのだ」
【msn(ITmedia ビジネスONLiNE)2016.10.26.】

あおいちゃん驚きssaえ、ええええ~!?
なんだか、普段報道されているようなイメージと全然違うじゃない!!
こういう話を聞いて、なんかドゥテルテさんのイメージが一気に変わってきちゃったわ…。

 

ドゥテルテ大統領が人気の理由その3:アメリカに対して容赦ない”口撃”を繰り返す

管理人この度来日したドゥテルテ氏は、改めて日本国内の講演会で「外国軍の支配を受けることはない。出て行って欲しい。」などと、フィリピン国内に常駐している米軍を撤退させたい考えを示したようだ。
(※共同通信

これまでもオバマ大統領にケンカ腰で臨んだり、暴言を吐き(後に謝罪)、特に最近、徹底的にアメリカ批判を繰り返すようになっている
これは、アメリカがかつてフィリピンを植民地として支配していたこと、そして、近年アメリカが1%の支配層の意向により世界を(第3次世界大戦を含めて)混沌に陥れようとしている動きを警戒している可能性もあり、こうした空気を読み、中国やロシアに接近しようとしている可能性もあるのかもしれない。

まだ本当のところはよく分からないけど、こうした「強者」に対しても全く怯まずにビッグマウスを叩くことが出来る威勢の良さが、これまた多くの民衆の人気を集めている理由なのかもしれないね。

 

まとめ

あおいちゃん驚きssa確かに、ドゥテルテ大統領、かなり破天荒で怖い一面もあるけど、実は結構優しい一面も持っているのね。
なんか、一方的な報道ばかりでどれだけとんでもない人かと思ってたけど、この記事を通じて、だいぶこの人のイメージが変わったわ。

管理人彼は結構な親日家で、以前にも来日したことがあるみたいだし、フィリピンに在住している日本人とも交流しているみたいだけど、彼に会ったことがある日本人からも、一様に彼に対する印象や評判はすこぶる良いようだ

フレンドリーで優しい素顔と、政治家として強硬的で激しい発言を繰り返す、こうした「二面性やギャップ」がより多くのフィリピン国民の心を掴んでいることが考えられ、今後、彼がアジアにおいてより存在感を増していくことが考えられる

また、今まで親米路線だったフィリピンが一気にアメリカと距離を置き始め、中国と接近し出していることも特筆すべきことで、これが世界のパワーバランスに大きな影響を及ぼす可能性がある。
(おそらく、彼の過激な面や暴言ばかりがメディアに取り沙汰されているのも、彼が反米路線を取り始めていることが影響していることが考えられるだろう。)

まだ、彼の確たる正体は分からないし、その真意は図りかねるけど、今後もドゥテルテ氏の動向や方向性をじっくり見極めていこうと思うよ。

スポンサーリンク

こちらの記事もおススメです

 

コメント欄

コメントはこちら

●コメント欄は承認制とさせていただいております。コメント欄のルールについてはこちらをご覧いただきますよう、お願いいたします。
●名前(Name)とメールアドレス(Email)は必須です。(※メールアドレスが公開されることはありません)


*


CAPTCHA